JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

旦那が自己愛性人格障害の特徴にほぼ当てはまります。 私には子供が生まれてからモラハラ的な言動が多々あり、何をしても

解決済みの質問:

旦那が自己愛性人格障害の特徴にほぼ当てはまります。
私には子供が生まれてからモラハラ的な言動が多々あり、何をしても言っても自分の都合が悪いと責任転嫁して、最後には私が 悪いとされます。
ひどい時には病院(精神科)に行ってこいだの、わたしの父親にわたしがノイローゼだからと話したり、周りを自分の味方につけようとします。

一緒に生活してると、言いたいことも言えなくなるし、自信もなくなってきました。最近は小学生の息子も、父親がああいえばこう言うので言いたいことが言えず、一人でイライラしたり、物に当たったりすることが増えてきました。
旦那の怒りが達すると、怒り方が普通ではなく、恐怖感を感じます。
しかし、手を挙げられたことはなく、すべて言葉と抑圧的な態度で相手を
ねじ伏せるといった様子です。

気にさわることを言われると、その人が一番嫌がるやり方で反撃を必ずしてきます。

こんな旦那とどのようにストレスにならないように関わっていったらよいですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま す】


こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
ご主人がが自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)者であるという前提で回答しますが、特効的な解決方法はないでしょう。

人格障害は、「著しい性格の偏り」という程度の意味であり、狭義の病気ではありませんので、特異的な治療方法があるわけではありません。
「治療」を施す場合は、薬物療法を補助的に用いながら心理療法を行っていきますが、その目的は人格を矯正することではなく、その人格のまま当事者を何とか社会に適応できるようにすることです。
しかし、ただ心療内科に連れて行けばよいというものではなく、ご本人の治療意欲が必要です。ご本人が自分の人格の歪みを認め、向き合わなければなりませんので、「本人が傷つかずに、治療できる方法」はありえません。
お子様がおられるご年齢ですから、ご主人をこうした形の治療に導入することも難しいでしょう。

人格障害者に対する最善の接し方はできるだけ接しないようにすることです。

どうしても接するしかない場合は、以下の原則を頭に置いておかれるべきです。
パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか」という本からの抜粋ですが。

・相手の嫌な側面のことは一旦問題にせず、賞賛してあげる。そうやって認めてもらい、その上で相手の偉大さを傷つけないように助言してあげると耳を貸すだろう。
・自己愛性パーソナリティの人を動かすには義務や道理を説くより、不安や嫉妬心、功名心を刺激する。
・自己愛性パーソナリティの人は基本的に小心で、嫉妬深く、負けん気が強いので、さりげなく行動しなかった場合に生じる、不利益な事態に触れたり、競争心をつつくだけで、有効な動機付けとなる。

要するに、ムチは無効なので、ひたすらアメを使い続けるという方法になります。

事ほど左様に、人格障害者というのは扱い難い人々なのです。

法律的には人格障害者は100%の責任応力を有しています。
物理的な暴力を振るわなくともDV(ドメスティックバイオレンス)の定義は満たしますから、医学的なアプローチではなく、法律的な対処方法を模索された方がよいかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速の回答、ありがとうございます。


 


やはり対応策としては接しないことが一番のようですね。そして、法的な手段を使ってとなると、離婚が最善策なのかなと思えてきます。


 


施術の目標が社会に適応できるようにすることとあるので、旦那の場合はそれなりに役職にもついていることから当てはまらないのかなと感じます。


ただ一緒に働かれている方々は旦那のことをどのように感じているのかはわかりません。


 


でも、第三者から見て、人格の歪みの事実があるとわかるだけでも、わたしとしてはモヤモヤが少しは晴れます。


 


自己愛性人格障害の診断?はどの精神科や心療内科でも行っていただけるのでしょうか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございました。

社会に適応できるようにする、といった場合の「社会」は職場だけを指すのではありません。家庭生活も社会生活の一部です。

また、人格障害の場合、診断に時間がかかることがあります。ご主人だけが受診されても、診察場面では取り繕って医師はそれを見破れないかもしれませんし、ご家族だけが受診されても、伝聞だけの推測では診断はできません。ご主人と相談者様が一緒に受診されて、双方から情報を示す必要があります。
医師によっては、治るわけでもなく、そのように時間がかかる人格障害者の診療に初めから力を入れない者も、残念ながら少なくありません。
一つの目安としては、臨床心理士がいて、薬物療法だけではなくカウンセリングや心理検査に力を入れているような精神科医療機関であれば、人格障害の診断も適切に行ってもらえる可能性が高いと考えます。

精神科 についての関連する質問