JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして  私は一人娘を持つ父親ですが、もう4年ほど精神科に入院を繰り返しています。その都度投薬が増えてゆくので

解決済みの質問:

はじめまして  私は一人娘を持つ父親ですが、もう4年ほど精神科に入院を繰り返しています。その都度投薬が増えてゆくのです。 今では初期の頃より10倍に程になっています。 医師からは何の説明もなく副作用の説明も受けてない状態です。
この0間無理に退院させ家で療養 中ですが、眠っているばっかりでしんどいと云います。
毎日頭が重く 不安感で癒鬱でたまらないみたいです。
私たちは減薬を望んでいます。 早く薬の副作用から娘を救いたいのです。
良きアドバイスがあればお願いします。  ちなみに娘は31歳です。 デパケン600
セロクエル550 ルーラン12ミリ  セルシン6ミリ
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

「医師からは何の説明もなく副作用の説明も受けてない」というだけで、転院するには十分な理由になります。おそらく最終的にはそれをお勧めすることになるでしょう。

少し補足情報を下さい。

お嬢様の診断を教えて下さい。統合失調症ですか?

お嬢様のご年齢を教えて下さい。発症したのは何歳時で、精神科を受診されたのは何歳時でしたか?

現在の病院で4年間通院・入院を繰り返されているのですか? 十分なインフォームド・コンセントが行われないような病院に、なぜ4年間もかかり続けられているのでしょうか。

お嬢様のそもそもの症状を教えて下さい。お薬が増えるのは、症状がコントロールできないからですか? 現在でもお嬢様には精神症状があるのでしょうか。

いちばん最近の入院はいつで、それはどのような理由による入院でしたか? 医療保護入院だったでしょうか。任意入院だったでしょうか。

「あまりの過剰投与でないでしょうか? その副作用でいまも苦しんでおります。 減薬を希望しています。 良い方法はないものか?」というご質問は、主治医にはされていないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

診断は双極性躁鬱 他の医師はパニック障害等と医者によって変わります。


年は31歳、18歳頃から鬱になり総合病院に通っていました。カンセリングも


週に1回行っていました。 25才の頃から鬱がひどくなり向精神薬をのみ始めました。 そのころから躁になりネットにはまり混乱をしました。夜は寝れなくなるしイライラ感が増し不眠で入院しました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

診断は双極性躁鬱 他の医師はパニック障害等と医者によって変わります。


年は31歳、18歳頃から鬱になり総合病院に通っていました。カンセリングも


週に1回行っていました。 25才の頃から鬱がひどくなり向精神薬をのみ始めました。 そのころから躁になりネットにはまり混乱をしました。夜は寝れなくなるしイライラ感が増し不眠で入院しました。総合病にでは無理なので紹介で行きました。 その時の医師が娘が信頼をしていまして2年ほどその医師のもとで治療していました。。それから医師が転勤になり医師が変わりその辺から


調子が悪くなり始めました。今の症状は頭が重く癒鬱で辛い 身体と心がムズムズしていてもたってもいられないほどイライラしています。入院は3月~4月の半ばまで、本人が望んで入りましたが、保護入院です。 減薬は話しました。 今日外来なので強く云います。  よろしく

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

処方内容からは躁うつ病を連想することは致しかねました。

となりますと、主剤はデパケンということになりますが、このお薬の成分名はバルプロ酸と言います。定期的に採血し、血中濃度を確認しながら使用しなければならないお薬ですが、いちばん最近の血中濃度はおわかりになるでしょうか?

ご記載を拝読する限り、現在、お嬢様はうつ状態であるように思われますが、この理解で間違いないでしょうか?

