JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。妻の様態でご相談します。 子どもを出産して以来、頭痛、めまい、息苦しさ、動悸、手足のしびれなどの症状

質問者の質問

はじめまして。妻の様態でご相談します。
子どもを出産して以来、頭痛、めまい、息苦しさ、動悸、手足のしびれなどの症状を引き起こし、病院で検査をしても、体には大きな異常がないという結果です。出産 後は忙しい日々に追われ、ストレスはかなりたまっているようです。
検査して副鼻腔炎があることがわかり、鼻の奥が痛い原因がわかり、整体に行くと骨盤が歪んでいて足がしびれたり痛くなったりすることもあると言われたり、目の奥が痛いのは光を多く受け入れてしまうからなどと、いろいろ言われましたが、結局一番つらい息切れやめまい、動悸などがなかなか治まりません。どうも、自律神経失調症の症状とよく似ているような感じです。
三つ子の出産という大きな負担をかけて以来、体質が変わってしまったのか。自律神経は病院に行って完治するものなのでしょうか。しかし、妻が自律神経以外の病気を疑っており、まだ自律神経失調症だとわかっていながら認めないようなところもあります。ちなみに、母親は自律神経失調症をもっていて、乱れるとイライラするようで、そういう母親に気を遣いながら接してきて、自律神経失調症が心の病だと思っている節も感じます。
医者にいくのですが、話をあまり聞いてもらえない先生もいて、残念です。デパスを飲んで落ち着くことがありますが、薬を使わずに治す先生もいると聞いています。よい先生をご紹介していただけたら幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


「自律神経失調症」という病名については正しく理解されるべきでしょう。
実のところ、自律神経失調症はこの世に存在しない、もしくは日本にしか存在しない病気です。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と自律神経失調症を暫定的に定義していますが、国際的な精神疾患の診断基準である「精神疾患の分類と診断マニュアル(DSM)」では、自律神経失調症に相当する疾患の記載はありません。

つまり、自律神経失調症は基本的には体の病気であって、「体には大きな異常がない」のであれば、自律神経失調症ではないことになります。

実際に、他科で「自律神経失調症」と診断された患者様を精神科医が診察すると、うつ病やパニック障害、適応障害などの診断が付くことがほとんどです。

結局、自律神経失調症は、「不定愁訴」を訴える患者様を診察した一般身体科医が、検査によって所見が得られず、診断を付けられなかった場合に、自分と患者様を納得させるために用いる「診断のごみ箱」的病名として用いられている傾向があります。この場合、精神安定剤(例えばデパス)や眠剤の投与でお茶を濁されることが大多数ですが、背後に隠れているかもしれない精神疾患の改善にはつながらず、一方で眠剤・安定剤の依存が生じるリスクがあります。

「自律神経失調症が心の病だと思っている節も感じます」とのことですが、本当の自律神経失調症であれば確かに、心の病ではありませんが、上述したようにその診断自体が疑わしいようですから(と申しますか、ご記載を拝読する限りは、そのように医療者から診断を受けたことは無いように見受けます)、心療内科/精神科を受診して、精神科疾患の有無を確認すべきでしょう。

「話をあまり聞いてもらえない先生」は普通です。
どこの病院でも診察室は混み合っていると思いますが、奥様に特別に他の患者様よりも診察時間を長めにとってもらいたいということであれば、待合室で、他の患者様にその許可を求めるべきでしょう。奥様の診察時間を長くとるということは、他の患者様の待ち時間を長くし、診察時間を削るということに他なりません。

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。

精神科・心療内科を受診されたとしても、恐らく診察時間は相談者様が期待されているほどには長くはないでしょうし、治療も薬物療法が中心になります。
カウンセリング的な対応をご希望ならば、臨床心理士がいて、医師の診察とは別個にカウンセリングを受けられる医療機関を探されることをお勧めします。
もしくは、心理士が開業しているカウンセリングルームもあります。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問