JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kerosukeに今すぐ質問する

kerosuke
kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験:  平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
72737102
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
kerosukeがオンラインで質問受付中

はじめまして。 27歳、女、既婚。埼玉県内の某銀行で個人渉外(資産運用セールス、外訪)をしています。 一昨年の9

解決済みの質問:

はじめまして。
27歳、女、既婚。埼玉県内の某銀行で個人渉外(資産運用セールス、外訪)をしています。
一昨年の9月に、鬱状態、またパニック障害と診断され、通 院していました。
一昨年の10月より半年ほど休職し、昨年5月に復職したものの1カ月程度で症状が悪化し、再度休職。当初通院していた病院ではわかりませんでしたが、リストカット等の症状が出始め、転院したところ、昨年7月に情緒不安定性人格障害と診断され、1カ月ほど療養入院もしました。
現在も治療、通院しています。
上記の疾患から、気分変調症、不安障害なども併発し、鬱状態の傾向もあります。
昨年の10月より再度復職し、現在は定時勤務にて勤務中です。

現在処方されている薬は、パキシル20mg(就寝前)、ランドセン0.5mg(毎食後)、サイレース2mg、グッドミン0,25mg(就寝前)、また頓服薬としてユーパン(ワイパックス)0,5mg、追加眠剤としてミンザイン0,25mgです。一時よりはだいぶ減薬されています。


仕事では、無理をせず、ただ毎日きちんと会社に行くことを目標に、日々通勤しているのですが、
ここ数日体調が芳しくなく、勤務終了後に体が動かなくなったり、胸が苦しくなったり(やや過呼吸気味)、涙が止まらなくなったり…うまく説明できませんが、身体がピリピリとする感覚(しびれるような)があったりして、またいつ倒れるのか、自分がいったいどうなってしまったのかわからずに不安な思いで過ごしています。3月期末ということで、仕事が忙しいということもあり、過労、心労がたまっているのかもしれません。

今週の水曜、通院している病院に外来看護師を通じて主治医に電話で相談したところ、処方された薬をきちんを飲み、頓服薬も一日3回まで服用可能ということで、薬を飲みながら、あとは出来る限り早く帰る、もしくは会社を休むように言われました。ちなみにODや勝手な減薬などはしていません。

ということで、一昨日は早めに早退し、本日はお休みをとらせて頂きました。
一日中寝ておりましたが、自分の体調がよくなったのかどうか、さっぱりわかりません。

仕事面で無理をしているつもりは一切ないのですが、上司からは「周りにこれ以上迷惑をかけるのもいい加減にしろ」と言われてしまい、「迷惑なら、私なんて必要ないのではないか」とか「こんな状態がいつまでも続くのであればいっそ消えてしまいたい」という思いが頭をよぎります。

主人や、一部の親友からの支えもあり、なんとか自己を保っていますが、いったいどうすればいいのか全く分からず、不安で仕方がありません。

せっかくここまで来れたのだから、もう休職はしたくありません。
今の仕事も大変ですが好きでやっていることです。
でも、上司にそんな風に思われているのであればいっそ私なんかいない方が…とどうしても思ってしまいます。来週からまた会社に行くことを考えると、自信を持てず、苦しいし、大変悔しいです。


今の私は何をすることが最善なのでしょうか。1~2日休んだところでよくなるのでしょうか。
消えてなくなりたい、という思いはどうしたらなくなるのでしょうか。。


乱文で申し訳ございません。
これからもなんとか会社に継続していくために、アドバイスをいただけると幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
診断と処方が全く納得いきません。

そこでちょっとお教えいただきたいのですが、

①情緒不安定性人格障害に対して、ベンゾジアゼピン、あなたで言うとランドセン0.5mg(毎食後)、サイレース2mg、グッドミン0,25mg(就寝前)、ユーパン(ワイパックス)0,5mg、ミンザイン0,25mgこれらの薬剤は、脱抑制させて危険行為を増加させるので、教科書的には禁忌、つまり絶対に出してはいけないと言う薬なのですが、どういう理由でこれを処方されているのか説明は受け ておられますでしょうか?

②パキシル20mgという中途半端な量はいったいなんでなのでしょうか。気分変調性障害は普通にうつ病の治療をすることで50%の人が良くなるのですが、そのためには十分量の処方が必要です。わざと十分量処方しないのには何か理由があるのでしょうか?
 よくあるのは増やすと逆に問題行動が増えるパターンですが、それであれば、逆に全く処方しては行けないことになるのですが、、、

③人格障害と診断されるためには18歳頃には今の症状が既に出現しているのが必須条件なのですが、どうもあなたの記載を見る限りそうではないようです。人格障害の診断根拠はいったい何なのでしょうか。

一度主治医に聞いてみて下さい。ちゃんと答えてくれないなら、医者を変わることをおすすめします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返答ありがとうございます。


