JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kerosukeに今すぐ質問する
kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

カナダに留学している学生です。 僕は強迫性障害で、パキシルを一年の間、服用していました。ただ、薬に頼るのはよく

質問者の質問

カナダに留学している学生です。

僕は強迫性障害で、パキシルを一年の間、服用していました。ただ、薬に頼るのはよくないと思い、担当医に話して、40mmから5mmずつ減薬をすることにしました。しかし最近また強迫性障害がぶり返してきて確認行為を迫られています。「ゆり戻し」という現象でしょうか。

正直な話、また薬に頼れば改善する ような気がします。しかし、そのままでは問題の解決になっていません。ですが、せっかく英語の勉強や異文化交流をしに海外まで来たのにうじうじ強迫性障害で悩むのは勿体無い気がします。一年前に一回パキシルより弱い(名前は忘れました)を試してみましたが全然効きませんでした。なのでやはりそこそこ効き目と副作用の強いパキシルを試さざるを得ませんでした・・・

僕だって馬鹿げていることで強迫されているということなんて知っています。ですが、それを止められないから悩んでいるのです。最近の僕の場合、「死」ということに対して敏感に反応しすぎています。狂犬病や狂牛病、「罹ったら死ぬ」「治療法はない」という事実が僕を苦しめます。一年前の僕はある事件から「もしゲイになってしまったらどうしよう」「もし女性を愛せなくなったらどうしよう」という強迫性障害に罹っていたので、強迫される対象が変わってきたように思います。

僕はこのまま薬を減らして自分をコントロールするべきなのか、それともまだ薬に頼るべきでコントロールをするのはもう少し良くなってからか、

お答えしてくださると幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 3 年 前.
強迫性障害でパキシルを処方されているというのは、カナダで、でしょうか?
それとも日本で処方されたものをカナダに持って行っているのでしょうか?

認知行動療法を受けたことはありますでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

認知行動療法はないです。日本でパキシルを渡されただけです

専門家:  kerosuke 返答済み 3 年 前.

強迫性障害にSSRIは確かに効果はありますが、症状を消失させることはほとんどありません。認知行動療法、特に暴露反応妨害法であれば、症状を消失させることができます。カナダは認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy)が盛んですので、受けられてはいかがでしょうか。逆に日本に帰った後に治療するとCBTがほとんど普及していないので、直らない可能性が高いです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

消失させるにはどれくらいの時間が必要ですか?

専門家:  kerosuke 返答済み 3 年 前.
そうですね。。。それは重症度にもよるのではっきりとは言えません。
大体16回ぐらいのセッションを念頭に置いておけばいいと思いますが、
もっとかかるかも知れませんし、もっと少なくてすむ場合もあります。
とりあえず一回相談に行ってその辺の質問もしてみるといいのではないでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ですが、カナダなので当然英語なんですが、やはり日本語で受けたいんです・・・どこか日本語で受けられる精神科はありますか?

専門家:  kerosuke 返答済み 3 年 前.
日本語、、、、すみません。カナダにはないでしょうね。。。
日本ならいくつかありますけど。。。

精神科 についての関連する質問