JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

私は、23年前にパニック障害になり、デパスを23年も服用してました。6年前に、うつ病も併発し、徐々に薬が増えました。

質問者の質問

私は、23年前にパニック障害になり、デパスを23年も服用してました。6年前に、うつ病も併発し、徐々に薬が増えました。5年前から廃人のような生活となりました。昨年の11月から、デパケンR、アキネトン、リスパダール、ヒルナミン、ヒベルナ、トレドミンをやめ、今年の1月にデパス、2月にロヒプノール、3月にコンスタンをやめました。今は、寝る前のアモバン、レンドルミンのみを服用しています。薬をやめてから、酷い離脱症状、依存欲求に悩まされています。離脱症 状として、口の中の痛み、シビレ、まひ。それからくる顔面痛、頭痛、めまい、不安感、のどのつまり、です。起きている間はずっと続くので、かなりの体力、気力が必要となります。そのために、睡眠薬に頼って睡眠だけは確保しています。ここまで減らすと、あまりに辛いときに何を服用したら楽になるのかすら分からなくなり、絶望的になってます。元には戻れず、先にも進めず。痛みと疲れから、4ヶ月で17キロも痩せてしまいました。夫から、壮絶で見ていられないから薬を少しは飲んだら?と言われます。主治医は、長年に渡り、大量多剤処方をしたので信頼関係はありません。断薬専門の医師の受診もしましたが「甘い」と言われました。未だに、原疾患のパニック障害は治っていません。乗り物などには乗れません。長くなってしまい、申し訳ありません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

「断薬専門の医師」というのはどういう医師ですか? 薬物依存の専門外来ですか? 「甘い」とはどういうことでしょう?

パニック障害が治っていないのにパニック障害の治療を受けられていませんからパニック障害は治りませんが、これはどうするおつもりなのでしょう?

「昨年の11月から、デパケンR、アキネトン、リスパダール、ヒルナミン、ヒベルナ、トレドミンをやめ、今年の1月にデパス、2月にロヒプノール、3月にコンスタンをやめました」とのことですが、これは自己判断で自己中断したのですか?

ご質問になりたい事項を箇条書きにしていただけませんでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

精神科 についての関連する質問