JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

76歳になる母のことで相談お願いします。 父に対しては毎日、怒りまくっています。母は自分がいつも正しいと考えて

解決済みの質問:

76歳になる母のことで相談お願いします。

父に対しては毎日、怒りまくっています。母は自分がいつも正しいと考えて、父のすることすべてに怒りまくっています。
私ともうまくいっていませんが、私は衝突しないように長い月日、付き合っています。正直、母に会いたくないです。

母は自分はいつも正しいと考えていて、母の考えに反論すれば怒ります。

子供の頃より、激しい性格の母を見てきています、でも、子供の頃 は、母の見方でした。
この表現は変なのですが、父のことを悪く言う母に洗脳されていました。子供であったため。

父と母の兄弟が一緒に事業を始め、会社を大きくしたのですが、兄弟の間の仕事上の衝突から喧嘩が起こり、その話を家庭に持ち込み、家庭もおかしくなり、毎日のように揉めてました。父も母も生きるためにつらかったのは、よくわかります。
そして、母が双方の間で苦しんでいたのは当然です。

それに加え、20年程前からの、弟の度重なる事業の失敗と離婚で母はおかしくなってしまったのだと思います。そして、その事すべてが父のせいだと考えているようで、恨みつらみの毎日です。
その頃から、一段と激しい性格になり、最近では一段と酷い状況です。腫れ物に触るような日々で、高齢の父が可哀想です。
母は先日も交通事故を起こしましたが、反省はその時だけで、父に対して、家族のために運転して起こした事故だと開きなおっています。

病院に連れて行きたくてもかなり手ごわい、興奮して暴れそうです。

母は外に対しては良い人、いい格好志で気前よく振る舞います。

父への態度はかなりなものです。昨年と一昨年、帰省の際も父が可哀想でした。

父は私の肩身が狭くなるから、夫に話すなと言うので話したことはありません。このままでいいのでしょうか。夫は頼りになると思います。夫は精神科の医師です
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝読する限りは、お母様が狭義の精神疾患を患われている印象は受けません。元来の性格+ストレスによるその先鋭化なのではないでしょうか。敢えて診断を付けるとすれば人格障害ということになりますが、これは性格の極端な偏りといった程度の意味です。

少し補足情報を下さい。

「病院に連れて行きたくてもかなり手ごわい、興奮して暴れそうです」とのことですが、相談者様としては、お母様に病院(精神科病院?)を受診させたいご意向なのでしょうか。相談者様としては医療に何を求められているのでしょう?

「父は私の肩身が狭くなるから、夫に話すなと言うので話したことはありません」とのことですが、お父様ご自身はこの問題についてどのようにお考えなのでしょうか。

ご主人に相談したら、相談者様は実際、肩身が狭い思いをされそうでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

母の姉と妹が二人統合失調症です。そのため、精神病の可能性を疑ってしまします。


穏やかな性格になるような方法があるのなら、そうしたいと考えました。


父は母のことは諦めています。ただ私にストレスがかかっていることを話すことで、少し気が晴れるようで、病院に助けを求めていません。


 


私の心配は父にかかるストレスと、母は興奮すれば高速道路を夜中に軽4で片道3時間の往復を走る程の人です。


なので、色々考えれば心配です。


 


父の心配は精神病に対する一般的な観念から、私への心配というものです。


 


すみません、このページを閉じた場合、Eメールでのやり取りもできますか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

濃厚な遺伝負因をお持ちのようですから、お母様にも統合失調症のいくつかの特徴は現れているのかもしれません(統合失調症患者様のご家族には変わった方が少なくないという印象は多くの精神医学従事者が抱いていると思います)。
とはいえ、「外に対しては良い人、いい格好志で気前よく振る舞います」とのことですから、お母様が統合失調症の診断基準を満たすことはなさそうに思われます。
偏った考え方、興奮のしやすさが精神病の症状に近いものなのか、純粋に性格的なものなのかは判じかねますが、対症的には抗精神病薬による鎮静を得られる可能性はあります。ただしそれは保険適応外の薬物療法ということになtってしまいます。

実際には保険傷病名を「統合失調症」にして保険診療で抗精神病薬を処方することは可能ですが、そうした治療を行うには、お母様ご自身に、ご自分の言動に問題があることを認め、自ら受診して服薬する「治療意欲」をもっていただかなければなりません。

ご記載を拝読しますに、それは容易なことではないように思われます。
このサイトでは、十分な病識(自分が病気だという認識)が無い本人をどうやって受診させればよいのか、というご家族からの相談をいただくことがしばしばありますが、ご本人のお人柄やご家族との関係を存じ上げないわれわれに、ぽんと、これこれこのように説得すれば受診させることができますよ、という助言がで きるわけもありません。
統合失調症で幻覚・妄想や興奮が激しい症例の場合を除いて、法的に受診を促す制度もございません。
受診までは、家族が何とかしなければならない部分なのです。

医療の介入を望まれるのであれば、ご主人ともよく相談されて、ご家族内で時間をかけてお母様を説得することが唯一の方策ということになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


母本人が言動に問題があることを認める、ここが最大の難関です。


 


自覚は無理だと思います。


 


先ほどまでは、躊躇して書けませんでしたが、夫は精神科の医師です。


この問題は長年話せずにいます。私が悩んでいることは知らないと思います。


 


この事をふくめて、すべての決断は私ということになるのですね。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

「夫は精神科の医師です」という情報は最初のご質問文中でいただいておりました。

ご主人に相談されればわかると思いますが、「すべての決断は私」では、実はありません。
むしろ何らかの決断をされるべきはお父様です。

例えば、ですが、お母様に医療保護入院(いわゆる強制入院)していただく事態になった場合、法的な保護者になるのはお父様です(これは法律で順番が決まっています)。

病院受診の説得をするにせよ、これも例えば離婚・別居の決断をするにせよ、主体はお父様になるべきです。
相談者様がお苦しみになられているのは理解いたしますが、ご主人の知識や協力も得て、お父様をいかに支えていくことができるか、という方向で考えられるべきでしょう。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問