JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、私は、パニック障害で21年前から現在も診療内科に通院しています。 今までに3箇所病院を替え、4箇所目

質問者の質問

はじめまして、私は、パニック障害で21年前から現在も診療内科に通院しています。
今までに3箇所病院を替え、4箇所目のクリニックに通院しています。
2箇所までの病院では、自律神経失調症と診断されてきました。
3箇所目の病院で、はじめてパニック障害と診断されパニック用の薬を処方されました。
パニック用の薬を飲み始めてからだんだん良くなり仕事も出来るようになり、バスも、電車も、新幹線で静岡とかにも行ってました。(地下鉄だけは乗れませんでした)が、私が働 いていた会社が廃業してから、また症状が出てくるようになり、病院に行って、先生に質問などをしても答えてくれず、薬がだんだん多くなり、副作用も出始め、叔父の告別式の時に大きなパニック発作おき、その後病院に行ったら副作用で少なくしていた薬を元に戻すのではなく増やそうとしたため、その病院に見切りをつけ転院しました。
今のクリニックでは副作用があった薬をやめ副作用が無い薬に変えましたが状況は好転せず、家の中で1人で留守番も出来ないし、1人では買い物も出来なくなりました。市から障害者と認定されましたが悪化の一途です。薬を飲むのも大切ですが、
自分なりに考えた結果、性格が理屈ぽっくて融通がきかないので自分がパニック障害だと言うことを受け入れられないでいること、その証拠に不安や発作が出たときにいつも腹が立つし、いつも、何でこうなるのと考えてばかりいます。そこで質問です、どうすれば、自分の心にパニック障害であることを受け入れる事が出来るのでしょうか。何か、考え方や普段の生活の仕方などありましたら、アドバイス頂けると幸いです。たぶんこれが出来れば病気も好転すると思います。

宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

「性格が理屈ぽっくて融通がきかない」とのことですから、多少二の足を踏んでしまいますが、少し補足情報をいただけないでしょうか。

「たぶんこれが出来れば病気も好転すると思います」とのことですが、私はそうではないのではないかと思います。どうあっても、「自分の心にパニック障害であることを受け入れる事が出来る」方法以外をお求めですか?

ジェイゾロフトは1日何mg服用されていますか?

高用量のリボトリールを服用されていますが、このお薬の依存性や耐性についてはご存知でしょうか。

過去に副作用が現れたお薬とは何ですか? どのような副作用が現れたのでしょう。

自律訓練法や狭義のカウンセリングはパニック障害にあまり効果がありませんが、認知行動療法についてはお試しになられたことはないのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。


補足情報が必要ということなので、書きます。


 


1、パニック障害の完治は期待してません。ただ、一日でも早く社会復帰が


  出来るのが今の望みですから、パニック障害を受け入れる事だけに


  こだわってはいません。それ以外で病状が好転するようなことがあれば


  教えてください。


 


2 ジェイゾロフトは、夜に1回100mg(50mgの錠剤が2個)服用していま


  す。


 


3、副作用が出た薬はイミドール25で一日3回2錠服用していましたが


  尿が尿意を催しても出ない時や出るのに20分ぐらいかかる症状が


  出ていました。(泌尿器科に行ったらこれが原因だと言われました。)


 


4、先生には言われてませんがウィキペディアなどでおおよそことは知って


  います。


 


5、自立訓練法はリラックスして気持ちよく睡眠するだけにやっている


  事ですからパニック障害に効くとは思っていません。


  前に集団認知行動療法に参加しましたが、効果が出なくてやめました。


 


         

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「パニック障害の完治は期待してません」とのことですが、パニック障害は完治する病気です。
大多数の患者様は、適切な治療を受けられれば3~6ヶ月でお薬が必要なくなることがほとんどです。

21年間も患われているパニック障害は難治と言えますが、そのように病歴が長くなってしまった理由は、相談者様のパニック障害が特にタチの悪いものだからというわけではなく、適切な診断と治療が早期に行われなかったためもあるでしょうし、周囲のストレス要因もあ関与したかもしれません。

とはいえ現状、やはり症状の寛解・社会復帰を目指して、パニック障害の標準治療を受けられるべきでしょう。

相談者様のパニック障害は、正しくは「広場恐怖を伴うパニック障害」という但し書きが付きます。
この場合の広場とは、広い場所、という意味ではなく、「発作が起きてもすぐには逃げ出せない、助けを求められない場所」という程度の意味です。飛行機などは典型ですし、電車、バス、地下鉄、人ごみなどもこれに当てはまります。

治療は薬物療法が主体になりますが、それだけでは広場恐怖が治りきらないこともあります。

相談者様の場合も、まず薬物療法と行動療法を用いて行動範囲を広げていく必要があると思います。それがまた、パニック障害の標準治療でもあります。

パニック障害の薬物療法の定石は、まずSSRIと呼ばれるカテゴリーの薬剤と安定剤を適切に用いて発作をコントロールすることです。ジェイゾロフトがこのSSRIに属しますが、相談者様の場合、最高用量が用いられていて十分には効いていないようですから、他のSSRIへの変更が検討されるべきでしょう。

一方、リボトリールは前述したように、定時薬として用いるには用量が高すぎます。
リボトリールはほとんどの抗不安薬と同様、ベンゾジアゼピン作動薬という化学的クラスに属します。このベンゾジアゼピンは、長期的(8週間以上)に用いた場合の副作用や、耐性・依存性のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

相談者様のパニック障害が好転しない原因の一つが、このリボトリールの長期高用量投与である可能性もあるのです。
主剤であるSSRIが定まった後には、慎重に減量が試みられるべきでしょう。

認知行動療法は、薬物療法と並行して行うことができます。

ここでは、もっとも多く見られ、説明もしやすいので、「1人で電車に乗れるようになる」ことを目標とした例をあげますが、これを患者様ごとにアレンジしたものが行われます。

具体的には、以下のように行います。

安定剤を飲んだ30分後に空いている時間帯に各駅停車に1駅分、誰かと一緒に乗る。
⇒これで発作が起こらなければ、同じ条件で2駅分乗る
⇒やはり発作が起こらなければ、安定剤を飲んだ30分後に各駅停車に2駅分、1人で乗る
⇒安定剤は飲まず、しかし持参して(水なしでも安定剤を飲めるようにしておくと便利です。できなければペットボトル持参)、発作の予兆があったら服用することにして各駅停車に2駅分、1人で乗る
……というふうにステップアップしていきます。

これを行動療法的アプローチといいます。行動療法で大切なのは「成功し続けること」です。

電車に乗ってパニック発作が起こると、次に乗るときも「また発作が起きるのではないか?」と無意識に思ってしまうでしょう。

これを「予期不安」といいます。

予期不安はパニック発作の呼び水となり、発作を起こしやすくします。そのような状態で電車に乗れば、またパニック発作が起きてしまいます。
すると、「やはり電車に乗ると発作が起きるんだ」という確信が深まってしまい、その次に電車に乗る時の予期不安をより強いものにし、より発作が起こりやすくなります。
このようにして条件反射の悪循環が生じ、電車に乗るのが怖くなってしまうのです。

行動療法はこの循環を逆に回し、電車に乗っても発作が起きない経験を積むことで予期不安を小さくしていきます。

薬物療法だけではなく、認知行動療法も指導してくれるような心療内科/精神科に通われるのがベストと考えます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
「心理カウンセラーか、臨床心理士を探して」おられるのであれば、カウンセリングではなく、認知行動療法ができる治療者を探されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

参考になりました。


有難う御座いました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございました。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問