JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2歳4ヶ月になる男の子ですが、まだほとんど話ができません。 あーとかゴーゴーとかいえますが、パパやママなど言葉になる

解決済みの質問:

2歳4ヶ月になる男の子ですが、まだほとんど話ができません。 あーとかゴーゴーとかいえますが、パパやママなど言葉になる単語はできません。
ものを棄ててくるとか、だめというのはある程度理解できますが、周りの2歳児に比べてかなり理解力も劣っていま す。

夜寝つきが悪いことが週に2度ほどあり、11時を回ることもあります。
その他は9時30分にはねて、9時間は眠っています。

買い物や車はおとなしく乗りますが、家や保育所で走り回っていることが多いです。

専門医に相談した方がいいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
猫山と申します。神経内科医です。

これまでご子息は、乳幼児検診で発達の遅れや偏りを指摘されたことはないのでしょうか?

想定されている「専門医」とは、発達の遅れに関する専門医(小児科医になると思います)でしょうか? それとも、自閉症圏の障害を含めた発達障害を診られる専門医(小児神経の専門医ということになります)でしょうか?

まずこれにつき確認させていただきたく存じます。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


返信有難うございます。


今まで指摘を受けたことはございません。


周りからは男の子はしゃべりだすのが遅いから3歳ぐらいまで様子を見たほうがよいといわれます。


只、正直、ストレスもあるので発育障害を診られる専門医を受診してみようかと考えております。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結論から申し上げると、地域の児童相談所(児童相談室、子どもセンター等、地域によって呼称は異なりますが)で相談されてみることをお勧めいたします。
小児精神医学や小児神経内科の専門医療機関を受診されるのは、児童相談所での相談結果が出てからでも遅くはないでしょう。

最近は児童虐待の通報先のイメージが先行していますが、実は児童相談所は子供に関することならばおよそ全てに渡って相談に乗ってくれる公的機関です。
ご子息の発達が遅れているのか、正常範囲内なのか、または発達障害の可能性があるのか、といった鑑別も資格をもった相談司や心理司が行ってくれますし、病的なものでない場合もしかるべき対応をしてくれます。
医療機関の受診が必要だと判断した場合の紹介もしてもらえます。

いきなり専門機関を受診されるよりは、まずは管轄の児童相談所に連絡をとられてみることをお勧めします。

以下、児童相談所の業務内容です。ご参考まで。
******************************************
児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条の2)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。
******************************************

こうした相談をお勧めするのは、質問文のご記載からお子様が発達障害や精神発達遅滞に当てはまることが強く疑われるからではなく、現時点では主に相談者様の精神衛生のためそうした方がよいかな、と思います。

質問文からも、相談者様が重いな山あれていることが読み取れます。
いちどそういった心配をもってしまうと、いくら周りから助言を受けても、その心配を打ち消すのは難しくなります。
子供をもつご友人に、逆に、「うちの子もそうだったよ」とか「心配しすぎだよ」と言われて一時的に安心したとしても、またすぐに心配の種が出てくるような状態なのではないかと推測します。
発達障害や精神発達遅滞といえば一生の問題ですから、親として、心配するなと言う方が無理だと思うのです。
しかし一方で、お子様が「発達障害であってほしくない」「精神発達遅滞であるはずがない」とお思いになっている、思いたがっているのも事実でしょう。

多くの場合、お子様を伴って専門医療施設を受診される親御さんは、上記の2つの感情の間で押し潰されて、かなり疲弊した状態にあります。実際、うつ病を発症されている方すらいます。
風邪気味だから近所の小児科へ、といったノリで受診できる病気でも施設でもありません。ご自分のお子様が発達障害や精神発達遅滞ではないか、という心配を持ち始めてから実際に専門施設を受診するまでには多かれ少なかれ時間がかかります。
この間に、親御様は同年代のお子さんをもつお友達からさまざまな情報を受け取ります。また今はインターネットが普及していますから、そちらからもいろいろな情報・知識を得ることができます。
それ自体、決して悪いことではありませんが、情報の取捨選択は本当に難しく、結局は情報量が多い分だけ心配も増える、という結果になってしまうことが多いようです。

相談者様がそういった精神状態でお子様に接することは、養育上プラスには働かないだろうとは思います。

実は現時点で児童相談所を訪れても、すぐに白黒がはっきりすることはありません。
発達障害や精神発達遅滞の診断をつけるのはなかなか難しく、重症例でもあれば別ですが、多くの軽症患者様では専門医療機関の受診が必要かどうかの判断を下すまでに定期的な複数回の相談を要します。
しかし、定期的に専門家に相談に乗ってもらえることは、相談者様にとっても、お子様にとっても、大きな安心に繋がると思います。
もちろん、不幸にして発達障害や精神発達遅滞の可能性が高いという結果が出てしまった場合も、早期からの治療に繋げることが可能となります。

お子様が発達障害や精神発達遅滞の可能性が高いかどうかを、ここで申し上げることは差し控えさせていただきます。
ネットを介した相談一般で言えることですが、コミュニケーション障害を本体とする発達障害や精神発達遅滞において、患児(の可能性があるお子様)を実際に診ることなく、文字情報だけで診断じみたことを言うのは技術的に不可能ですし、するべきでもないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

眠りが不規則な時、漢方がよいと聞きましたが、他に薬などの処方を受けることは小児科で可能でしょうか?

精神科 についての関連する質問