JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は62才の男性です。 先日、彼女が長かった髪を切ったとメールが来ました。私は以前から女性の長い髪が異常に好きで長

解決済みの質問:

私は62才の男性です。
先日、彼女が長かった髪を切ったとメールが来ました。私は以前から女性の長い髪が異常に好きで長髪フェチと言えるかもしれません。

以前妻が腰まであった長い髪をバッサリ肩の辺りで切った時にはうつ状態になり、仕事も手につかなくなった経験があります。結局それが原因で妻とはセックスレスになり別れてしまいました。
怒りというか、悲しいというか、何にもする気にならず、只々落ち込んで胸苦しさだけが残ります。

今回は5年間付き合って、夜 の相性も良く愛し合っていたのですが、彼女が更年期に入り、気分転換にショートヘアーにしたのがショックで、会うこともできず心臓が締め付けられる様になり、苦しくてなりません。

彼女はこんな自分が理解できず、嫌いになったのかと攻められます。
自分なりに分析すると、母親が「とくと病」でカツラを常につけていたことを思い出します。風呂に入るときも寝る時もカツラをつけており、周りの人も気が付かなかったのですが、大好きだった母の秘密を見てしまい、子供心にショックを受けました。今も思い出すと胸が苦しくなります。
黒い髪は一本もなく、産毛のような白髪が数本張り付いているだけで、それがトラウマになってしまったのではないかと思います。

ですから愛する人の髪に対する執着が強く、妻にも髪を長くしてほしいとうるさいほどお願いをしてきましたが、倦怠期に入り相手に対する思いやりがなくなったのでしょう、不幸な結果になりました。

今回も彼女が髪を切ったことがショックで、会うことができません。メールで説明しても理解してもらえず、胸苦しさが続いています。

娘が二人いるのですが娘がショートにした時は何の反応も起きませんでした。
糖尿病でもあり、このような状態が続くと心筋梗塞になるのではないかと心配です。
アドバイスをお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

強迫性障害に近い病態であるように思われますが、たしかに他人に理解してもらうことは難しいでしょう。

「アドバイスをお願いします」とのことですが、離婚事由にまでなってしまう重症の、しかも数十年余にわたって続いている精神医学的問題を、相談者様を実際に診察できないインターネット相談で「治療」ことは困難です。

ご多忙とのことですが、ご記載からは、カウンセリングと薬物療法の両方を受けられる必要性が高いと考えます。それでも、症状を動かすまでに年余の時間がかかるかもしれません。

相談者様はこの相談で、どのような回答を希望されているのでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


一つは胸苦しさの解消をしないと仕事に影響するということです。


 


薬物療法で治療できるのならしたいと思います。


 


もう一つは彼女に理解してもらうのにはどうしたらいいのでしょう。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.


一つは胸苦しさの解消をしないと仕事に影響するということです。


 


薬物療法で治療できるのならしたいと思います。


 


もう一つは彼女に理解してもらうのにはどうしたらいいのでしょう。


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不完全.
医者に行く時間が無いのでネットで質問しています。

出来れば近くの専門医を教えて頂きたいのですが。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、相談者様の症状が薬物療法だけで治ることは無いと思います。
相談者様の長い髪に対するこだわりが、相談者様が考えられている通りに幼少時のトラウマに起因しているのであれば、カウンセリングを中心とした気の長い心理療法が必要でしょう。

胸苦しさ等の症状については、薬物療法が有効かもしれません。

人間が理解できる範囲には限界があります。
率直に申し上げて、相談者様の症状を、精神医学や心理学の素養が無い方に理解してもらうことは極めて難しいでしょう。
事情をすべて話してそれでも理解が得られないのであれば、その彼女様にそれ以上を期待されるべきではないでしょう。彼女様に非があるわけでは無いのですから。

医師だけではなく臨床心理士がいて、薬物療法と心理療法の両方を受けられる医療機関を受診されることをお勧めいたします。

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問