JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

39歳の息子が統合失調症と診断されて入院して一年と四ヶ月以上になります。 この間3回ドクターに面接して療養状況を尋

解決済みの質問:

39歳の息子が統合失調症と診断されて入院して一年と四ヶ月以上になります。
この間3回ドクターに面接して療養状況を尋ねましたが3回とも慢性期になっているので
悪い状況で退院予定は未定だとの返事でした。本人にもそのように言っています。
今月の入院請求書を見ると電気痙攣療法を一回行っています。本人と面会に行っても会話も動作も
一般人と変わりなく見えるのですが、電気痙攣療法が必要なんでしょうか。
電気痙攣療法とはどのような治療ですか家族に説明がないので教えてください
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

不思議に思える点がいくつもあるので少し補足情報を下さい。

ご子息が入院しているのは私立の精神科病院ですか?

ぱっと見、病院の外装や内部はきれいですか? 病棟に入ると特有の臭気を感じたりはしませんか? 職員の接遇には満足されていますか?

ご子息は、ご両親が保護者になっての医療保護入院をされているのでしょうか。

なぜ「薬剤の詳細はわか」らないのでしょう? 主治医に確認されたことはありますか?

 

「一般人と変わりなく見えるのですが、電気痙攣療法が必要なんでしょうか」というご質問は主治医にはされていないのでしょうか。

そもそもどういう理由で入院になったのでしょうか。

「一般人と変わりなく見える」とのことですが、であれば、退院していただいて、家で生活が可能そうでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.

私立の精神科の院で内装外装は建築後間も無い様ですので清掃も清潔にみえます。臭気はは有りませんし、職員の接遇もふつうです。


病院と私の自宅は遠距離で月に一回面会に行くのですが、電気痙攣療法


も病院行く前で入院代の請求書で知ったのでまだ主治医には聞いて無かったです。薬剤の詳細も聞いていません。そのようなことは家族には事前の説明はされないのでしょうか。ソーシャルワーカーによりますと家での生活は難しいと言います。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

繰り返しになりますが、いかのご質問にもお答えいただけますか?

ご子息は、ご両親 が保護者になっての医療保護入院をされているのでしょうか。

なぜ「薬剤の詳細はわか」らないのでしょう? 主治医に確認されたことはありますか? 

「一般人と変わりなく見えるのですが、電気痙攣療法が必要なんでしょうか」というご質問は主治医にはされていないのでしょうか。そもそもどういう理由で入院になったのでしょうか。

追加で質問です。

ご子息ご自身に対しては電気痙攣療法の説明はなされ、文書による同意の上で施行されたのでしょうか。

電気痙攣療法がどのような治療か、インターネットなどでお調べになりましたか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
さらに追加で質問させて下さい。

電気痙攣療法の請求額はおいくらでしたか? 麻酔料という項目はあったでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

精神科電気痙攣療法(その他)150点 一回となっています、麻酔科の項目は有りませんです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

繰り返しになりますが、以下のご質問にもお答えいただけますか?

ご子息は、ご両親 が保護者になっての医療保護入院をされているのでしょうか。

なぜ「薬剤の詳細はわか」らないのでしょう? 主治医に確認されたことはありますか? 

「一般人と変わりなく見えるのですが、電気痙攣療法が必要なんでしょうか」というご 質問は主治医にはされていないのでしょうか。

そもそもどういう理由で入院になったのでしょうか。

ご子息ご自身に対しては電気痙攣療法の説明はなされ、文書による同意の上で施行されたのでしょうか。

電気痙攣療法がどのような治療か、インターネットなどでお調べになりましたか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


父親私が保護者での保護入院です、薬剤の詳細は確認していません、また電気痙攣療法もこの度の請求が初めてのとで請求がきて知りましたので主治医にきいていません、病院は遠方なので行くのは月に一回です。


主治医にうかがうことも前後になっています。


息子が文書による同意をしたかどうかも確認できていません。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
了解しました。

