JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

拝啓 ジャストアンサー 精神科医師様へ

解決済みの質問:

拝啓 この度、初めてジャストアンサー様へご相談をさせて頂きます。平成20年10月から、郡山市のグループホームに入居し、障害者年金と生活保護を受けている統合失調症の50歳の弟ですが、周囲や隣接者の生活音への拘りと訴えが過度にあります。過去十代から生活音の問題を避ける為、両親の生前中に神奈川県内から郡山市へ、幾度となく転居を繰り返した経緯がございます。現在、本人の希望として、生活音の訴えからグループホームを出て独立して一人暮らしをするか、私の在住する神奈川県に同居を望み ます。生活支障として、深夜放送を聞くため昼夜逆転の生活習慣、3年程入浴もしておらず、部屋の整理整頓が出来ず煩雑な事、グループホームでも人とのコミュニケーションを拒み続け、過去に就労経験がなく作業所の通所もしておりません。主観的に幻視、妄想、手の震え等、感情障害、思考障害もあり、針生ヶ丘病院の主治医からも本人の希望は認めてはおりません、担当のケースワーカーも苦慮している所ですが、孤立感と疎外感から来る訴えが毎日続いており、過密した神奈川県での同居は無理である事を伝えますが、一人暮らしの希望は更に支援の手が届かない事など、場当たり的な訴えに家族も翻弄され続けました。これからの対応策についてご意見を伺えればと思います。抗精神病薬はジプレキサ、グッドミンの処方を頂いております。 氏名:O mail :XXX@XXXXXX.XXX                                                                          敬具

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

ご質問の趣旨は、弟さんと同居はしたくないのでけれども(私も、この方と一緒に暮らされるのは不可能だと考えます)、扶養義務の関係等もあり断り難い情勢である。何とか弟さんを施設に留めおかせることはできないか、もしくは一生入院させてくれるような病院に入院させられないか、ということであると理解してもよろしいでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返事を頂きありがとうございます 。現在は統合失調症の兄弟を抱える家族会に入会していませんので、家族相互の精神疾患を持つ兄弟への対応へ最新の情報が乏しく、これからの布石が打てない所です。明らかに弟と同居することも継続的に神奈川で通院することも可能性は厳しいと私も思います。本人の場当たり的な思いで要求を認める訳にもいかず、信頼感を持っているケースワーカー、福祉士、主治医から切り離してまでリスクを犯す事も弟の為に成るとは思いません。しかし、身内の居ない福島県で孤立感を持つ弟から日々の電話で訴えを聞くことから更に根本的に踏み込んだ改善策があるかを探しています。家庭を持つ以上は、これからも福島との往復をするのも近い時期で限界も見えてくると思いますので。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

頭書の弟様の病状(「人との共同生活は一切拒否をしており、自室への入室を認めるのは私と、ようやく心を許した福祉士」)では、弟様はどこに住まわれようが、孤立した生活環境から脱することは出来ないでしょうし、残念ながら、弟様の病状を治療で改善させることができる可能性はきわめて低いといわざるを申し上げざるをえません。

既に相談者様ご自身が書かれている通り、転居しての相談者様との同居にメリットは無く、デメリットだけがあります。
ご家族が福島-神奈川の往復を続けるのは色々な意味で負担ですから、弟様には、可哀そうな言い方になりますが、現状を受け入れて一生施設で生活していっていただくのがもっとも弟様のためになる処遇であろうと考えます。

大変でしょうが、ケースワーカーや主治医と相談されながら、そちらに方針を向けた対応を続けられるべきでしょう。
弟様と暮らすことに万が一でもなれば、相談者様の家庭が破たんするリスクがあります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問