JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

突然極度のあがり症となってしまいました。以前は何ら問題は無かったのですが、突然にスピーチ中に動悸が激しくなり言葉が出

解決済みの質問:

突然極度のあがり症となってしまいました。以前は何ら問題は無かったのですが、突然にスピーチ中に動悸が激しくなり言葉が出なくなりました。
それがトラウマとなっているようで、人前で話すときはあがりが再発します。治療方法として何かあれば教えて頂ければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

相談者様が困られている症状は社交不安障害によるものである可能性が高いと考えます。
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/02/0222.html
http://kokoro.mhlw.go.jp/over/000875.html

治療方法は行動療法と呼ばれる心理療法と、薬物療法を組み合わせて行われますが、診療時間等の兼ね合いもあり、薬物療法中心の治療となることが少なくありません。

薬物療法中心の治療に抵抗はおありでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。


薬物療法に抵抗はありません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

それでは、以下に社交不安障害(SAD)のポータルサイトを2つお示しします。
両サイトとも、SADを診療可能な医療機関の検索が可能です。

【SAD(社会不安障害・社交不安障害)総合情報サイトSAD NET】
http://www.sad-net.jp/

【社交不安障害(SAD)情報サイト】
http://utsu.jp/sad/

相談者様が「トラウマ」と表現されているように、SADの場合、公の場に出ると不安が高まる⇒そういう状況を回避するようになる⇒ますます人前に出ることが苦手になって、いざ冠婚葬祭などのやむを得ない事情で不特定多数の人と接触した場合に不安症状が強く出る⇒さらなる回避行動(たとえば退職、退学、引きもこり)に至る、という悪循環に陥りがちです。
そうした循環が既に生じかけている可能性もあるようですので、重大な決断はいったんペンディングにして、一刻も早く精神科/心療内科受診をされるべきと愚考します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問