JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

30歳女性です。 文章が大変長くなりました。かんじんの質問は1番下でそれまでは経過などです。 精神的に調子が

解決済みの質問:

30歳女性です。
文章が大変長くなりました。かんじんの質問は1番下でそれまでは経過などです。

精神的に調子が悪くなり、仕事を休みました。
山口県で住み込みの職場だったため、神奈川県の実家に戻りました。1週間休む予定で、長くても2週間で戻る予定でしたが戻れませんでした。

仕事 職場は共同生活でした
・職場の人とまともに接することができなくなりました。
・誰とも会いたくなくて部屋に引きこもる日が時々でてきました。
・誰かがいると思うと怖くて部屋から出られなくなりました。
・とはいえ仕事があったのですが、仕事の実務は1人でできる作業だったため、休みながら一人で少しづつ進めました。
・食事は朝昼晩と皆でしていましたが、人がいると思うと食堂に入っていけず、食事を食べたり食べなかったりになりました。
・インターンで体験に来る学生が1月末から何人か来たところ、まともに話すことができなくなりました。
・車に数人で乗って移動するのが密室で苦しく、30分で倒れそうになり、車に数人で乗って移動することができなくなりました。
・部屋で寝込んでいても仕事をしている人の声が1日中聞こえてくるのが苦しくなりました。
・元気で楽しそうにしている人が何で楽しいのか、なんで笑っているのか分からなくなりました。そういう声が聞こえてきるのも苦しくなりました。しかし私も少し前まで楽しそうにして笑っていたのですが、なぜ楽しかったのか思い出せなくなりました。
・私の不調について上司と話さなくてはならず、3回話し合いの場がありましたが、3回とも私がずっと泣いていてまともに話し合いをすることができませんでした。
・職場の人と仲が悪いことはありませんでした。皆良い人たちで、上司も親身に話を聞いてくださり元気付けようとアドバイスをくれました。誰とも揉め事などないのに誰とも接することができなくなりました。
・急ぎの仕事が終わったため、2月半ばに1週間実家へ戻るということになりました。

原因
・農業、畜産、建築、物流業、イベントなど現場があり、休みが少なく不規則だった。
・共同生活で、個室はあるが、出勤して仕事というスタイルでないため、家に帰って休む、ということができず精神的に休めなくなってしまった。

・恋愛トラブル。いろいろあったがおおざっぱにまとめると、昨年11月に失恋し、ショックが大きかった(話し合って別れるしかないとお互い合意していたのですが)。年明けに元彼が別の人とつきあい、遠からず結婚することを知り、更にかなりショックだった。それを知りながら1月末に元彼と会い、復縁を迫ったが無理で落ち込みました。
・半分は仕事、半分は恋愛が原因で、どちらかだけでも大丈夫だったはずが両方の不調が重なってしまった。


・これまで好きだったこと、音楽を聴く、畑仕事をする、登山する、旅行する、などが全く関心がなくなった。
・自分の中に何の欲求もなくなってしまった。楽しかったこと、生きがいや夢があったはずだがなぜそれを楽しいと感じていたのか思い出せなくなってしまった。空っぽになってしまった。
・別れた元彼への思いが断ち切れず寂しくて耐えられなくなってしまった。


2月半ばに実家に戻ってから
・親しい友人と会ったり、近場の外出、親戚に会う用事などをしていたが、それ以外は寝てばかりいた。
・毎日10時間~12時間くらい寝ていた。数日おきに眠れない日があり、朝まで起きて昼に寝るということがしばしば。
・親しい人以外に合うのは怖かった。友人と会うような約束も、気分のムラが激しくドタキャンすることも何度かあった。
・2週間目に大人数の集まりに行く予定がいけず、その後職場に戻る予定だったが戻れなかった。
もう1週間延ばしたが、3週間目も戻れなかった。
・仕事もしないで実家で休んでいるのが許せなくて、イライラや落ち込み、元彼の家が近いこともあり、実家にいるのがイヤになり、逃げ出したくてしょうがなって外出するが乗り物に長時間乗るような気力がなく、ネットカフェやホテルで泊まることがしばしば。
・4週間目にだいぶ外出でき、人の集まる場、色々な人に挨拶するような場にも行けるようになり、調子もよくなってきたが職場に戻る自信がなかった。
・これまでの自分は、休みの日に1日家にいることがまずないほど、時間を惜しんで外に遊びに行くのが好きだったが、時間があるのに遊ぶ気力が全然なくなった。

