JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kerosukeに今すぐ質問する
kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

家裁の調停委員をしています。 出産のときに統合失調症を発症した女性からの調停申立です。 子どもは2歳弱になります

解決済みの質問:

家裁の調停委員をしています。
出産のときに統合失調症を発症した女性からの調停申立です。
子どもは2歳弱になります。夫及び夫の両親が、相談者による育児は危険であるとして子どもを取り上げているため、相談者本人は育児をしたくても出来ないと言います。
本人は育児能力はあり、育児に支障がないといいます。
このことについて、質問です。(*1)
1、育児能力の程度を精神科医は診断することが出来るのでしょうか
2、統合失調症の女性の育児、育児能力に関する (素人にも分かり易い)文献があれば、教えてください。(*2)
3、統合失調症の女性が育児をする場合の留意事項をお聞かせください。
お手数ですがよろしくお願いします。

(*1)同一敷地内に住む夫の両親の協力及び支援があれば、相談者本人が主体的に育児することも可能なのかな、子どもにとっては、両親が育児する、両親の愛情が必要だと言う一般的な見方から思うところです。
現在、相談者の育児を拒否している夫の両親の理解を得るような調停進行を描いています。
ただし、その可能性の根拠はありません。

(*2)次の書籍は読みました(正確には目を通しました)
『シック・マザー』岡田尊司著、『母子と家族への援助』吉田敬子著、『子どもの心の診療シリーズ 1 子どもの心の診療入門』、『育児不安の発生機序と対処方略』輿石薫著、『家族のための統合失調症入門』白石弘巳著、その他
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.

お答えさせていただきます。

 

1:育児能力の程度を精神科医は、診断しなければなりません。

  なぜなら、精神科医にしか法律上その権限はないと思いますので。

  しかし、精神科医の診断は絶対的なものではありません。

  もしある医師が、「育児能力なし」と判定しているのであれば、

  別の医師に「育児能力あり」と判定してもらって、その根拠も明確にしてもらう。

  その必要があろうかと思います。あるいは「育児能力なし」と判定した根拠を

  否定してもいいかもしれません。

2,3:これについては学会にお問い合わせになればいいのではないでしょうか。

  日本心理教育・家族教室ネットワーク  http://jnpf.net/

    ここは私が会員です。

  日本家族研究・家族療法学会 http://www.jaft.org/

  日本統合失調症学会 http://jssr.kenkyuukai.jp/special/?id=4746

 

ご提示いただいているのはアンチスティグマの問題だと思います。

統合失調症患者に対する家族の対応という点に関しては、

1番、2番

統合失調症の網羅的な知識という点に関しては

3番が適切な問い合わせ先かと思います。

 

争点になるのは統合失調症の症状がどれくらい現在残存しているのかという点についてです。私には残念ながら実体験としてはご指摘のような体験をしたことがないので何とも言えません。(知識はあるのですが、裁判や調停で争えるほど確固たるものではありません)

 

中途半端なお答えで申し訳ありません。

kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問