JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14316
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3月から職場がかわりました。 わからないことだらけで毎日必死です。徐々に・・・と最初は思っていても周りのスピードが

解決済みの質問:

3月から職場がかわりました。
わからないことだらけで毎日必死です。徐々に・・・と最初は思っていても周りのスピード が早く自分の中で消化できなくなり、気づいたら頭が回らず簡単なことも出来なくなってしまいました。
上司から指摘をされればされるほど、自信もなくなり何をやっていいのか自分でわからなくなってしまいました。
今まで出来ていたことやわかっていたことも出来なくなったり人にうまく伝えられず、
周りにも迷惑をかけていることはわかっていますが、自分でもどうしたらいいのかがわかりません。

最近、寝付けなかったり、夜中にも目が覚めてしまい憂鬱になり眠れなくなってしまったりします。

鬱病のはじまりでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。


実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

まず、これに関して確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.

13点でした。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。


インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける13点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

 

うつ病だとすれば、中等症ですから、すでにうつ病の「はじまり」という段階は過ぎていると思います。

職場を替わられたばかりで休職というわけにもいかないでしょうが、お仕事をしながら、外来で治療できるぎりぎりのところかと思われますので、お早目に精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


 


精神科・心療内科と聞くと行きずらい感じがありますが、外来で治療できるぎりぎりと聞くと行ってみようと思います。


 


どのように行ったらいいのでしょうか?


精神科・心療内科がある病院を探して、受付で症状を伝えればいいのでしょか?


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
精神科・心療内科だからといって特に構えられる必要は無いと思います。

ただ、精神科疾患は、血液検査や画像検査で診断が付くものではなく、問診が全てと言っても過言ではありません。
一方で、精神科・心療内科はどこも混みあっていますから、要領よく病状を伝えられないと、正確な診断や治療を受けられない場合もありえます(良心的な精神科医ならば初診患者様には時間をとって、丁寧に問診をしてくれますので心配は無用ですが)。

これまでの経緯をメモしたものを持参して、診察医に渡せば、問診の時間の節約になります。今回のご相談の、最初のご質問文をプリントアウトされていくとよろしいかと存じます。
また、先に私がリンクを示した、QIDS-Jのリンク
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf
をプリントアウトして、改めて点数をつけたものを見せれば、問診の抜け漏れを防ぐことが出来ると思います。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問