JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

娘は境界性人格障害の可能性がかなり高いと診断されています。過去にも同じような事が ありましたが、今回も付き合ってい

解決済みの質問:

娘は境界性人格障害の可能性がかなり高いと診断されています。過去にも同じような事が
ありましたが、今回も付き合っている男性に異常に執着し、一日に数十回ものメールを送りつけ
すぐ返事が無いとパニックになります。相手が距離を置き始めた頃から相手への攻撃が激しく
なり、相手に暴力をふるう、相手の持ち物を壊す、さまざまな手段を使って相手を脅します。
ストーカー行為に近い振る舞いが多くなりましたので現在親が介入し相手と連絡を取り合って
娘からの被害を最小限にとどめ、相手が最終的に娘から解放されるよう努力中です。
相手への迷惑を最小限にとどめつつ、娘が相手の事を諦める最良の方法はありませんでしょうか?
また、いずれは娘もこの病から回復し、健全な人間関係を育み、良い家庭を築いて欲しいと
願っていますが、この障害を持った女性が結婚出来る可能性はあるのでしょうか?また、その
相手になれる資質を持った男性とはどんな人間像なのでしょうか?よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせず に返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせてい ただきます】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

境界人格障害(BPD)の当事者様との接し方については、周囲の方々が統一した方法をとることがまず第一に重要です。人間関係の距離の取り方がわからないことがBPDの病理の核であるからです。

従いまして、まさにその核に当たるとも言える「相手への迷惑を最小限にとどめつつ、娘が相手の事を諦める最良の方法」について、お嬢様を診察したことも無い医師が、インターネット相談でお答えすることは不適切であると考えます。
方針の不統一の原因になりかねないからです。
そ れについては、「現在専門医のカウンセリングを受けて」おられるのですから、主治医とその部分について相談され、お嬢様も交えて、このような問題を起こし たらこのようなペナルティを受ける、といった「契約」を、患者様、保護者、主治医の三者が同意する形で決めていくのが治療の一部であろうと考えますのでそ うされて下さい。

「この障害を持った女性が結婚出来る可能性はあるのでしょうか?」「また、その
相手になれる資質を持った男性とはどんな人間像なのでしょうか?」というご質問については一般論ですのでここで回答させていただきます。

ま ず、結婚可能性についてですが、お嬢様の容姿が優れていれば結婚できる可能性はむしろ健常な女性よりも高いでしょう。BPD特有の極端な対人距離の取り方 が、恋愛においてはプラスの要素として働くことが多いからです。ただし、破局する可能性も一般女性より高いとお考えください。
婚姻届を出す前に破局すれば結婚には至りませんが、BPDに親和性がある男性と交際した場合は、結婚にまで発展する可能性は高くなります。

BPDの女性に惹かれ、入籍にまで至るタイプの男性には一定の傾向があり、間違った意味での父性が強いタイプの男性がBPDの女性と結ばれる傾向が強い印象があります。「あいつは俺がいなければ駄目なんだ」と思ってしまうタイプの男性です。
そ のような男性は、極端な対人距離の取り方がBPDの病理のひとつですが、距離が縮まった時には女性を猫かわいがりし、距離が離れ無碍に扱われても「俺は君 を理解しているよ」といった態度で常に女性について回ります。また、別の病理である自傷行為や周囲を振り回す言動についても、例えば真夜中に「いま手首を 切った」という電話やメールがあれば、飛んで行って病院受診に付き添います。容易に巻き込まれもしますので、治療方針に対して女性がネガティブな反応をと ると、一緒になってご両親や主治医を攻撃します。
公平に申し上げて、BPDの治療においてマイナスに働くタイプの伴侶であると言えますが、このタイプの男性はBPDに付き合うことで自らの保護欲を満たしているのだと思われます。
依存症の治療において「イネイブラー」と呼ばれるタイプに近い人間像を有する男性ということになります。
http://www.stopsake.com/category2/entry32.html

