JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母親(72歳)ですが、10年以上精神科の薬を服用しております。10種類以上の薬を飲んでます。 うつ病とパニック障

質問者の質問

母親(72歳)ですが、10年以上精神科の薬を服用しております。10種類以上の薬を飲 んでます。
うつ病とパニック障害等担当医師からきいております。その母親が、最近緑内障になりました。
緑内障の事を担当医師に話しましたら、薬を大幅に減らせれました。
精神科の薬は、緑内障には良くないのでしょうか?薬剤師さんからは、緑内障でも色々な緑内障があるので、その症状によって、服用してよくない薬もあると聞きました。
精神科の薬で、緑内障になったのでしょうか?母親本人はそう思いこみ、精神科の薬を飲む事に抵抗がある様です。眼科の先生は関係ないので、精神科の薬をきちんと飲む様に言われておりますが、
大幅に薬を減らされた為、精神科の薬が良くないと思っております。
精神科の薬を飲んでるので、緑内障になったのでしょうか?
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

> 精神科の薬を飲んでるので、緑内障になったのでしょうか?
主治医もそのような説明はしていないだろうと思うのですが、精神科のお薬で緑内障が起こることはありません。

一方で、多くの精神科のお薬がもっている「抗コリン作用」という作用が、緑内障を悪化させる可能性があることは確かです。
http://www.okusuri110.com/kinki/shipeikin/shipeikin_01.html

お薬によって併用禁忌であったり、併用注意であったりと、抗コリン作用の強さによって扱いが違いますし、緑内障のタイプ(開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障)によってもリスクは違ってきます。
http://gpryokunaishou.web.fc2.com/kusuri/kusuri.htm

眼科医の反応からは、おそらくお母様の緑内障は開放隅角緑内障なのではないかと推察します。

少し補足情報を下さい。

①緑内障の診断が付く前にお母様が服用されていたお薬と、診断以降に減らされたお薬の名前を教えて下さい。

②お母様の緑内障のタイプは眼科主治医には確認されていないのですね?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま す】
質問者: 返答済み 4 年 前.


連絡ありがとうございます。薬の種類が多くお薬手帳を見ないと分からないので、又、改めて連絡させて頂きます。


その際は、宜しくお願い致します。


 


高山

質問者: 返答済み 4 年 前.


お世話になります。母親の現在服用している精神科のク薬と緑内障を担当医師に告げる前に服用していた薬を書きます。


~現在服用~


①ロゼレム錠8mg 1錠


②ドグマチール錠50mg 2錠


③ユーロジン2mg錠 2錠


④ガスターD錠10mg 1錠


⑤マグミット錠330mg 6錠


⑥セディール錠5mg 2錠(不眠時)常備服用


⑦ロキソニン錠60mg 1錠


⑧ラキソベロン内用液0.75ml


上記が、緑内障になった事を担当医師に話後の薬です。


本人は、眠れない様です。


以前、服用していた薬を下記に記載します。


①アモバン錠7.5mg 1錠


②ハルシオン0.25mg錠 2錠


③ジェイゾロフト錠25mg 3錠


④メイラックス錠1mg 2錠


⑤ロゼレム錠8mg 1錠


⑥ドグマチール錠50mg 1錠


⑦ガスターD錠10mg 1錠


⑧マグミット錠330mg 6錠


⑨レンドルミンD錠0.25mg 2錠


⑩マイスリー錠5mg 2錠


⑪リスミー錠2mg 2錠(不眠時)


⑫ソラナックス0.4mg錠 1錠(落ち着かないとき)


⑬ロキソニン錠60mg 1錠


⑭レンドルミンD錠0.25mg  1錠(不眠時)


 


上記が、緑内障にかかった事を担当医師に話すまで、服用していた薬です。


 


緑内障のタイプですが、母親が一人で行き、精神科の薬の事を話すと、先生と看護士より、服用する様言われたそうで、私も自分で調べたら、緑内障のタイプで服用しては、いけない薬もあると知り、母親が一人でいった眼科に問い合わせた所看護士より、急性狭隅角緑内障でも、閉塞隅角緑内障でもないので、精神科の薬は飲んで下さいと、精神科の服用している薬も確認せず、言われましたので、違う眼科できちんとした診断書を書いてもらおうと思っております。


 


長文になりましたが、ご回答の方宜しくお願い致します。


 


不眠もつらいですし、かと言って薬を服用するこ事で、目を失明などもっとつらい事なので、本当に悩んでます。


宜しくお願い致します。


 


高山


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、緑内障のことが無かったとしても、お母様は睡眠薬や精神安定剤を飲みすぎでした。
これだけの量のお薬を10数年間も飲み続けていたとなると、確実に睡眠薬に対する依存性と耐性が生じていたでしょう。
これは日本の精神科臨床の大きな問題の一つであり、つい最近NHKのニュースでもその実態が報じられて反響を呼んでいます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130613/k10015276791000.html

お母様が現在眠ることが出来ていないのは、睡眠薬の絶対量が減ったこと以外に、上記ニュースでも述べられている離脱症状(いわゆる禁断症状)が起きているためです。
10年間も服用し、脳の機能に多大な変化を及ぼしていた睡眠薬をこれほど急に減量・中止したのでは、リバウンドが生じて当然です。

①今回新たにいただいた眼科からの情報に基づけば、眼科医・看護師が仰る通り、精神科のお薬を止める必要はありません。
②離脱症状が起きていることを考慮するならば、今回の減量・中止は危険でもありますから、一度、処方内容は元に戻すべきです(中止されたお薬は、開放隅角緑内障であれば害が無いものばかりです。「薬を服用するこ事で、目を失明」するリスクはありません)。
③しかし、緑内障とはまた別の理由で、これだけのお薬を服用し続けることは様々なリスクを伴いますから、時間をかけて、少しずつ、睡眠薬を減らしていく必要はあります。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
お役に立てなかったようですのでオプトアウト(回答辞退)いたします。

他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

お大事になさって下さい。

精神科 についての関連する質問