JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山指名 先日はありがとうございました。現在睡眠剤もだいぶ減らし寝ることができております。服用は以下の通りです。

解決済みの質問:

猫山指名

先日はありがとうございました。現在睡眠剤もだいぶ減らし寝ることができております。服用は以下の通りです。


1、エスタゾラム:2錠
2、セロクエル:2錠


でも夜9時~9時半に就寝し一度は7時に目は覚めるものの体が動かず、又1時間寝てやっと動けるようなります。後少しのところなのですが、二つの睡眠剤のうちどちらを減らせばよいでしょうか? 宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご指名ありがとうございます。

処方はずいぶんとすっきりしましたね。

前回のご質問にお答えしたのが4月1日ですが、スカルナーゼとニトラゼパムはどういうタイミングで中止されましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

スカルナーゼは1日の夜から服用を止め、ニトラザパムは半分に割って1/2を2日間服用、3日の夜から服用を止めて今に至っています。

セロクエルは2錠のままです。

 

 

今は睡眠剤が無くても眠れるような気がしますが、ベンゾジアゼピン系の薬はいきなり服用を中止するとリスクがかなり高いことを教えて頂きましたので、再度先生にご相談いたしました。

 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

一般に、お薬が体内から消失するのには半減期の5倍の時間がかかるとされています。
前回の回答で述べたように、

1、スカルナーゼ:122時間
2、ニトラゼパム:28時間

が両剤の半減期です。
スカルナーゼが身体から抜けるのには122×5=610時間≒25日、
ニトラゼパムが身体から抜けるには28×5=140時間≒6日
がかかることになります。

現時点では、相談者様の体内には両剤の成分がまだ残留しており、何らかの影響を及ぼしている可能性があります。
プラスの効果としては、ベンゾジアゼピンの離脱症状を防ぐ方向に働いているかもしれません。
マイナスの効果としては、「一度は7時に目は覚めるものの体が動かず、又1時間寝てやっと動けるような」状態の一因になっているかもしれません。

早いペースでお薬を減らしていきますと、どのお薬を減らした(止めた)ためにどのような変化が起きたのかが分からなくなってしまいますから、減量のペースは少し抑えられた方がよろしいかと存じます。
少なくとも、眠剤であるニトラゼパムの影響が消失する来週頭まではこのままの服薬内容で様子を見られた方がよろしいかと存じます。

週が明けても現在と状態が変わらなければ、エスタゾラムを1錠にして1~2週間様子を見て、離脱症状や反跳性不眠が起こらなければさらにエスタゾラムを0錠にし、さらに1~2週間様子を見て問題が無ければ今度はセロクエルを1錠ずつ減らしていくのがよいでしょう。

最終的には、就寝前に眠剤は全く飲まずに眠れ、たまに眠れない時に頓服で軽い眠剤を飲めば済む程度になることを目指されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先生返信有難うございました。


スカルナーゼが25日、ニトラザパムが6日も体の中に残留しているとのお話正直びっくりいたしました。素人考えでは24時間以内で排泄されてしまうものかと思っておりまし た。主治医の先生もそのようなお話はして頂けなかったので、こんなにも薬漬け状態になっているなんて、今回かなりショックを受けました。もう私は発病してから数年、今の先生に診てもらうようになってから二年前後、睡眠剤の量が増えだしたのがここ半年あまりです。中途覚醒がおさまらず主治医に相談していくうちにどんどん睡眠剤の量が増えていきました。時間はかかると思いますが、睡眠薬に頼らずに眠れるようになりたいと思いますので、先生しばらく見守っていただけますか?


宜しくお願いいたします。


 

精神科 についての関連する質問