JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

62才の定年退職者父親ですが、34才になる長女の統合失調症についてご相談します。 現在、母親(59才)と田舎の実家

解決済みの質問:

62才の定年退職者父親ですが、34才になる長女の統合失調症につい てご相談します。
現在、母親(59才)と田舎の実家で3人暮らし、次女(31才)は結婚し1児あり。
家族で都会在住のころ、長女は、24才の臨時教員時代に男子教員とのセクハラ事件により発病したと思われる。(その前から、少し兆候はあったかも・・・。)
その後退職し、精神クリニックへ通院・服薬治療を29才まで続け、パートの仕事もやっていたが、途中、母親の癌手術とかで症状がひどくなり、27才のとき精神病院に3カ月間強制(入院拒否激しいが)入院させる。退院後、しばらく落ち着いていたが、29才ころに通院・服薬を拒否、症状悪化し引きこもりとなる。(マンションに居れないくらい)
30才頃に父親の田舎実家に引っ越し、環境もよく長年の喫煙(20才頃から)も完全にやめ、母親の家事手伝いぐらいをやれているが、仕事はもちろん社会復帰ができてない。特に、父親に対し31才頃から話しはもちろん顔も見ようとしなく「ゴメンアサイ」を繰り返し逃げ廻っている。また、次女及び、他人にも同じで、ただし母親とだけは、良く話し買物にもついて行く。病院の医師、役所相談にも夫婦では相談に行くが、いずれも本人が受診しないとのことで、母親は現状容認で受診に積極的でない。(癌治療中でもあり)
父親から本人へ話も出来ない状況で、受診及び、社会復帰させる方法は無いものでしょうか。また、父親としてのやるべきことがあれば、具体的アドバイスお願します。
<参考>
現在の症状:夜中の独り言、一人笑い、奇妙な行動。TV拒否ヘッドホンを常時している。
出来ること:洗濯取入れ、ゴミ出し、母親との買物・ドライブ、ペット兎の世話。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

既にご存知かと存じますが、統合失調症は生涯の服薬を必要とする慢性疾患であり、治療をせずに放置すれば症状はどんどん進行していきます。

病識(自分が病気だという認識)の無い統合失調症患者様を強制的に入院させる制度として、現在では正式なシステムとしての「移送制度」が確立しています。
しかしこれは興奮や暴力行為の危険性がある患者様を想定した制度で、受診を拒む患者様全てをこの制度を用いて強制受診させられるわけではありません。

移送の対象とならなかった場合は、ご家族が説得して受診させる以外に方法がないのが現実です。

しかし実際にはそれは非常に困難なことですし、仮に何とか受診・入院させることができたとしても、退院後はまたずぐに服薬・通院をしなくなり、元の木阿弥になってしまう可能性も否定できません。

腹を括られて、民間の移送業者を利用するくらいしか方法はないように思われます。お金はかかりますが、確実性は高い方法です(「精神障害 民間 移送」というキーワードで検索すれば、業者はたくさんみつかります)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。再度の質問をさせて頂きます。


ご回答の移送制度での入院は、長女の時に裁判所手続き等行い知っていました。


また、その後、業者依頼での入院もホームページ等では検討したこともありましたが、強制入院させた時の情景(お父さん助けてーの声)が頭に浮かび、どうしても踏み切れませんでした。


今回、先生がおっしゃるとおり「生涯服用を必要とする慢性疾患」「治療しないと症状は進行する」ことは承知しているとは言え、管理栄養士である母親と、看護師の次女とも相談し、薬での治療が最善と思いつつも、その他の治療方法もと考えやって来ました。


① 環境の変化(実家は温泉のある農村で花野菜作り。農道散歩)、②脳に良い栄養の摂取(母親が担当)、③ペット飼育、④家事手伝い等々


 以上で3年間が過ぎ良い方に変わったかなあと思われるのは、①明るい笑い声が多く、怒り興奮はほとんど見られない。②一人公共バスで市内へ買物ゆく。③祖父祖母とは、良く話す。④喫煙は完全にやめる。⑤免許更新も1人で受ける。⑥自分で料理・洗濯・整理整頓をする等々。 (現在、出来ないのは、TV等情報拒否・社交性・父親拒否かな)


 このように、母親からすれば、もう少し年数をかければとの思いがあるようです。


先生から見れば「甘いやり方」と言われそうですが、最終的には、薬治療に頼るしかなければ、父親として腹を括る時期は、やはり早い方がいいのか、今の状況をどのくらいか続けても良いものか、こうした実例も含め、再度アドバイス頂ければありがたいと考えます。


重ねがさねで恐縮ですが、よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

統合失調症は進行性の疾患ですから、未治療期間が長ければ長いほど人格荒廃が進み、薬物療法に対する反応が悪くなっていきます。

従いまして、対応は早い方がよいでしょう。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問