JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kerosukeに今すぐ質問する

kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

回答ありがとうございました。 いくつか質問させてくだざい。 1.ノンアルコールビールは飲んでいいのですか。一昨日

解決済みの質問:

回答ありがとうございました。
いくつか質問させてくだざい。
1.ノンアルコールビールは飲んでいいのですか。一昨日からアルコールは飲んでいないようですが昨日ノンアルコールビールを1缶だけ飲んでいました。またさまざまな会合ではアルコールがつきもの。医師会の会合など必要なものはどのようにすればよいですか。私としては必要なコミュニケーションの場であればい行ったほうがよいと考えますが、以前も断酒はチャレンジしたことがありましたが失敗した今の結果があります。人と交流しなければさらに孤独になるような・・・・
2.断酒....とにかく一滴も飲まない!これにつきるのですね→家、クリニックの酒は破棄しました。
これはちなみに一生。これから人生において永遠の断酒しないと治らないということですか。
→私もなかまと集い飲むことはきらいではないので、断酒が永遠であればさみしい人生ですね。だからなにか彼も趣味をもたないといけないのでしょうけれど。
3.イネブラ―・・・調べまし た。今までも何度も離婚の話も提案しましたし、両方の親、兄弟もこのことは承知のこと。実父からアルコールをやめる内服薬をのみ娘や孫を泣かせるようなことがないよう先日言われております。しかし彼の兄弟の対応は....
いくら兄弟といえども50歳をすぎた大人に。また今では距離が離れて住んでいる弟にあれこれいうかかわりは今までの兄弟のかかわりからは言えないと。また依存症と思えないらしく、弟が家で晩酌を楽しめない雰囲気をわたしが作っているのでは?また離婚なんてできるわけがないでしょ・そんな弟でも医者である限り、収入面であなたがいくら働いても今後3人子供をやしなっていけないのだから、正論ばかりはいてもしょうがないでしょ!の考えでした。
しかし、今回は夫にもいいました。今回断酒できなければ離婚だと。
4.医者という立場と、地方都市ということで、できれば病院におせわにならずに断酒できればよいのですが・・・・わたしはいつまで、なにを、どのようにすればよいですか。
今後のかかわりふくめ教えてください。またいまの状態(断酒3日め)のかれの体はどのような状態であり、これから断酒を継続できたならどんな体や精神の変化が予測されるか教えてください。
ちなみに、昨夜は入浴をすすめましたが、からだがかゆくなる?といって入浴せず。朝入浴しています。また寒い...といって起床にじかんがかかっていました(ベットが窓際だからかえてくれと。しかしベットの位置はいままと変わりありません)
5.子供の協力も考えれば子供のも、父親の病を伝えるべきですか?高校1年生、中学1年生、小学2年生です。なんとなく上のふたりはわかっているようですが・・・(ここ2年酒で暴力、暴言をふるったりしてきましたし、上の息子は父親を嫌っています)どうぞアドバイス「よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
1:飲酒すると言う「習慣」をなくすのが治療です。何のために「ノンアルコールビールを飲まないと行けないのか」を考えれば、ノンアルコールビールを飲んでいいのかどうか、の答えは明白です。医師会の会合などで飲酒が必要になることは100%ありません。私はそのような会合で飲酒したことは全くありません。断酒は1人でチャレンジして成功することはほとんどありません。そもそも、1人で断酒にチャレンジして何とかなるのであれば、アルコール依存ではありません。1人で断酒にチャレンジできると信じている間は、100%アルコール依存が治ることはありません。

2 :これから人生に於て永遠に断酒する覚悟がなければ、アルコール依存は100%治りません。

3:今回断酒できなければ離婚だ、と宣言されたことは大きな一歩だと思います。

4:AAあるいは断酒会にとりあえず、奥様だけでも行ってみることをおすすめします。家族に対するフォローもしてくれます。それから判断しても良いかもしれません。

5:お子さんに隠しても仕方が無いと思います。しかし、うかつに伝えると、「病気だから許してあげて」という文脈になりかねないので注意して下さい。「病気」であることは、免罪の理由には全くなりません。

ずいぶんと大きな一歩を踏み出されたようにお見受けします。
お話をお伺いしていて、まずは奥さんへのサポートが必要な気がしてきました。

AA、あるいは断酒会で家族のサポートをしてくれるところがあるはずなので、
一度問い合わせをされて下さい。

http://www.aajapan.org/  AAのホームページ
http://www.dansyu-renmei.or.jp/ 断酒会のホームページ

本来であれば、保健所に連絡すれば最寄りのサービスを教えてもらえるのですが、
旦那さんの職業柄、それは難しい気がしますので。。。。

お力になれれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


kerosuke先生回答ありがとうございます。


生活の上での私のかかわり方などおしえてください。またわたしは自分の友人と飲みにいってもいいのですか?


 


なかなか再飲酒をしてしまうことの多い病ときいていますが、先生の知っている人で再飲酒しないで生きている人はいますか?


 


飲めない状況なので(見ている限りは飲んでいない)話もせず暗雰囲気の毎日、こちらも苦痛です。先生のおっしゃったように断酒して変わった人っているのでしょうか?


正直いって断酒もできず、したとしても会話のない夫婦や家族でいることが、私の人生としてはさみしい気がしています。離れて暮らすまたは、離婚したらそれこそ再飲酒しますよね・・・・・


「おれもストレスだ」といわれました。


すみませんが回答ください。


先が見えない状態です。先生の回答いただいたら家族会などに連絡してみようか・・・・(なんでこんなアル中のひとのために私がいかなきゃならないのか)そんな思いもあるので家族会をしらべたりすることができませんでした。


「死ねばいいのに・・・」と。数年間の地獄の日々。飲みたいものが飲めないつらさに耐えられないのであれば、死んでくれたほうが彼のためだとさえ感じて生きてきました。


 

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
1:すみませんアルコールを専門にはしていませんので、家族が飲酒して良いかどうか、と言うポイントについては正直あまり詳しくありません。ただ、本人 の病状に家族が振り回される道理はないので、別に友人と飲みに行かれる分にはかまわないような気がするのですが、、、

2:再飲酒せずに生きている人はたくさんいます。これはAAや断酒会に参加されるとわかると思います。もちろん再飲酒される人も多いですけど、アルコール依存は断酒期間が予後延長に直結しますので、そんなにがっかりすることでもないのかも知れません。

3:断酒することでどのように人は変わるのか。それこそAA、断酒会などで、実際の体験談を聞いてみられるといいと思います。私の患者さん(うつ病からアルコール依存を併発)下人は、奥さんとの関係回復というのが断酒の大きな動機付けになりましたし、お酒だけがなくなる人生というわけではなさそうです。

4:お気持ちお察しします。前にも申し上げたとおり、奥さん自身にサポートが必要な状況かと思います。断酒会やAAには家族会もありますので、とりあえず仲間を増やすことが、心の平穏を取り戻す秘訣かと存じます。
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験: 平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問