・かねてより考えていた車の免許(仕事でも必要だったため)を取ることになり、合宿で免許を取り、終わったら職場に戻ることにした。それだけの精神力、集中力、記憶力、体力、反射神経、判断力が戻ってきたのを感じたため、4週間目に合宿を探して決め、5週間目に合宿を始めた。
・この間、やってはいけない悪いことだと罪悪感を感じながら元彼と2回会い(その間元彼は新しい人と入籍していた)、会う度に罪悪感や寂しさや嫉妬で調子が悪くなっていた。
・4週間目で調子が良かったので達成感や爽快感で合宿を決めたが、決めてから落ち込みはじめた。3月後半など職場に戻っている予定なのに神奈川にいること、桜が咲き始めどんどん春になっていくのにあせり、桜が怖くて見れなくなった。しかしそこらじゅうに咲いている。

現在合宿3日目。
昨日眠れず、昼に空き時間が長いため昼に寝る。
車の運転は想像以上に神経を使って疲れ、学科の授業も想像以上にむずかしく、1日終わるとかなり疲れる。

半月で免許を取って、職場に戻ることが目標だが、免許取得に想像以上に神経、体力、精神力、記憶力を使い、無事にやりきれるかが不安。そして職場に戻りたいが戻るのが未だに怖いため、たとえ免許を取っても戻れるかが不安。
かなりゆっくり、行ったりきたりながら、ゆるやかに良くなってきていると思う。しかしまた落ち込んでつまづくかもしれない。

●質問
これまで病院には行っていませんでした。原因も分かっているし、休めば自分の力で良くなるはず(良くなりたい)と思っていたのと、どんな場所か良く分からないのと、薬を飲むのが怖い、などが理由です。しかしながら、自分の見栄や先入観より、目標のためにこれ以上挫折しないことの方が今は大事に感じ、病院の力もかりたほうがいいのかと数日前から思いはじめました。

・このような場合、精神科か、心療内科か、カウンセラーか、どこに相談するのがいいのか。
・初心でも薬を処方される場合はあるのか?(やはりできれば飲みたくない)

大変長くなり恐縮です。アドバイスいただければ幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

まず、詳細にご記載をいただいていますので、診断としてはうつ病である可能性が高いと考えます。

診断がうつ病であるという前提で申し上げると、カウンセリングだけでは治療は難しいと思います。薬物療法が主体になるでしょうし、通常は初診時からお薬が処方されます。
受診すべき診療科は精神科でも心療内科でもかまいません。これら2つは、現在のところ事実上同じ科だと考えられてよいでしょう。

うつ病の「原因」という言葉については整理しておく必要があると思います。
うつ病は脳の病気であり、うつ病になりやすい脆弱性を持った方が、一定以上のストレスに晒されるとうつ病を発症すると考えられています。
したがって、うつ病の「原因」といった場合はこの生来もっている脳の脆弱性を指し、発症のきっかけとなるストレスは「誘因」と呼びます。
また、どんなエピソードをどれくらいストレスフルに感じるかは人によって異なりますが、このストレス耐性を決めるのがご本人の性格であったり、養育環境によって後天的に獲得されるストレス処理能力ということになります。
つまり、脆弱性がなければうつ病にはならないし、脆弱性があってもストレス耐性が高い方はうつ病を発症しないし、ストレス耐性が高くてもストレスがあまりに過大であればやはりうつ病を発症する、という関係があります。
従いまして、相談者様が「原因」として挙げられたものは誘因ということになります。「原因も分かっているし、休めば自分の力で良くなるはず」というのは、従いまして、うつ病だった場合には当てはまりません。
石に躓いて転んで骨折した方が、石をどけたからといって治るわけではないのと同様です。

ひとつだけ、質問させて下さい。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になります。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.
猫山様
ご返答ありがとうございます。
上記のサイト の点数は12点でした。
なんとなく疲れがたまってるだけで病気じゃないと思ってましたが、やはり病気の可能性が高いのですね。原因は脳の状態というのは納得しました。
車は少し前まではかなり不安でしたが最近調子よいような気がして取りはじめてました。始めに受けた適性試験では心理テストや簡単な計算などでしたが
質問者: 返答済み 4 年 前.
すみません途中でした。
適性試験の結果は特に問題なしでした。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

行っていただいたQIDSは、うつ病のスクリーニングや重症度評価に用いる質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究などでも広く用いられています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける12点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが。

精神科のお薬を服用されることにご抵抗がおありなのはよくわかります。
しかし現状、うつ病の治療とは、特に中等症以上の患者様の場合は、イコール薬物療法と言ってもよく、少なくとも数ヶ月以上の期間、抗うつ薬を中心としたお薬を医師の指示通りに服用される必要があるでしょう。
利害得失で申し上げれば、薬物療法を受けられた方が(それが適切なものであるかぎりは)、患者様にとっての利益は大きいと考えられています。

カウンセリングを含む心理療法をご希望であれば、薬物療法と並行して、もしくは薬物療法である程度症状が改善した時点で、受けられることができますので、医師だけでやっているようなクリニックではなく、臨床心理士がいてカウンセリングも受けられる医療機関を最初から探されて受診されるべきでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

できるだけ早い時期に、精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問