少し込み入った回答になります。

大変恐れ入りますが、夜間帯に回答させていただいてよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


了解しました、よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
お待たせしました。

ご子息への電気痙攣療法(以下ECT)の実施については、大きく3つの問題があるように思われます。

1つは、そもそもECTを行う必要があったのか、という「適応」の問題です。
一般に、ECTが行われるのは、以下のような場合です。

第1選択 薬物療法より先にECTを選択すべき場合

 1. 緊急性 (うつ病の自殺念慮、自殺企図)

 2. 安全性 (他の治療法より安全と思われる時。悪性症候群の既往がある場合など)

 3. 有効性 (薬物抵抗性でECTの有効性が既往歴で確認されている場合)

 4. 患者の希望 

第2選択 ECTを考慮しなければならない時

 1. 十分な薬物療法でも効果が見られない

 2. 薬物療法より副作用が少ない時

 3. 患者の状態が悪化しつつある時

http://square.umin.ac.jp/tadafumi/ECT.html より引用)

統合失調症の場合は、興奮が激しい場合、激しい幻覚・妄想のために自傷他害の恐れがある場合が絶対適応になりますが、「会話も動作も一般人と変わりなく見える」のであれば、少なくともこの絶対適応ではなさそうです。
一方で、「慢性期になっているので悪い状況で退院予定は未定」とのことでもありますので、上記第二選択(相対適応)の「1. 十分な薬物療法でも効果が見られない」ことを理由にECTを行った可能性はあります。
しかし、ECTは通常、複数回をまとめて行うことで効果を発揮しますから、1回しか行われていないECTには、あまり意味が無いように思われます。

項を分けて第2、第3の問題について述べます。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
2つ目の問題は安全性です。

ECTは頭部に交流電流を流して全身に痙攣を起こさせる方法がかつては実施されていましたが、近年では多くの施設で、麻酔科医の呼吸管理のもとに筋弛緩薬を用いて痙攣を起こさずに、それと同様の電気的興奮を脳内に起こして同等の効果を得る修正型電気痙攣療法が主流になりつつあります。

単純にご子息が入院している病院には麻酔科医がおらず、この病院でECTを行う場合には、骨折や脱臼のリスクがある旧法を用いているのだと思われますが、これは上記の「適応」の問題や後述する「インフォームド・コンセント」の問題と合わせて、慎重に検討されるべきでしょう。

(つづく)
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
2つ目の問題は「インフォームド・コンセント(説明と同意)」です。

実のところ、日本では、電気痙攣療法を行うに当たって、患者様やそのご家族からインフォームド・コンセントを得なければならないという法的な規制はありません。

ECTは客観的に申し上げて安全性は高い治療法ですが、イメージが悪いこと、また上述したように旧法では骨折・脱臼のリスク、新法では麻酔リスクがあることから、8割以上の精神科病院では文章による説明と同意を得ていると報告されています。
医療保護入院の場合、保護者であるご家族に、治療法とそれを行う理由の説明がなされ、文書に署名・捺印する形での同意を得ることが大半です。
https://www.jspn.or.jp/journal/symposium/pdf/jspn107/ss391-395.pdf

従いまして、ご子息のケースは、ECTが必ずしも必要とは思われない状態に対して、リスクが高い旧法で、医療保護入院の保護者のインフォームド・コンセントを得ずに行われたという三重の倫理的問題があるのです。

お薬に関しても十分な説明を受けられていないようですから、今後のことを考えても、主治医に詳細な説明を求められ、何か治療に変更が加えられる場合には、電話でもよいので事前に家族の了解を得てくれるよう主治医に求められるべきでしょう。

ただし、これほど長期の入院を引き受けてくれる精神科病院は昨今少ないですから、「そこまで仰るのなら退院していただきますので、ご自宅でご子息の面倒を看てください」と言われて困るようであれば、穏当な言葉を選んで主治医とお話をされるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問