JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

26歳の息子の症状についてご相談したいと思います。よろしくお願いします。  息子は高校1年のころから声がうまく出な

解決済みの質問:

26歳の息子の症状についてご相談したいと思います。よろしくお願いします。
 息子は高校1年のころから声がうまく出ないということで不適応な症状が出始め、高校2年の時には、やはり国語などの発表を恐れ、そのうちに被害感情が強くなって着ました。みんなが僕をバカにして見ている、お尻から嫌なにおいが出てみんなに気付かれている、などと訴えるようになり遅刻や欠席結が重なり単位不足となりました。両親で学校に出向き、引き留められるも本人の状態からこのまま留年しても登校できるとは思えなかったので、退学を決意しました。その後は、サポート校に転校し苦しみながらもなんとかやっていきました。短期の語学留学もやり、それは充実していたようです。このころ地域の心療内科に通院していました。親としては一番心配していたのは、統合失調症ではないかということでした。クリニックの先生は、今の段階でそこまでは断定できませんと言われたと思います。
 サポート校を卒業し、中京大学に推薦で入学しました。薬を飲み続けながらの通学で体調は良くなかったようです。いつも眠くてかなわない、ボーっとしてしまうと言っていました。高校からいろいろ短期のバイトをやっていましたが、うまくやれずじまいだったようです。
大学卒業後、小さな会社に就職しましたが、6か月で辞めてしましました。たびたび精神的に調子が悪くなり休むようになっていました。職場での上司や同僚への不満の気持ちを言い続けるようになり、結局退社しました。その後自分で面接を受けに行き、家具販売の仕事につきました。1年間続きました。半年たったころから、職場でのつらさを毎日のように訴えてくるようになり、どうどうめぐりの話に親も精神的に参ることがありました。最終的には、不眠も訴え、職場では眠くなる、みんなが自分を避けて いるなど被害妄想的なとらえ方が強くなり、何度話しても自分を客観的にみる姿勢はとれませんでした。このころクリニックへの不満も出て、別のクリニックへ変わりました。
 結局昨年の12月にこの会社もやめてしまいました。現在は、家にいます。

 わたしは、息子の症状の原因はなんだろうとずっと考えてきました。一番心配したのは、統合失調症でした。新しいクリニックでは、本人への質問紙法?の判定で「気分障害」でうつ状態ですねと言われた。症状としてはそうかもlしれないけど、それを作り出している原因が他にあるのではないかとずっと考えてきました。成育歴を考えてみました。

①幼少期に、外出時によく見失う(勝手に行ってしまう)ことがあった。
②小学校では、嫌なことがあると家に帰ってきてしまうことがあった。
③中学校では、悪ふざけなどにまともに怒り喧嘩することがあった(普段はとてもやさしいおとなし  い子である)。
④高校時代、バイト先で嫌なことがると黙って帰ってきてしまうことがった。このころより対人関係  (コミュニケーション)の問題が顕著になってきたように思う。
⑤物事を「白か黒」「0か100」でとらえようとする。悩みや矛盾をそのまま胸に納めることができな いように感じた。
⑥「自分は人の話がよく聴けない」と言った。
⑦冗談が通じにくい。
⑧物事を型どおり受け止め、立場や状況を考えずに発言しひんしゅくを買うことが多い。
⑨おとなしい性格だが、話し合いになった時など感情のコントロールができず衝動的な言動をとる  ことがる。
⑩「僕はボキャブラリーが少ない」と言うが、しゃべりだすと止まらない。自分のことを中心に話し続 ける。
⑪物事の優先順位が付けられない。
⑫嫌なことや困難と思われることから逃れようとする(・・・いつももっともらしい理由をつけて)
⑬家計簿や薬のデータなどこまめにつけるが、金銭感覚はなく無駄遣いが多い。
⑭頼まれた仕事ができず、頼みもしないことを勝手な判断でやることがある。
⑮自分が話をすると、相手は気を使ってくれているという。
⑯相手の反応を見て話すのが下手だが、気づいても止められない。自分主義かな
⑰ストレートの世界で生きてきた。
⑱心のもやもやを抱えながら大学へ行き、社会に出た。心の中の8割が解決しきれていない。スト レスがはいってくるばかり。
⑲学生時代人との会話から指摘されたり感じたりしたこと・・・「がんこ」「偏屈」「変人」「癖が強い」  「こだわり」「変なところでまじめ」「大切なところでルーズ」