もちろん、お嬢様がBPD「から回復し、健全な人間関係を育」めるようになれば、結婚する可能性も、その相手も、一般女性と同様の水準で考えられてもよくなります。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答頂き有難うございました。相手への迷惑を最小限に抑えた上で
二人の関係を断ち切る良い方法がありましたら伺いたいと思ったのですが、


かかりつけの専門医と相談の上との事。。。確かにケースバイケースだとは


思うのですが、ご自身の経験から、どのような方法が考えられますでしょうか?例えば相手に引っ越し、メールアドレスの変更等で本人の視界から


消えてもらう、あるいは徐々に連絡の頻度を少なくしてもらう、逆に今本人


が相手にしていることをそっくり仕返していかに不愉快な事をしているか


分からせるなどが考えられると思いますがどの手法が一番効果があり


ましたでしょうか?


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

「今本人が相手にしていることをそっくり仕返していかに不愉快な事をしているか分からせる」……まずこれは、現実的に不可能です。人格障害の方々の執拗な執着を健常者が再現することはできませんし、人格障害者には自らが感じた不愉快を他人も感じていたのだと考える想像力はありません。

「例えば相手に引っ越し、メールアドレスの変更等で本人の視界から消えてもらう」……これは、非が無い相手に、なぜそこまでしてもらわなければならないかが疑問です。仕事や学業が犠牲になりかねませんよね? その意味では現実味もありません。結局、共通の友人等を通じてみつかってしまいます。

「徐々に連絡の頻度を少なくしてもらう」……頻度が減る過程でお嬢様の方が極端な反応を呈するでしょう。

このような常識的な考え方が通じないから、単なるわがままではなく、「人格障害」なのです。かといって法的には100%の判断能力があると認められますので、強制的な入院も馴染みません。

最も効果があるのは、ストーカー規制法を適用してもらい、警察の介入を仰ぐことです。
医療の問題ではなく、司法の問題にしてしまうのが、もっともわかりやすい解決方法です。

さもなくば、お嬢様に長期入院していただくかでしょうね。

民間の移送業者の中には、人格障害者の長期入院を引き受けてくれる病院との強いパイプがある業者が少なくありません (「精神障害 民間 移送」というキーワードで検索すれば、業者はたくさんみつかります)。
質問者: 返答済み 3 年 前.

的確な情報を頂き有難うございました。ストーカー規制法を利用して警察の
介入を仰いだ場合、その後の展開はどうなるのでしょうか?現在主治医より


長期入院出来る病院宛てに紹介状を書いてもらいそこに入院させたいと


思っていますが、本人がまだ相手に執着して追い回している為本人が


すんなりと入院に応じる可能性はまだ低い状況です。病院側と事前に


話し合って入院出来る環境を整えておき警察へ通報し、その後すぐに


当該病院へ輸送してもらう事は可能なのでしょうか? もう一つの可能性


として家族、相手が本人を説得して入院を勧めた場合、成功する確率は


どの程度ありますでしょうか?


 


 


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
家族、相手が本人を説得して入院を勧めた場合、成功する確率:0%

病院側と事前に話し合って入院出来る環境を整えておき警察へ通報し、その後すぐに当該病院へ輸送してもらう事は可能なのでしょうか?:不可能でしょう。警察は、通報の時点で、お嬢様が、例えば他者に暴力行為を働いている状況を現認しなければ動いてくれませんし、明らかな幻覚や妄想を呈していない限りは精神病院ではなく警察署への連行となります。ご期待されているような搬送を警察がしてたら、人権問題として逆に訴えられてしまいます。
従いまして民間の移送業者のご利用をお勧めいたしました。

的確な情報を頂き有難うございました。ストーカー規制法を利用して警察の介入を仰いだ場合、その後の展開はどうなるのでしょうか?:警告と罰則が警察から発せられます。
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/250208stalkerdvtaisaku.pdf
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他2 名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。