JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

表面的な人付き合いがうまくなりたいです。 どうしたらいいですか。 自分は多くの人が興味を持つようなこと(スポ

解決済みの質問:

表面的な人付き合いがうまくなりたいです。
どうしたらいいですか。

自分は多くの人が興味を持つようなこと(スポーツや外食など)にも興味がないし、社会常識も自信がありません。自分の本心も知られたくないし、自分のこともあまり話したくはありませんが、その気持ちすら知られたくないので、うまく表面上の付き合いができるように、いろいろな場に適切な「ペルソナ?」を作り、使いたいのです。

親友は男性と女性一人ずついますが、それ以外の人とは 、距離を置いた付き合いをしたいのです。
でも、自分はネガティブな感情が顔に出てしまったりしているかも知れません。困っています。

長い間精神病を患っていたし、今も回復過程ですが、社会経験も乏しく、自分の社会性に自信がありません。どうしたらいいですか。

言いたくないことをうまく避けながら会話するための、なにか具体的な訓練方法などありますか?

ちなみに作業所で仕事関係の話をするのはまったく苦痛ではありません。病院のデイケアなどでする個人的な話題が苦痛です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。
以前に何度かご質問に回答した猫山です。

相談者様のお悩みは、一定以上の回復を遂げた統合失調症患者様に共通のものだと言えるでしょう。
原因は、病気による社会生活のブランク、病気そのものの後遺症としての認知機能障害が複雑に絡まり合っています。

日本では、つい十数年ほど前までは統合失調症という病気の治療ゴールはとても低く(そう遠くない昔、統合失調症⇒一生入院という時代があったのです)、患者様が一般社会で暮らしていくことを目標に治療が行われるようになってきたのはつい最近のことだと言っても過言ではありません。
そのためのインフラの整備は先進国中とても遅れていると言えます。

相談者様がお求めのケアは、ソーシャルスキル・トレーニング(SST)であろうと考えます。
以下のサイトにその説明がありますが、相談者様のニーズに合っているでしょうか?
http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/chiryo/shinri-syakai3.html
http://www.e-rapport.jp/ebm/effect01/03.html (1~6ページまであります)

まずこの点につき、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

いつも回答していただきありがとうございます。
今回もお世話になります。


 


URL先のページにざっと目を通しましたが2段目のURLの3ページ目の記事はまさに自分の求めていたものだと思います。しかし、現在通っている病院のSSTには、以前参加したこ とがありますが、あまり役に立ったという実感はありませんでした。なぜかというと、自分にとってはあまり問題でないレベルのことばかり取り上げられて、自分の取り組みたいレベルではなかったからです。3ページ目の具体例は自分にも思い当たりますが、個人的な質問を振られたときの対応など、あまり事前に準備するわけにもいかないような場合に、戸惑ってしまいます。そのようなことを改善するSSTであれば自分のニーズに合っていると思います。


 


では、宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結局、相談者様が受けられたSSTは、相談者様にとってはレベルが低いものであったというこのなのであろうと推察いたします。
最初の、目標設定からして、相談者様のレベルに合っていなかったのではないでしょうか。

SSTは保険診療の対象となるので、少なからぬ医療機関で行っていますが、デイケアや作業療法との明確な線引きがなされておらず、退院して、外来で自宅内適応できるくらいを目標に設定されることがほとんどです。

相談者様のように、ご家族以外の他者と、表面的にでもよいので良好な関係を築くためのスキルを得たい、というニーズをお持ちの患者様のご希望に添えるSSTを行っている施設はあまり多くありません。

レベルがある程度保障されているのは、SST普及協会の認定講師が在籍する施設です。しかし講師の数自体が多くありませんし、このリストに載っている講師がいる施設が、すべてSSTを行っているというわけではありません。
お近くに、講師がいる施設があるようなら、SSTを行っているかどうかを電話で確認し、空きがあれば参加させてもらう(これには転院手続きが必要な場合もあります)のが、正攻法であるとは言えます。

【SST普及協会 認定講師氏名一覧】
http://www.jasst.net/top/lecturer_list

も う一つの方法は、SSTを飛び越えて、精神障害者社会適応訓練(職親制度)を利用することです。SSTと職親制度の間には若干のギャップがあるのですが、 そのギャップを埋めるインフラが無いために、多少の冒険をして職親精度の中で、接客業を斡旋してもらうという方法をとらざるを得ない場合があります。
これには、保健所を通して職親を紹介してもらう方法と、全国精神障害者就労支援事業所連合会を通す方法とがあります。

例:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sd-hohuku/syakaitekioukunren.html

【全国精神障害者就労支援事業所連合会(旧称:全国精神保健職親会連合会)】
http://vfoster.org/

相談者様のご希望を満たすような訓練機会は日本では限られ、かなりストライクゾーンは狭くなるのが、残念ながら現状だと言えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました。


色々と新しい知識を得られて嬉しく思います。


自分のニーズに合ったSSTはそう多くないと知り、残念に思いましたが、いま自分の利用している作業所やデイケアでも、利用の仕方によっては自分のニーズを満たすことができるのかも知れないとも思いました。


作業所やデ イケアでは、作業や活動そのものの提供しかないというか、頻繁にその作業や活動をゆっくり振り返る場がありません。随時、相談は受け付けていると思いますが、自分の望むような定期的かつ継続的な相談、しかもカウンセリング的な問題解決志向の建設的な相談はしていないと思います。その辺りが自分にとってはアンバランスに感じる部分です。それがあれば何もSSTでなくてもかまわないのですが、その相談の部分はいま自分の通っているクリニックの臨床心理士とのカウンセリングで補うしかないでしょうか?ただそのカウンセリングは月に一回なので、回数が少なく、自分の問題の速度にぜんぜん付いて行っていません。カウンセリングの回数を増やすしかないでしょうか。金銭的な問題もありますが・・・。また、臨床心理士(未来志向型・問題解決型のカウンセラー)は、SST的な問題解決の技術や知識はあるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、「臨床心理士(未来志向型・問題解決型のカウンセラー)」だからといって「SST的な問題解決の技術や知識」が豊富であるというわけではないと思います。一定の知識はあるでしょうが、技術や、なにより環境が整いません。

カウンセリングの回数を増やすにしても、1回のカウンセリングの時間は全生活時間に比べれば微々たるものですから、これを月1回から2回に増やしたところで大きな違いにはならないでしょう。

「頻繁にその作業や活動をゆっくり振り返る場」「定期的かつ継続的な相談」ということになりますと、ある程度、生活の中でそれを行えるような環境作りが必要になるでしょう。
その意味では、前述の職親精度(雇用主に病気に対する理解があるなら、普通のアルバイトでもかまわないのですが)等を利用して、一般の人間関係の中で自ら問題解決志向・建設的に考えることを繰り返しながら、カウンセリングで軌道修正をしていく方向を考えられたほうが相談者様のレベルには合っているように思えます。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問