JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14145
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近父親の様子がおかしいです。12月に大腸ガンの手術をして今は抗がん剤を飲んでいます。身体の不調はあまりないみた

解決済みの質問:

最近父親の様子がおかしいです。 12月に大腸ガンの手術をして今は抗がん剤を飲んでいます。
身体の不調はあまりないみたいですが、行動がいつもと違い、家族を困らせています。
一日中テレビとパソコンの前に居て、トイレと食事以外動かない時期が数ヶ月ありました。
ところが最近、急に倉庫からお雛様や五月人形を出してきて、無駄なものは捨てろと怒鳴ったり、突然娘である私のピアノを捨てたり、亡くなった祖母が大切にしていた庭木を全て切り倒したり、虫が出たと大騒ぎして家中に殺虫剤をまいたり、私の飼って居る犬を保健所に連れていこうとしたり、夜中に大音量でテレビをつけて、朝まで家じゅうのアルコールを飲み干したり、家族だけではなく、よその人にもキツイ言葉で罵ったりします。矛先のメインは私ですが、母も相当参ってしまい寝込んでしまったのです。これはガンと関係があるのですか?それとも精神疾患?または認知症?本人にはとても病院に行く意思はないですし、話しかけることすら難しい状態です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
猫山と申します。精神科医です。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

「これはガンと関係があるのですか?それとも精神疾患?または認知症?」というご質問に関してはお答えすることはできます。
がんの脳転移、抗がん剤による副作用、認知症の初期症状を含む老年期精神病、のいずれの可能性もありうるでしょう。

ただし、「本人にはとても病院に行く意思はないですし、話しかけることすら難しい状態です」という部分がご相談点なのであれば、妙案はございません。

少し補足情報を下さい。

お父様の受診に関して、保健所に相談されたことはありますか?

上述のように色々な可能性がありますから、外科や脳神経外科、精神科を含む複数の可の診察を受け、深刻度の高い可能性がある疾患から順に除外していく必要があります。本来、精神科は最後の受診となります。しかしご記載のような状態では一般科の診察・検査を受けられるとは思われませんので、精神科に強制入院しての鎮静をまず行わなければならないでしょう。その間に身体疾患が悪化したり、精神科での治療の副作用で新たな身体合併症をきたす可能性がありますが、それはご了承できるでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答ありがとうございます。この町には入院施設がある精神病院がありまして、地元では通称アルコール依存症などの更生施設として有名 な病院です。ソーシャルワーカーの窓口もあるようで、このご相談を差し上げる前に下調べしてみました。しかし母の同意が得られず、電話することは出来ませんでした。ガンの転移であれば、それでかかっている病院で、次の検査で明らかにして貰えると思いますが、
(それまで私たちが耐えられれば良いですが)
それ以外の場合、特に精神疾患などは本人は恥の意識から例え身近なドクターにさえ(例えばガンでお世話になっている)言わないと思います。
以前私が鬱病になったときも、怠け病と言っていました。
保健所などに相談するには、やはり家族の同意がなければ先に進めませんよね?母はかなり甘く見ていて、そのうち治ると思っているようですが、
家族の生活にも支障が来ているのも事実です。
それから、私たちは当面どのような態度で接したら良いのかもわかりません。
質問者: 返答済み 3 年 前.
補足致します。
その間に身体疾患が悪化したり、精神科での治療の副作用で新たな身体合併症をきたす可能性がありますが、それはご了承できるでしょうか?
というご質問について、私の答えはYesです。仕方ないです。放置するよりましです。
これについても家族全員がそうであるかと尋ねられると、Noになってしまいますが。私だけ悪者になっても良いので、何とかしなければこのままでは家族が崩壊してしまうような気がしてならないのです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

お父様を精神科に強制的に入院させるとなった場合、その入院形態は医療保護入院となり、法律的な順序から申し上げて、配偶者(つまりお母様)の同意及び家庭裁判所での手続きが必須になります。
ここまでの情報からは、現状、それが可能であるようには思えないのですが……

あらかじめお聞きしておきたいのですが、このご質問、どのような回答をすればプラス評価をいただけるのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
当面娘としてどのような対応したら良いか分からないので、家族以外、しかも専門家のアドバイスが必要でした。母の同意がないのでどうしようもないですが、考えられる可能性として知っておきたかったです。母がその気になったときのためにも。因みに始めてで、しかも機能の使い方がわかりづらいので評価の方法がよくわからないです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、「対応の仕方」については精神科カテゴリでしばしば受けるご質問ですが、お父様の場合は精神症状の原因がはっきりしませんから、対応の仕方も絞り込み切れません。
仮に脳転移や抗がん剤の副作用で起きている精神症状(器質性精神病)であれば、いかに支持的(サポーティブ)に接しても意義は希薄です。
比較的万能な対応は、あまり感情的にならず、しかし常識的な態度をこころがけることでしょう。非常識であると思われるお父様の言動を指摘し、諌め、病院の受診の必要性を示唆することは、いずれの場合においてもマイナスには働きません。

受診については色々な意味で難しいケースです。
順番としては、「12月に大腸ガンの手術」をした診療科(外科でしょうか)をまず受診され、最近の精神的な問題について相談することになりますが、外科で精神症状については対応できませんので、まず脳転移や抗がん剤による脳炎等(これは抗がん剤の種類によりますが)を疑って脳外科を紹介受診されることになるでしょう。脳神経外科でMRI検査を行って脳病変がみつかれば脳外科的に治療が行われますし、脳病変が無ければ精神科紹介となります。

問題は、このプロセスにお父様が乗って下さるか、です。

外科受診の際に精神症状について説明することでお父様が激昂するかもしれませんし、そのような様子を見れば主治医は他科紹介を躊躇うかもしれません。仮に脳神経外科を受診することが出来ても、お父様がMRI検査を拒むかもしれませんし、脳病変が見つかっても、暴力的な言動があれば入院や治療をしてくれないかもしれません。
治療に非協力的な患者様に対する一般科の対応は(その非協力性が身体疾患によるものだとしても)、概して冷淡です。
まず精神科で精神症状をコントロールしてもらってから身体の治療を行いましょう、という話になりがちです。

一方で、医療保護入院を受け入れられる閉鎖病棟を有する精神科病院は単科の病院であることが大半ですから、身体疾患を有する患者様の受け入れには消極的です。

結局、身体科と精神科の間で、押し付け合いになりがちなケースなのです。
最終的には「精神科への入院により患者の身体疾患が悪化しても一切の責任は問いません」というご家族(今回の場合はお母様の)念書を取る形でどうにか受け入れてくれる場合が大半だと思います(受け入れ先がみつからない場合も少なくありません)。

受け入れが決まっても、そこに連れて行くまでがまた容易ではありません。
患者様を精神科に強制的に入院させる制度として、現在では正式なシステムとしての「移送制度」が確立しています。
残念ながらどこの地域でも十全に機能しているとは言えないのが現実ではありますが、まずは保健所に相談をされるべきでしょう。
移送の対象とならなかった場合は、ご家族が説得して受診させる以外に方法がないのが現実です。

しかし実際にはそれは非常に困難なことです。

その場合は、腹を括られて、民間の移送業者を利用するくらいしか方法はありません。お金はかかりますが、確実性は高い方法です。ただし、お父様の場合は、受け入れ先の精神科病院は相談者様側で確保し、連れて行けば即入院させてもらえるという約束を取り付けておく必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14145
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
お役に立てなかったようですのでオプトアウト(回答辞退)いたします。

他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

お大事になさって下さい。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問