最後に躁状態を呈されたのはいつでしたか? セロクエル、ルーランはいつから服用されているのでしょう。

本日外来受診とのことですが、何時頃にお家を出られますか? それまでに回答を終えたく存じますので、これについてもよろしくお願いします。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

念のため、結論を最初に申し上げておけば、現在のお嬢様に必要はお薬は、適切な血中濃度を得られる用量のデパケンだけです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

血中濃度は把握はしておりません。 はい鬱状態にあります。 極度の不安状態です。  先頃の入院中だとおもいます。 ルーラン処方してから気分が下がり始めました。 ルーランは3月の中旬から8ミリ 現在は4ミリ セロクエルは1年10ヶ月前 1日に50ミリだと思います。今は550ミリ   2時頃


 


このルーランの処方と気分の落ち込みは関係ありますか? ちなみに娘は薬にからり敏感で副作用が顕著にでます。


 


よろしく

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

このサイトで相談される双極性障害の患者様の9割が、①気分安定薬を処方されていない、②気分安定薬を処方されているが血中濃度が有効域未満、③気分安定医薬を処方されているが血中濃度測定を行われていない、のいずれかに当てはまります。

実臨床でも、私の印象では双極性障害を適切に治療できる精神科医は1割に満たないので、恐らく日本の双極性障害の患者様の9割は不適切な治療を受けられているのだと思います。

個人差があるので何とも申し上げられませんが、お嬢様の場合も、デパケンの1日の量が600mgでは、有効血中濃度に達していない可能性が大です。

双極性障害(躁うつ病)の患者様の7割がうつ状態で発症し、それは普通のうつ病と臨床上区別がつかないため大多数の患者様は当初はうつ病と診断されます。
しかし経過中に躁状態が現れると躁うつ病に診断が切り替わり、治療方針も変わります。

躁うつ病とうつ病は全く異なる病気であることが分かっており、病像が似ていても、躁うつ病の患者様のうつ状態に抗うつ薬を投与しても効果がありませんし、むしろ躁転や急速交代化、難治化といった、病状の複雑化を招きます。

躁うつ病と言っても、躁状態をうつ状態を交互に繰り返す病気ではありません。ほとんどがうつ状態で、ごくまれに躁状態が出現することがある、というのはむしろ典型的な病状推移です。日本うつ病学会が患者さん向けにガイドブックを作成し、Webで公開しています。
以下の章の5ページをご覧ください。
【2.双極性障害の症状を知ろう】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/pdf/bd_kaisetsu_chapter2.pdf

躁うつ病の治療は薬物療法が中心で、気分安定薬と呼ばれる、気分の幅を一定に収めるお薬が用いられます。薬剤名としては、リーマス、デパケン、テグレトール、ラミクタールなどが気分安定薬にあたります。
これらのお薬は躁うつ病の躁状態にもうつ状態にも有効で、継続的な服薬を続けることで病相予防効果もあります。
しかしながら、これらのお薬を、たとえ有効血中濃度に達する用量で服用されていても、躁状態やうつ状態を呈することはございます。
その場合、躁状態に対しては抗精神病薬(例えばセロクエルやルーラン)を、うつ状態に対しては作用が穏やかな抗うつ薬を使用しますが、あくまでも、十分量の気分安定薬を使用している前提で、かつ期間限定で使用する必要があります。
抗精神病薬を使用し続ければ、正常気分を通り越してうつ状態になってしまいますし(うつ転)、抗うつ薬を使用し続ければ、躁状態になってしまう(躁転)からです。
従いまして、お嬢様におかれましては「ルーランの処方と気分の落ち込みは関係」が大いにあると考えられるでしょう。
躁状態でもないのにこれだけの量の抗精神病薬を継続服用されていては「眠っているばっかりでしんどい」のは当然です。

現在うつ状態ならば、抗精神病薬は中止して経過を観察すべきだと考えます。

この点、主治医とよく相談されるか、転院も視野に入れられるべきでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14198
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


今日外来に行きルーランを中止しました。 血中濃度も検査をしているみたいで、許容範囲内であるとの事でした。 ルーラン止めたことで変化があるか心配です。   ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問