JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ロヒプノールを2mg、約30日間飲んでいます。 医師に聞くと、飲み始めて約25日目の時点で1mgに減らしてもいいと

解決済みの質問:

ロヒプノールを2mg、約30日間飲んでいます。
医師に聞くと、飲み始めて約25日目の時点で1mgに減らしてもいいと
のことでした。薬剤師に聞くと今の時点で、全く飲まなくてもいいとの
ことでした。
自分なりにこの薬について調べたら、そう簡単に辞めれる薬ではないと
知りました。離脱症状の怖さなどについてです。
医師や薬剤師の通りに実行して大丈夫なのでしょうか?
もし、減薬などの方法があるとしたら、どのように進めたら良いのでしょうか?
お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

服用を開始されてまだ30日なら、依存は生じておらず、減量・中止は可能である可能性が高いと思われます。

ただし、睡眠薬を処方されたということは、不眠を呈されていたということでしょう。
その原疾患は何だったのでしょう?
原疾患は既に治っているので しょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は遅くなるかもしれません。ご了承ください




【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
恥ずかしい事なのですが、再就職などのことで
精神的にパニックになり、自分の動作がしにくくなったり、
忘れっぽくなったりしていました。そのことによる不眠です。
そのことについて家族とも話し合い、落ちつきをとりもどしています。
動作ももどりました。
ただ、本当にこの薬が恐くて怯える毎日です。
二週間の服用でも依存が起こるなどwikiでも見かけ、
日にちが経過するほど恐いです。服用量もおおく、体重も40キロとすくないので。
まだ眠れないにしても早くこの薬から離れたい一心です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
追加
パニックになっていた時は頭全体が熱く、
首の後ろが引きつった感じでした。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

服用量は多くありませんし、精神科のお薬の薬効は患者様の体重にほとんど左右されません。

 

ベンゾジアゼピン依存には、狭義の依存(身体的依存)と心理的依存があります。

心理的依存とは、お薬を服用しないと不安になってしまい、必要性が無いにも関わらずお薬を飲んでします(飲むと安心)という状態です。

 

相談者様の「本当にこの薬が恐くて怯える毎日」という表現は、相談者様の心理的依存の裏返しのようにも思われます。

「まだ眠れないにしても早くこの薬から離れたい一心」なのであれば、主治医や薬剤師の指示・助言通りにロヒプノールを減量・中止されればよろしかと存じますが、結局のところそれに踏み切れ(ら)ずにおられるのはなぜなのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
踏み切れない訳は、インターネット上の多くの恐い断薬体験(何mgずつ減らしても失敗、リバウンドなど)
ウィキペディアの情報を鵜呑みにしてしまっているからです。
ロヒプノールは過食になるということを知りましたが、
(実際に過食になっています。)医師からは逆に太りにくい薬と説明
を受けたり・・・などの件で
懐疑心と不安ばかりが膨らんでしまいました。
猫山先生は、減らすのではなく辞めてしまっても良いとお考えと
言うことですか?
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

減らして止めるのが定跡ということになるでしょうね。

 

そもそもロヒプノールが処方された経緯(精神的にパニックになり、自分の動作がしにくくなった)と、今回ロヒプノールの中止・継続に思い悩まれているご様子はとても似ているように思えますが、失礼ながら、相談者様は、性格的に、思い込みが強かったり、余裕が無くなったりしやすいところがおありなのでしょうか。

 

体重に関して申し上げれば、ロヒプノールは、体重増加の方向に傾きうるお薬ですが、抗うつ薬や抗精神病薬に比べてその程度は小さいと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
全くその通りの性格です。
私としては、もう全く辞めてしまいたいです。
違う導入剤にするなど。
それでは危険ですか?
減らしていく理由、減らし方はどのように進めたらいいですか?
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

現在臨床使用されている睡眠薬のほとんどがベンゾジアゼピンですから、ロヒプノールを他剤に変更しても問題の解決にはなりません。

 

現時点でロヒプノールを減量・中止しても、「眠れなくなるだけ」ですから、今日から中止してしまえばよいと思います。

多少のリバウンドと、相談者様ご自身の「ロヒプノールを服用していない」という思い込みのためにしばらく不眠が続くかもしれませんが、長い目で見れば時間が解決してくれる問題でしょう。

このままずるずると服用を続けて本当の依存が成立してしまう前に断薬されるべきでしょう。もちろん、結果はすべて自己責任ということになりますが。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問