JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。中3女児の母です。娘は中2の夏にクラブの試合中に大けがをし、入院手術そしました。怪我が治り復帰するまで

解決済みの質問:

はじめまして。中3女児の母です。娘は中2の夏にクラブの試合中に大けがをし、入院手術そしました。怪我が治り復帰するまでは1年かかると言われ引退までのまる1年間をリハビリを続け、最後の試合になんとか間に合うことに望みを託して、頑張っていましたが。今、9カ月が経ち、周りからのプレッシャーと、思うように回復できない苛立たしさからなのか、クラブを休むようになり、3年にな ってからは学校みもいかなくなりました。そして、だんだん昼と夜の生活が逆になってきています。けがのために月1回整形外科を受診しているのですが、そのドクターから、うつびょうではないか、精神科を受診するように言われました。ひとりになりたいと 言って一人で遠くまで出かけたりと今までになかった行動も目につくようになってきました。思春期外来、精神科、臨床心理カウンセリング・・・とどれを受診すればいいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

ご記載いただいたお嬢様のご様子を拝読する限りでは、たしかに、環境要因だけでは説明しかねる問題が潜んでいる可能性は否定できません。
この場合の最善の受診先は、児童思春期精神医学の専門医療機関ということになります。

児童・思春期精神医学の専門施設であれば、専門医がいて、臨床心理士もいます。
お嬢様の年代の患者様は、思春期特有の心性と人格の未成熟のために成人とは異なる症状の現れ方をすることがあるため、診断から難渋することがしばしばあります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックでは、治療も含めて、この年齢のお子様の問題には対応できません。
以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。
【児童青年精神科専門の医療施設一覧】


しかしながら、これらの施設は、需要と供給の関係で3ヶ月以上の予約待ちとなってしまうことがほぼ常態化しています。
それを待てない状態えあるように思われますので、上記の一覧に載っていない、しかし思春期外来を要望している心療内科を受診するのが次善の策ですが、その場合も専門施設の予約はしておいて、ワンポイントリリーフで診てもらう、という形をとられるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。やはり、早急に動きはじめないといけませんよね。娘は受験生でもあり、正直、親もあせってしまっていると思います。家ではどのように働きかえればよいでしょうか。あと、学校とはどんな連携が望ましいでしょうか?ご回答お願いいたします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご家庭内では、働きかけというよりも、接し方として、専門医を受診するまでは「頑張らせない」ようサポートしてあげるべきだと思います。
現時点では、整形外科医の見立てでうつ病を想定しているわけですが、あながち的外れではないように思われます。
部活も、登校も現時点では不要であることを説明し、一方で、生活リズムは整えていくよう働きかけるのがよいでしょう。昼夜逆転はいかなる精神疾患においてもマイナス因子として働きます。ただし、うつ病では朝が一番つらい時間帯ですから、起床時間は多少遅くともよろしいかと存じます。

「一人で遠くまで出かけたり」といった危うい行動も認められるようですから、できるだけ目を離さずにいる必要もあるでしょう。

学校側には、他医にうつ病の可能性があると言われたので、専門医の診察を受けるまでは学校を休ませたい、と説明すれば、話は通じると思います。
登校刺激さえ避けてもらえば、現時点で学校ととれる連携は限られていると考えます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。昼夜逆転の改善で家だけでは限界があり、その部分だけでも投薬をさせたいと思っているのですが、やはりすぐに掛かれる精神科や、診療内科では対応して頂けないものでしょうか。。。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
昼夜逆転の改善となると、一般の精神科・心療内科ですと、どうしても睡眠薬の投与、ということになりますが、お嬢様の年齢の患者様への睡眠薬の使用は慎重であるべきだと多くの(児童思春期精神医学の)専門医は考えています。

「すぐに掛かれる精神科や、診療内科」ですと、対応してもらえないか、不適切な対応を受けることになる可能性が高いと思います。

どうしてもご家庭での対処が難しいということであれば(本来は、昼夜逆転は、専門医にかかったとしても、ご家庭で対処することになる部分ですが)、医師だけではなく、臨床心理士やケースワーカーといったスタッフが揃っている一般の精神科・心療内科医療機関を受診されるのがよいでしょう。

精神科 についての関連する質問