 以上のような特徴を持ち、職場での不適応な状態と精神的な症状はそれが原因ではないかと思いました。社会生活における対人関係の暗黙の了解事項が全く育ってない、もしくは弱いのだと思いました。これは、広い意味での「広汎性発達障害」なのではと現在疑っています。
 もしそうだとすると、このような疑問はどこの医療機関ではっきりすればよいのでしょうか。
 また、高校2年から現在までクスリを飲み続けていますが、適切な処方なのでしょうか?

 以前のクリニック(9年間)では、最後のほうで リスぺリドン1mg フルニトラムゼパム1mgが処方されていました。初期のころは、記録がありません。
 新しいクリニックでは、8月から、リーゼ5mgとパキシル25mgが12月初めまで続き→ その後、メイラックス1mg と 頓服でリーゼ5mgが2月の終わりまで続いています→ 3月は、リーゼ5mg だと思います。
 医師が本人に「どれが合いますか」というように本人に選ばしているのも心配です。素人で分からないのですが、リーゼ5mgは強くないですか?
 また、あたらしいクリニックの先生は高齢の方で、「発達障害」の話を持ち出しても、「私たちのころには、発達障害というものがなかったですねー」と、あまりよく分からないというような印象を受けました。(両親が息子のことで相談に行った時の話です)
 薬については、過敏性大腸症候群もずっとつずいており(コロネル500㎎)、また手指のあれもひどく皮膚顔科の強い薬を処方してもらっているらしいです。皮膚科の薬と精神化クリニックの薬との関係もあるんだと息子は言っていましたが、よく分かりません。

 幼少期からの成育歴(別にまとめてものをつくってみました。)を思い出しますと、①~⑲のような内容が、発達障害の特徴に符合する面が多いのではないかという点です。今のクリニックの先生は、優しい穏やかな先生ではありますが、相談に行きますと、本人の現状をもとに話をするのではなく、一般論としての話ということで、「社会で生活して苦しむより入院施設などで生活するのも本人の幸せでもある」というような話も聞かされ、この治療方針で良いのだろうかと心配です。

 発達障害ではないかということは、まだ本人にも話していませんが、そのような観点を踏まえて診察しクスリの処方や社会生活(対人関係の取り方など)のアドバイスが頂けるようなところを教えてください。また、簡単ではありますが息子の上記のような特徴から、発達障害が疑われるのかどうかも教えていただけたらなと思います。

 長々と、まとめられず書いてしまいましたが、お答えが頂けたらとお待ちしています。
 よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

①~⑲を拝見する限りは、たしかに、ご子息は、広汎性発達障害を含む発達障害圏の障害をおもちであるような印象を受けます。

ただし、考慮しなければならない点もございます。

一つは、相談者様が、発達障害を念頭に色々とお調べになり、今回、①~⑲を記載されたという可能性です。発達障害に限りませんが、精神疾患の場合、当てはまりそうな疾患を念頭に、それに当てはまりそうな過去の言動を拾い集めてみると、意外に「それらしく」まとまってしまう場合が少なくありません。しかし一方で、「その病気らしくない」側面はこのような相談の場では記載されないことがままあります。
この点についてはいかがお考えでしょうか?

もうひとつ、ご子息を直接診察できないインターネット相談ではいかなる診断も下せません。
特に発達障害の方の場合、対面でお会いして、会話する中で何となく感じる違和感のようなもの(これは発達障害の当事 者の方々と数多く接することで培われる無意識のパターン認識のようなものだと思います)が診断につながっていくことが多く、よほどの典型例でない限りは、 このようなネット相談でのやりとりで診断の見当が付くものではありません。
発達障害は「疑われる」とは思いますが、最終的には専門医療機関の受診をお勧めすることになるでしょう。回答として、それでよろしいでしょうか?

