JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

心身症と言われた部下の対応で 気をつけること、配慮することは ありますか

解決済みの質問:

心身症と言われた部下の対応で
気をつけること、配慮することは
ありますか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

日本心身医学会の指針では、心身症とは「身体疾患の中で、その発症や経過に心理・社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態」と定義されます。
http://hikumano.umin.ac.jp/PSD.pdf

精神的なストレスによって生じる体の病気、ということです。

従って、その部下の方にとって何がストレスであったかによって対応が変わってまいります。
また、心身症は、自律神経失調症と並んで、うつ病の「仮面病名」として用いられる疾患でもあります。本当はうつ病であるのに、それが会社に知れると昇進等に悪影響が及ぶかもしれないと医師が考えた場合に、これらの病名を代わりに診断書に書くことが少なからずあるのです。

少し補足情報を下さい。

この部下の方にとってのストレスは何だったのでしょうか?

体調不良で心療内科受診を勧められたのはやや不自然に思われます。具体的にはどのような症状があったのでしょう?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

普段から月に数回風邪や頭痛などでやすむことがある


 


数日前、会社に行こうと思うが行けないと電話があったので、上司が


心療内科をすすめめました。


業務内容に不満は感じていたようです。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「会社に行こうと思うが行けない」というのは、少なくとも、正しい意味での「心身症」の症状ではありません。

うつ病か適応障害である可能性が高いと思われます。

職場のストレスでメンタルの問題が起こり、自律神経症状として体の症状も出ている方、と広く括るならば、対応はその方にとってのストレスを軽減してあげること につきます。

しかし、何をストレスとして感じるかは個人差がありますし、環境側に問題があるのではなく、ご本人の性格や能力的問題のために、一般的にはストレスと感じるべきではない状況をストレスと感じられる場合もあります。こうしたケースでは、環境調整は難しく、ご本人が変わってくれることを期待しなければならないこともあります。

ご本人の性格と環境の掛け合わせで起こる病態ですから、「捻挫をしたら冷やした方が良い」といったような画一的な対応方法を提示することは困難です。
ご本人と時間をかけて話をし、何がストレスであったのか、そのストレスの感じ方は常識的に考えて妥当なものかを探り、検討して、可能な範囲での環境調整を行うか、治療によってご本人が変わっていくのを待つことが得策でしょう。

ご本人の承諾が得られれば、受診持に同伴して主治医の意見を求めることも有用です。

あまり焦らずに、環境とご本人のそれぞれにどのような問題がどの程度あったのかを慎重に見極めることが重要です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問