JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

一日一回寝る前リスペリドン0.15g 服用で統合症といえるか

質問者の質問

一日一回寝る前リスペリドン0.15g 服用で統合症といえるか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

結論から申し上げると、いただいた情報からだけでは回答は困難です。

「リスペリドン0.15g」というのは粉薬のリスペリドン(リスペリドン1%細粒)0.15gのことだと推察しますが、これはリスペリドンの含有量としては1.5mgに相当します。

リスペリドンの統合失調症に対する用法・用量は、「通常、成人はリスペリドンとして1回1mg1日2回より始め、徐々に増量する。維持量は通常1日2~6mgを原則として1日2回に分けて経口服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。但し、1日量は12mgをこえないこと」と定められていますが、軽症の患者様や薬物への反応性が高い統合失調症患者様では、1日1mg程度のリスペリドンで十分に症状がコントロールできる場合もございます。

また、精神科領域では適応外処方といって、厚生労働省が承認した適応症以外の疾患や状態に対する向精神薬の使用が比較的おおらかに行われる傾向があります。
例えば、頑固な不眠に対して、抗精神病薬であるリスペリドンが低用量で用いられることもあるのです。

従いまして、リスペリドンの用量が2mgを下回っているからといってそれを服用されている方が統合失調症ではないとはいえませんし、リスペリドンを服用しているからそく統合失調症患者様であると言えるわけでもないのです。

少し補足情報を下さい。

この、リスペリドン1.5mgを服用されている方と相談者様のご関係を教えて下さい。

今回のご質問の意図を教えて下さい。

そもそも、この、リスペリドン1.5mgを服用されている方は、どのような経緯でリスペリドンを服用されるようになったのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

精神科 についての関連する質問