薬物療法に関しては、発達障害であれば、その根本治療のためのお薬はありませんから、その時その時の状態に合わせてお薬を選ぶしかありません。従いましてご子息にこれまで施されてきた薬物療法の適切・不適切の判断は困難です。
リーゼは精神安定剤の中では強いものではありません。ただ、使用方法が問題になることはあります。
ご子息は、現在、リーぜを1日5mg、毎日服用されているのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

 早速のご返答ありがとうございました。


 息子が、年齢が進むにつれて対人的な面での不適応が少しずつ出てきて、高校時代が一番変化の激しいときでした。本人も訳も分からず一番苦しい時期だったと思います。その後、アルバイトをしたり大学へ行ったりする中での言動(特に対人関係でトラブルが起きることが多くその悩みを話していた)を見ていると、話がなかなかうまくつながらない感じを強く受けました。


 


 話をしている時のこの違和感 (・・・とらえ方が偏っているなーとよく思う)は、なんだろうなとよく感じたものです。母親は活動的で、息子が幼少期のころから、いろんな面で先取りしてなんでもやってしまう傾向にありよく注意したものです。中学生、いや高校生ごろまでテレビを見ていると指の関節(タコができていた)を唇に当ててこすりながらその感触を無意識のうちに楽しんでいるような面があり気にもなっていました。現在でも母親にはべったりという感じがします・・・というのは、母親の前だと自分の悩みをいつまでも話し続けるということがあり、母親は精神的に参ってしまうこともありました。


 母子分離ができていないな、とよく思いました。・・・話がそれました。


 


 やはり社会へ出てからの息子の困り具合というものを聴いていると、こちらが納得して了解できるというようには、どうしてもとらえることができないものでした。しかし、 気持ちを受け入れて聴いたとしても、現実社会での仕事の在り方や相手との対応の仕方などあたりまえの話をしてもなかなか息子の胸の中に入りにくい感じがしました。うまく言えませんが、自己中心的なもののとらえかたから抜け出すことができないように感じました。人と人との心の交流が、言葉を通してなかなかうまく流れていかない感じに、どうしてこんな風に物事をいつもとらえるんだろうと、会話をしながら複雑な思いでいました。


 社会に出てからの言動は、まさにそのことが原因で不適応になっているとしか言いようのないものでした。誰にでもある世間知らずの失敗としてみることもできますが、その失敗を学習することなく、同じパターンで繰り返しどうどうめぐりの中で、いろんな症状が出てきているのではないかと思いました。


 


 私の仕事の関係上、職場にはいろいろな障害を持つ子供たちがいます。息子とそっくりな会話での反応を示す子もいます。その子と話しているとものの感じ方とらえ方、人との関係について、あまりにもよく似ているので、やはり息子には、何らかの認知のアンバランスがあるのだろうと思うようになったのです。


 そこで、小さい時からの印象に残ったことを母親から、そして本人からいろいろ聞いていたら、口に出てきた内容が、①~⑲ということでした。素人目には十分に疑いがあるなという感触を得たわけです。ただ、病巣を発見するのとは違い、見方を変えれば他の診断にも該当するだろうしということは理解しています。


 ただ発達障害(・・・とは教科書通りには当てはまらなくても、限りなくその傾向があるとして)が、ネックにあるとして現状の症状が出ているのだとしたら、現在のクスリでいいのだろうか?という素人の疑問です。


 


 リーゼ5mgは、3月6日より2錠処方されています。それまでは、メイラックス1mg2錠(・・・頓服として、リーゼ錠は持っていたようです。減っていっているので飲んでいたと思います)


 リスパダールは、抗精神病薬と書かれていました。直接脳神経に作用するものと思っていますが必要なのでしょうか。


現段階の診断は、「気分障害」ということですが・・・・


 


 本人を直接見ていただいているわけでもないことと、状況をうまくお伝えできない内容で恐縮しますが、よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

 早速のご返答ありがとうございました。


 息子が、年齢が進むにつれて対人的な面での不適応が少しずつ出てきて、高校時代が一番変化の激しいときでした。本人も訳も分からず一番苦しい時期だったと思います。その後、アルバイトをしたり大学へ行ったりする中での言動(特に対人関係でトラブルが起きることが多くその悩みを話していた)を見ていると、話がなかなかうまくつながらない感じを強く受けました。


 


