JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。 58歳の母のことで相談します。 母の機嫌に振り回されて悩んでいます。 母は元々怒り

解決済みの質問:

お世話になります。

58歳の母のことで相談します。
母の機嫌に振り回されて悩んでいます。

母は元々怒りっぽい性格で、物事をやり遂げたことがないような人です。

母は父と離婚後、祖父(故人)の起業した小さな会社を営んでおり、私も母の下で働いていますが、近年あまり仕事をする気がないというか‥‥、私や他の従業員に丸投げしている状態です。

月に一度、同業者の寄り合いのようなものがあり、経営者として参加していましたが、2年ほどまえに、
そのなかの一人(男性)と不仲になったようです。
母自身にも思い当たるフシがないわけではないようですが、その人を中心とした、
仲良くしていたグループに一方的に無視をされるといったことをされるようになり、
その寄り合いに行きたがらなくなりました。

ここ一年半くらい、口を開けば、その人達の悪口ばかり言うようになり、聞いているこちらが嫌になるほどです。
月に一度の2時間程度のことですが、どうしても我慢できないみたいです。

終始不機嫌なことが増え、些細なことで怒りを爆発させるようになりました。 
八つ当たりの対象になるのは、私か妹です。
不機嫌なときは、こちらも近づきたくないのですが、無視していると「気遣いがない」キレてしまいます。
元々、そういう気質ではあったようにも思いますが、とにかく何かにつけ人のせいにします。
「○○してくれなかった」「○○と言ってくれなかった」「分かってくれない」など。
「老いたら捨てる気だな」とも言います。
怒る以外には「あなたが○○してくれなかったから」と言って泣きます。
引きこもったり、暴言を吐いたり、朝は普通でも午後になると不機嫌になったりし、何が地雷になって不機嫌になるのか私には分からず、毎日振り回されています。

機嫌が良いときは、私に依存的で「結婚などせずに、ずっと私の側にいてね」などと言います。
どこに行くにも、私と一緒でなければ行きません。
「あなたが○○している間、私は何をしていればいいのか?」などと尋ねてくることもあります。
相手にしなければならない私の方がしんどいです。

4月24日に突発性難聴を発症。
今月11日まで、ステロイド薬の服用をしていましたが改善がなく、今は一旦治療を休止し、また明日からステロイド薬を服用する治療方針が出ています。

ステロイドを服用しているあいだ、イライラ感が酷いと訴えていましたが、ステロイド薬が抜けたと思われる今でも、不機嫌なことが多いです。
また、不機嫌なときには、無視してくる人達のことが頭に浮かび、動悸がしてくるとも言います。
私も、母がこのような状態なのと、仕事もあることで疲れが溜まっています。
母には、私がかなり疲れていることが分からないようです。
とにかく気遣いがないと怒るか、泣くかです。
妹は、母とは仲が悪く、外に勤めに出ていると言い訳し、何の協力もしません。

母には、あまりに辛いようなら心療内科の受診を勧めています。
本人は、耳鼻科の治療が終わったら心療内科に行った方がいいかもしれないと考えているようですが、私は今すぐにでも心療内科を受診して、気持ちを穏やかに保てるようにしてもらいたいくらいです。

やはり、耳鼻科の治療が終わってからの方がいいのでしょうか?
そもそも、母は何か病気なんでしょうか?ただの性格ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りはお母様が呈されている問題は性格によるものでしょう。
敢えて診断を付けるのならばパーソナリティ障害(人格障害)で、恐らく境界性パーソナリティ障害もしくは自己愛性パーソナリティ障害の診断基準を、少なくとの部分的には満たすであろうと思われます。

ただし、パーソナリティ障害は、「障害」という名前こそ付いていますが、狭義の精神疾患ではありません。「極端な性格の偏り」程度の意味です。従って、お薬を飲めば治るというたぐいのものではなく、ご本人が治療意欲をもち、現状を改善しようと努力して初めて、治療に導入することができます。
また、パーソナリティ障害の治療ゴールは人格を変えることではなく、その人格のまま、社会適応できることを目指します。

お母様のご年齢を考えると今から社会適応を改善していくことは難しいでしょうし、むしろ加齢に伴う性格の硬直化のために状況は悪化していく可能性が高いと考えます。

心療内科を受診されるのであれば、医師だけではなく臨床心理士がいてカウンセリングを行える医療機関の受診をお勧め致しますが、何のために受診するのか、自分の苦しみがどこから来ているのかをご本人が適切に理解せずに受診されてもあまり異議はないでしょう。

一般論で申し上げると、お母様のような方との付き合い方としてもっとも正しいのは、妹さんがとられている方法です。

以上、ご参考になれば幸いです。


****************************************
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における自己愛性パーソナリティ障害の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

【自己愛性パーソナリティ障害】

誇大性(空想または行動における)、賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。
以下のうち5つ(またはそれ以上)で示される。

1. 自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績やオ能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。

2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。

3. 自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。

4. 過剰な賞賛を求める。

5. 特権意識つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。

6. 対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。

7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。

8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。

9. 尊大で傲慢な行勤 または態度。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問