JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kerosukeに今すぐ質問する

kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

小学六年生の女子の様子について相談です。公立小学校に通学中。六年生は全部で80名程の3クラス編成。幼稚園の友達は男女

解決済みの質問:

小学六年生の女子の様子について相談です。公立小学校に通学中。六年生は全部で80名程の3クラス編成。幼稚園の友達は男女とも私立の小学校へ。
わが子の性格としては、幼稚園~小学生1年の途中まで女子と遊ぶこともあったが、男子と走り回って遊んだりすることが楽しく男の子友達と遊んでいるうちに4 年生になり女子グループからいじめられるように。(一年間にわたり毎休み時間×ほぼ毎日の聞こえよがしに近い悪口、4回ほどテストを捨てられる、など)今までの先生からの評価(女子特有のねちねちした所がない、男の子っぽい、遊ぶときにははじけて遊んでいるし、やるべき時にはきちっとやってメリハリがある 笑顔がいい 感情表現が豊か)

相手の子の話しによると「テストでもいつも良い点だし、色々と羨ましかったから」ということで先生がおっしゃるにはこちらに非はなく単なる妬みだとのこと。しかし、その後の先生の対応が悪かったことで悪循環に陥り、また、相手のお母さんも「そういう子ですから。悪気はないですから。」と改善は見られず何も状況変化はありませんでした。
それに対するこちらの対応としては、「言い返しても何も変わらないし、全然関係ない子までが入ってくるので、黙っている方がまし」と子供はずっと相手にしていませんでした。(この間男の子友達とはうまくやっていました)ところが、堪えきれなくなり朝も起きられなくなって学校へ行けないと言い出したので、時々学校をお休みしたりしているうちに四年生が終わりました。


そして五年生になり、クラスのメンバーがかわってほっとし、いつものように振舞っていると4年生の時のグループに関わる数名を中心にまた毎日のように悪口が始まりました。4年生時の傷も癒えないまままた同じことが起こったので本人はかなり傷つきました。
担任の先生(休み時間も子供達と一緒に過ごして、よく気が付く方)に子供の様子を聞くと、「休み時間はいい笑顔ですごく楽しそうに男の子と一緒に遊んでいるし、授業も自分の考えをしっかり発言してくれるし、何かを自慢したり、人を傷つけるようなことを言ったりやったりもしないし・・」という返事で、相手の子にさりげなく訳を聞いて下さったのですが、その内容も「その子自体が自分のグループ内でいじめられていたから」というものでした。これも結局、先生からの注意はあったものの何も変わらずじまいでした。5年生最後の方に至っては、こちらが何も発言していない事柄に対しても「あの子がこんなことをやっている」ということで躍起になり先生に報告していたようです。
(先生が一部始終を見ている中でうちの子がお叱りを受けることはありませんでした)
途中、わが子もしびれを切らし、怒ったり怒鳴ったりしていると前々からおかしいと思っていた
男の子友達も参戦してくれたのですが、毎日喧嘩でわが子にとってはほとほと疲れる環境だったようです。

あまりのしつこさにそういう子達の評判を探ってみると、「あの子がいるとクラスの雰囲気がおかしくなる」「あんなえげつない子のクラスで大変だったね・・」などお母さん同士の付き合いの中でもかなり悪い評判でした。後からわかったのですが、名乗りもせずわが子に直接人格を非難するようなことを言ってきたり、下校途中に親同士が悪口を本人に半ばわかるように言っていたりということもされていたようです。

わが子も5年生になりまた悪口が始まったので、女子とも仲良くしようと話しに行ったり行動を共にしようとしてみたりしたものの、逆に無視されたり避けられたりで相手にされなかったり、授業で発言すると必ず文句を言われるから挙手はしなかったり、学校で表彰されるようなことがあっても
辞退したりと色々試してきましたが、結局は何も変わらず「もう、小学校生活は捨てる。女子はどうでもいい。5年の最後の最後にその女子グループに異を唱えてくれた女子もいたけど、丸め込まれたのよね、と言われしどろもどろしていたし、見てみぬふりしてる子もやってる子と同じだし、持久走で同じ速度で走るとか授業でも同じ発言しかしないとか、ちょっと一緒に帰らないだけで次の日から無視とか、そんなのは嫌だ。」と男子と仲良くしています。(六年生は大人しいクラスになり今は大丈夫そうです)そして、私立中学を受験し、仕切り直すつもりで受験勉強を頑張っています。が・・