①に関してですが、ランドセンは気分安定剤として処方されているようです。


サイレース、グッドミンに関しては眠りが浅いこともあり、睡眠導入剤として処方されています。ユーパンは以前から頓服薬として処方されており、そのまま継続して処方されている状態です。情緒不安定性人格障害と診断されたほかの患者様にも聞いてみたこともありますが、禁忌、というような説明を受けている方はいませんでした。


 


②に関してですが、おそらく先日までは気分も安定しており、主治医も減薬方針をとっていたので20mgにまで減ったということになります。気分変調症障害という病名は、気分(感情)の浮き沈みが激しいという意味でお使いになられているようです。


 


③に関しては、私の説明不足であるかと思います。


私は5歳の頃、 両親が離婚し、長らく父子家庭で育ちました。幼いころに、夜中に目が覚めると父が外出しておらず、一人取り残され、深夜に街中を泣きながら歩き回って父を探し、警察に保護されるなど、「見捨てられる」ことに過剰な反応を示します。小、中、高と今振り返れば鬱状態のような感じだったのだと思います。また、20歳の頃に付き合っていた男性に異常に依存し、DV、暴言等を受けても離れられず。「もういやだ、離れたい」という思いと「見捨てられたくない」思いとが交錯する日々でした。反対に私がリストカット、物を投げる、暴力を働くなども、恒常的にありました。大学は対人恐怖症気味になり、3、4年生の頃はほとんど通学していませんでした。


 


それまでは、精神科、心療内科にかかったことはなかったのですが、


現在の主人が、付き合っていた頃に浮気をしていたことが発覚し、それを受け入れたうえで結婚を決めたのですが、自分の職場に彼の浮気相手がおり、自分の同僚であったこと、仕事に対して過剰な責任感を持って取り組んでいたこと、等からストレスがたまり、今度は現在の主人(当時はまだ入籍していませんでしたが)に暴力、暴言、物を投げる、死にたいとわめく、暴れれるなどの症状が出始め、彼より心療内科を受診するように勧められ、通院するようになったのが、一昨年の9月です。


 


最初に通院した病院では家族構成などのバックグラウンドには特に深く触れられず、普通に「鬱状態、パニック障害」との診断を受けました。


 


のちに、病状が悪化した際に入院施設が併設されている病院へ転院し、そこでのインテイクにより、いろいろとお話しをした結果、情緒不安定性人格障害という診断にいたりました。


 


ちなみに現在の主治医は今月半ばで別の病院に転職されるそうで、


別の病院への転院手続をとっているところです。

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.
はー。なるほどですね。
と言うことは、主治医の先生は情緒不安定性人格障害ではなくて、気分変調性障害であるとかんがえている、そういう理解でよろしいのでしょうか?

であれば、まずは、パキシルを増量してもらうべきだと思います。

ベンゾジアゼピン系薬物は、肺炎で言うと ころの熱冷ましです。
熱冷ましを飲んで熱が下がって、確かに楽にはなりますけど、
それをもって肺炎が治ったとは言わないですよね。
熱冷ましを飲まないと行けない状態なのに、抗生剤を減らす、というのは
ありえないでしょ?
それと同じです。
ベンゾジアゼピン系薬物を飲まなくても良くなってから、パキシルは減らすべきです。

ただ、お教えいただいた話しから言うと、情緒不安定性人格障害はかなり確からしい気がします。だとすると、やはりベンゾジアゼピン系薬物は禁忌です。前にも申し上げたとおり、問題行動が増えてしまいます。しかしこれについては実際に診察したわけではないので、何とも言えません。

いずれにしてもパキシルが効果があったのは間違いないので、とりあえずそれを増やしてもらうというのが、妥当な線だと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

転院希望を出した際の主治医の紹介状には#1:気分変調症、#2:情緒不安定性人格障害、#3:不安障害等、と記載されておりました。


 


#2により、#1、3の症状が併発しているとのことでした。


 


薬については、今の主治医(現在通院している病院)では、


「情緒不安定性人格障害」と診断された患者様複数おられますが、ユーパン、サイレース、グッドミン、ミンザイン等は普通に処方されておりましたので、今まで特に気にしたことはありませんでした。


 


助言頂いたようなこと(禁忌)であれば、転院先の病院では薬について詳細を相談してみようと思います。


 


 


当初通院していた病院では、ジェイゾロフトを処方されておりましたが私にはあわず、パキシルに変えてからはまぁまぁという感じでした。


 


 


いずれにせよ、少し薬の調整が必要なようですね。


 


今週、現在通院している主治医(病院)の最後の診察がありますので、


相談してみたいと思います。


 


アドバイス、ありがとうございました。

専門家:  kerosuke 返答済み 4 年 前.

お力になれたのであれば幸いです。状況が良い方向に進むことを祈っております。

kerosuke, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 104
経験: 平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
kerosukeをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問