JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kerosukeに今すぐ質問する
kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

お尋ねします。 40歳既婚女性、娘のことでご相談申し上げます。 てんかん発作の後遺症なのか、精神的な要因なのかよ

解決済みの質問:

お尋ねします。
40歳既婚女性、娘のことでご相談申し上げます。
てんかん発作の後遺症なのか、精神的な要因なのかよく分かりませんが、短期記憶障害で困ってます。
これまでの経緯
昨年、平成24年4月3日、けいれん重責・転倒打撲挫創・外傷性・くも膜下出血とその後の精神状態に対して入院加療治療を実施。
退院後、心療内科でデパケン800mg分2とリスパダール2錠分2の処方を継続した結果、どんどんよくなって通常に近い生活が出来ていた。それでも短時間の強直性のけいれんが月1回前後でていたかもしれない。調子がよいと自己判断し、8月末以降通院・内服も中断(抗てんかん薬も)していた。車や自転車の運転もしていま した。 平成24年12月23日、いつもと違う間代性けいれんが生じ、しかも、1時間以上持続したため家族により救急搬送される。けいれん重積・意識障害にて入院する。1月17日退院する。その後以前診てもらっていた心療内科にて観察治療をしてもらっています。現在にいたるまで、発作もなく、原因不明の微熱もなくなり、体調もよくなってきましたが、短期記憶が戻らず、「年月日」、「自分の年齢等が即答えられない状態」、1時間前のこともすぐ忘れる日々が続いています。
 平成25年3月19日、脳神経外科にて、MRIを撮影、結果、脳こうそく、脳出血は異常ありませんでした。ただ、脳の委縮が若干、(同年代の人と比較して)あるとの所見でした。現在、心療内科に通院していますが、てんかん発作の後遺症か、精神的なものなのか分からなくて、しばらく様子を見るとのこと。短期の記憶障害を回復させるには、このままの医療方法でいいのかまた別のいい方法がないかお尋ねします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
いくつか質問させて下さい。

1:娘さんの年齢を教えて下さい。
2:現在の内服の種類と量(mg)を教えて下さい。
3:もしわかれば、脳波検査の結果も教えてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

1:年齢は40歳既婚です。

 

2:デパケン800mg,を朝2錠。夕2錠服用しています。

 

3:脳は平成25年1月16日退院時点ではてんかん波は消失しているとの所見です。以後は検査はしておりません。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
であれば、頭部外傷後の高次脳機能障害の可能性が最も高いと思います。
知能検査とかは受けておられませんか?
質問者: 返答済み 4 年 前.



早速のご回答ありがとうございました。


ご質問の知能検査はうけておりません。


初期投稿にも書いておりますが、


昨年、平成24年4月3日、てんかん発作、けいれん重責・転倒打撲挫創・外傷性・くも膜下出血とその後の精神状態に対して入院加療治療を実施しましたがCTで確認したところ退院時、外傷性の脳の障害はないということでした。


その後の日常生活は普通に送っていました。


この短期記憶障害は2回目の発作入院以降悪くなってきたようです。これは1回目の入院時の外傷性・くも膜下出血の後遺症と考えていいのでしょうか。


今後の治療法はどうしたらいいでしょうかお伺いします。


専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.

なかなか難しいですね。

CTで外傷性の脳の障害がないことは証明できません。

MRIの方が感度は高くなりますが、それでも万全ではありません。

それらで証明するには、それらの検査に映るだけの大きさが無いといけませんので、

たとえば、膜状に障害がある場合とかは、映りにくかったりします。

最初のてんかん発作重責がなぜ生じたのかもよくわからないのですが、

てんかんがしっかりとコントロールされているにもかかわらず症状が持続するのであれば、

外傷に伴う高次脳機能障害である可能性が高いと思います。

私は診察したわけではないので確定的なことはまったく言えませんが、、、

なぜ、こんなに言葉を濁すのかというとですね。

実は高次脳機能障害は、治らないんです。

まずは知能検査をして、残存する知的機能を評価して、大丈夫なところを使って、

痛んでるところはかばって、生きていく、そのためのリハビリテーションはあるにせよ、

治癒することはありません。

ですので、正直相談に乗ってる私の気分としては、

私の言っていることが間違いで、実は別の理由が記憶障害の原因としてあること

それを祈ってしまいます。

申し訳ありません。あまり参考にならないお答えでした。。。

kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問