JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kerosukeに今すぐ質問する
kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

とても近しい人が,パニック→躁鬱になりました。この1.5ヶ月ほとんど寄り添っています。 相手のパニックが治まったた

質問者の質問

とても近しい人が,パニック→躁鬱になりました。この1.5ヶ月ほとんど寄り添っています。
相手のパニックが治まったため,軽く馬鹿にされたような言い方のときが増えました。
普段は相手への気遣いが非常にあり,ものごとははっきりと口にするほうですが,情の深い性格で,おおらかです。
以前と性格が変わってしまったことは,躁鬱に起因するものだと理解していますが,自分はどのように考えて接すば良いでしょうか?
解りにくい文章で申し訳ないです。急ぎませんのでご回答よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
すみません。一つ教えて下さい。

リーマス(躁のとき)とお書きですが、
躁じゃない時は飲まなくなると言うことでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
相手は、欝の時は服用しないように指示を受けています。
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.

え?それは何でですか?そんなことしたら、繰り返すでしょ。当然のことです。

 

日本うつ病学会が発表した双極性障害、つまり躁うつ病のガイドライン、つまり治療の教科書がネット上で見ることが出来るのでそれをご参照ください。教科書通りの治療がされていない可能性があるので、それを主治医にはっきり伝えたらどうでしょうか。

場合によっては主治医を変更する必要があるかも知れません。

 

http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120331.pdf

質問者: 返答済み 4 年 前.


すみません。混乱を招くような書き方なので,自分をA,相手をBとします。

Aは以前より軽い躁鬱で,リーマスの服用は2月から継続。

Bは3/1よりパニックになり,月末に多少落ち着きました。躁状態になったのは,4/3より初めてで,4/6にリーマスの服用開始。4/11に初めて鬱に入り,リーマスの服用の中止を4/12に指示。4/15に混乱状態が一度発生し,4/16にリーマスの服用を再開。その後は躁状態に移行中です。

AがBに寄り添って面倒を見るため,Aは躁状態継続 (多分)。Bは,躁から鬱に移行するとき,鬱の始めに,頻繁に攻撃的な言葉が多く出るようになります。(Bに自覚有)。特に,Bの子供とAに対してです。(Aの子と他人にはあまり見られない)

治療中のBに対して,記憶障害については理解できますが,攻撃的な言動は,Aの状態にあまりよくありません。しかし,危険な状態であるBを放置できないため,Bに接する際の対応策をお教えください。

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
すみません。もう少し整理をする必要がありそうです。

Bが攻撃的な言動をするのは躁からうつに移行する時、そう理解してよろしいのでしょうか?であれば、今は躁状態に以降しつつあるので、そんなに攻撃的な言動は出ないと言うことになります。それで良いでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
Aの主観的な感想では、そうだと思います。同じことでも、否定的な言い方では無くなりました。薬が効いているのか、基質的な性格なのかは分かりません。気分で、自由な発言をすることは以前からありましたが、今回のように、否定し続け、攻撃的な言動が続く、ということは、無かったように思います。
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
なるほど。
であれば、うつ状態になった時にリーマスをやめる、と言うのをとにかくやめてもらうことだと思います。リーマスは躁うつ病のうつ病相に効果がある薬の一つであり、やめることで病状は確実に悪化するでしょう。

もし、うつ状態になって本人が攻撃的になったとしたら、Aさんが何とかするというのは難しいと思います。距離を取られることをおすすめします。薬物療法的なことは先日お伝えしたガイドライン通りです。きっちりとした治療をまず、主治医にしてもらうことが先決と存じます。
kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
主治医と話合い、まだ通常の生活をBが送れるようになるには時間がかかることもあり、お互いが長く付き合える生活を、お互いに考えるようにすることにしました。
同じ家に居ながら、距離をとりつつ、やっていこうと思います。
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
状況が良い方に向かうことを願っております。

精神科 についての関連する質問