 話をしている時のこの違和感(・ ・・とらえ方が偏っているなーとよく思う)は、なんだろうなとよく感じたものです。母親は活動的で、息子が幼少期のころから、いろんな面で先取りしてなんでもやってしまう傾向にありよく注意したものです。中学生、いや高校生ごろまでテレビを見ていると指の関節(タコができていた)を唇に当ててこすりながらその感触を無意識のうちに楽しんでいるような面があり気にもなっていました。現在でも母親にはべったりという感じがします・・・というのは、母親の前だと自分の悩みをいつまでも話し続けるということがあり、母親は精神的に参ってしまうこともありました。


 母子分離ができていないな、とよく思いました。・・・話がそれました。


 


 やはり社会へ出てからの息子の困り具合というものを聴いていると、こちらが納得して了解できるというようには、 どうしてもとらえることができないものでした。しかし、気持ちを受け入れて聴いたとしても、現実社会での仕事の在り方や相手との対応の仕方などあたりまえの話をしてもなかなか息子の胸の中に入りにくい感じがしました。うまく言えませんが、自己中心的なもののとらえかたから抜け出すことができないように感じました。人と人との心の交流が、言葉を通してなかなかうまく流れていかない感じに、どうしてこんな風に物事をいつもとらえるんだろうと、会話をしながら複雑な思いでいました。


 社会に出てからの言動は、まさにそのことが原因で不適応になっているとしか言いようのないものでした。誰にでもある世間知らずの失敗としてみることもできますが、その失敗を学習することなく、同じパターンで繰り返しどうどうめぐりの中で、いろんな症状が出てきているのではないかと思いました。


 


 私の仕事の関係上、職場にはいろいろな障害を持つ子供たちがいます。息子とそっくりな会話での反応を示す子もいます。その子と話しているとものの感じ方とらえ方、人との関係について、あまりにもよく似ているので、やはり息子には、何らかの認知のアンバランスがあるのだろうと思うようになったのです。


 そこで、小さい時からの印象に残ったことを母親から、そして本人からいろいろ聞いていたら、口に出てきた内容が、①~⑲ということでした。素人目には十分に疑いがあるなという感触を得たわけです。ただ、病巣を発見するのとは違い、見方を変えれば他の診断にも該当するだろうしということは理解しています。


 ただ発達障害(・・・とは教科書通りには当てはまらなくても、限りなくその傾向があるとして)が、ネックにあるとして現状の症状が出ているのだとしたら、現在のクスリでいいのだろうか?という素人の疑問です。


 


 リーゼ5mgは、3月6日より2錠処方されています。それまでは、メイラックス1mg2錠(・・・頓服として、リーゼ錠は持っていたようです。減っていっているので飲んでいたと思います)


 リスパダールは、抗精神病薬と書かれていました。直接脳神経に作用するものと思っていますが必要なのでしょうか。


現段階の診断は、「気分障害」ということですが・・・・


 


 本人を直接見ていただいているわけでもないことと、状況をうまくお伝えできない内容で恐縮しますが、よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

わかりやすいところでお薬に関して回答いたしますが、そもそも、(仮に)発達障害ならば、薬物療法はメインの治療法にはなりえません。
前述したように対症療法です。気分が落ち込んだら抗うつ薬……ということでパキシルが使用されたのでしょうし、他人とのトラブルが起こると鎮静剤としてリスパダール(抗精神病薬=統合失調主尾のお薬ですが、このような使われ方をされることは時にあります)が用いられたのだと思います。

現在のメイラックス+リーぜという処方が正しいかどうかは、ご子息の様子を拝見していませんので何とも申し上げられませんが、少なくとも定時薬として連用する意義は希薄であるように思われます。
メイラックスもリーぜも、化学的にはベンゾジアゼピン系抗不安薬に属するお薬です。
ベンゾジアゼピンはその耐性や依存性、長期的な副作用のために、国際的には処方に厳しい制限が課されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

ご記載を拝読する限りはご子息にメイラックスとリーぜが効いているようには思われませんので、離脱症状に注意しながら漸減・中止して、必要時のみの頓服として用いられることが望ましいように私には思われます。

失礼ながら、相談者様のご返信からは他に何をお聴きになりたいのかが読み取れないのですが、手短に、ご質問になられたい事項を箇条書きにしていただけませんでしょうか?
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問