JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一年ほど前からストレスがきっかけで躁うつ病が発病しました。 心療内科にも二週間に一度通っていますが、薬を変えても一

解決済みの質問:

一年ほど前からストレスがきっかけで躁うつ病が発病しました。
心療内科にも二週間に一度通っていますが、薬を変えても一向に
回復する兆しが見えてきません。

一度大きな病院で脳の精密検査を受けたほうがいいのか悩んでいます。

                                      ともこ
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

いちばん最近のリーマス(炭酸リチウム)の血中濃度を教えて下さい。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速の返信ありがとうございます。


 


血中濃度は正常範囲内でした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

躁うつ病とうつ病は全く異なる病気であることが分かっており、病像が似ていても、躁うつ病の患者様のうつ状態に抗うつ薬を投与しても効果がありませんし、むしろ躁転や急速交代化、難治化といった、病状の複雑化を招きます。
従って、相談者様は現在パキシルを服用されるべきではありません。
リーマスの「血中濃度は正常範囲内」とのことですが、有効血中濃度の、やや高めの値を目指して増量されなければなりません。

相談者様の状態が改善しないのは、適切な治療を受けられていないからだと思われます。プロチアデン、パキシルの使用によって双極性障害が難治化してしまっている可能性が高いでしょう。
現在の治療を最適化されることが重要です。
その点、主治医とよく相談されるか、転院も視野に入れられるべきでしょう(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

マニュアル参考にさせていただきます。


 


ありがとうございました。


 


正確な血中濃度は昨年の11月に測ったのが0.5でした。


やはりそれでは低いということなのですね。


 


ジプレキサが主になって出ていた時期もあったのですが、


 


ジプレキサは続けて飲んだほうがいいのでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

炭酸リチウムの有効血中濃度は0.6~1.2mEq/mです。
http://www.city.hiroshima.med.or.jp/hma/center-tayori/201106/center201106-02.pdf
下限を0.3とする説もありますが、一般的には0.8~1.0を目指して服用量を調整します。0.5ではやはり頼りない血中濃度だと言えます。

ジプレキサは、欧米では躁うつ病のすべての病相に対して保険適応を有しています。日本でも躁状態・うつ状態両方に有効な治療薬として承認されています。

相談者様の場合、まず第一にリーマスの用量の最適化がなされるべきですが、ジプレキサは継続されていてもよろしいかと存じます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


リーマスの増量を主治医と相談してみます。


 


あとひとつうつを抑える薬を加えるとしたら、好ましいのは


何だと思われますか。


今まで試してみたのは、アモキサンとプロチアゼンですが


あまり効果が得られませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。

ですから、躁うつ病の方のうつ状態に抗うつ薬は効きませんし、むしろ有害です。

躁うつ病の方のうつ状態に対して治療ガイドラインで推奨されている治療はリーマスの増量です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

そうなんですね。


それは躁状態を悪化させるからなのですか。


でも抗うつ薬が躁うつ病の治療には適さないことは考えもしませんでした。


 


もう一度主治医とよく話して、


場合によってはセカンドオピニオンも考えます。


 


ありがとうございました。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

そうですね。残念ながら躁うつ病の薬物療法を適切に行える精神科医は少数派なので、セカンドオピニオンは検討されてみてもいいかもしれません。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

とても参考になりました。


ありがとうございました。

精神科 についての関連する質問