ここからが相談です。頑張り屋さんゆえに溜め込みすぎた後遺症か、一人になると今までの辛いことが思い出されぼうっとしてしまうことがちょくちょくあるようです。先日はバスケットをしに公園に行ったのですが、体が動かず何を聞いても返事をせず泣き出しました。(すぐに泣くような子ではないのでよっぽどだったのだと思います)暫く時間をおいて聞いてみると、バスケットボールをきっかけに過去の辛い経験を思い出したとのことでした。正月の集まりでも表情は暗く終始下を向いた状態でした。その様子を見て、「転校してもいいよ。」と話していたのですが、「あと少しだからいい」と
言い張ります。
ただ、食欲はありますし塾へは仲間もいるので本当に楽しそうに通っています。先生とも楽しいやりとりをしているようですし、女の子ともメールのやりとりなどもして、普通にやっています。学校へも朝は自分から起き、ちゃんと毎日通っています。

このような精神状態でもうすぐ修学旅行があるのですが行かせていいものか悩んでいます。本人は「どちらかと言えば行きたくない」と言っています。
また現在のクラスは落ち着いているので少しずつ落ち着いてくるかもしれませんが、上記の状態を親としてどう対処していけば良いでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 3 年 前.
ご心配なく。

1人になると今までのつらいことが思い出されぼうっとしてしまうことがある、
というのは病的な所見ではありません。
食欲も保たれ、受験勉強もがんばり、塾も楽しそうに行っている のであれば、
とりあえず、精神医学的に問題になるような状態では無いと思います。

修学旅行に行くか行かないかというのは、
あくまで、親御さんと本人のご希望でご相談なさって
決めればいいんじゃないでしょうか。

何せ小学校の修学旅行は人生で1回しか経験できないものですし、
行かなかったら行かなかったで、いじめの対象にもなりそうです。
状況を見ているわけではないので的確にお答えすることは難しいですが、
お子さんが悔いの無いチョイスをされることを祈っています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のお返事有難うございました。


相談内容には書ききれなかったことがあるのでお知らせしておきます。


①五年生の数ヶ月、頻繁にトイレに行くようになったことがあります。


出先でも何か不安らしく、何度もトイレに行っていました。膀胱炎などの病気ではなかったので神経的なものかもと思い、注意も殆どすることなく様子を見ているといつの間にか治っていました。やはりストレスからの症状だったのでしょうか。


 


②また、5年生時の自然学校へは夜寝泊りする個室部屋に相手の子がいたことから結局行けませんでした。(本人が言い出すのが遅かった為、対処できず)案の定、勝手に「自然学校には行かず、塾に行っていた」という話しが出回っていました。(それは覚悟の上で本人は行かないことを選択しました)


現在、本当に今の学校自体が大嫌いになっていて何かを一緒に楽しみたい気分にならないようですし、男子と仲が良くても修学旅行内の活動は女子グループ、男子グループに分けられるのでやはり孤立するようです。


また、年頃的なものもあっていつも仲良くしていても、そういう活動をする時に女子が混ざっていると恥ずかしいなどという思いもあって「今は・・」という丁重なお断りをされることもあるようで、遊園地を一人でまわらなければならないなど不安要素がいくつかあります。特に夜、狭い部屋で、女子ばかりの所にいると恐怖心が増すようです。



活動を男女混合にしてもらうなど学校の先生に相談すれば良いのでしょうが、受け入れられない場合や本人が「もう自然学校で勝手に塾に行っていたと思われてるから今更いいし、行きたくない。自然学校の時も耐えたから今度もあと少しだから耐える。」と言いかねません。繰り返しになりますが、


本当に学校自体が嫌いになっていて・・。


親としては気持ちもわかると同時に、そうは言っても無理やり行かせるべきでは?とも思います。が、行かせても休んでも、相手からの攻撃はまたあるでしょうし情けないですが判断がつきません。その場合は子供の気持ちを尊重すれば良いのでしょうか。


 


③あと、辛かったことを反芻することが続くとやはり良くないですよね。


(現学校にかかわることだと思い出すきっかけもたくさんあるでしょうし、相手を目にすることもありますし・・)繰り返さなくなるのは、やはり人も環境もガラッと変わってからでしょうか。個人差はあると思いますが。


 


以上、宜しくお願いします。


 

専門家:  kerosuke 返答済み 3 年 前.
①頻繁にトイレに行くこと自体は全く問題ありません。1回の授授業中に 2度も3度もとなるほど極端な場合は別ですが。緊張した時にトイレが近くなるのは正常の反応なので、ちょっとその時はストレスが強かったのかも知れませんね。
②これです。ここが一番の大きな問題なのだと思います。
 こういった問題に対する窓口はスクールカウンセラーです。
 本人がOKなら一度ご相談されてはいかがでしょうか。
③つらかったことを反芻することは、そんなに悪いことではありません。
 正常な反応の一つです。
 そのせいで、本来しないといけないことができなくなった時に初めて問題になります。
 今のところ、ご本人にそれはないようなので心配なさらなくていいと思います。
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験: 平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。