JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは、初めて投稿致します。  76歳の母親なのですが、1月31日に急性心不全で入院致しました。肺炎とインフル

解決済みの質問:

こんにちは、初めて投稿致します。
 76歳の母親なのですが、1月31日に急性心不全で入院致しました。肺炎とインフルエンザを併発していたため、薬で眠らせて人工呼吸器を口から挿管し11日間眠らせた状態でし たが、現在人工呼吸器も外れ、心不全の症状も安定しているようです。

 しかし、2月12日に目も覚めているのですが、「死んだ親戚が見舞いに来たとか」言ってみたり、現在何処に入院しているのか理解できていないようです。自分の生年月日や私や孫の名前などは、しっかりと言えますが、主治医の名前は覚えられないようです。
 このまま、元に戻らないのでしょうか?不安です。
 また私としては、混乱してまい「叔母は、6年前に死んだ」とか「来れるはずがない」などと強く否定したりして事実を伝えていますが、家族の対応として良くないと聞きました。
あり得ない事でも、「ああそうか」とか肯定してあげた方が良いと聞きましたが、家族といたしましたらどのような対応が良いでしょうか?

アドバイスの程、よろしくお願い申し上げます。

                      鹿児島県在住 たかゆき
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

脳梗塞その他の脳の器質的な問題が起きていないという前提で回答するのであれば、お母様は典型的なせん妄を呈されているように思われます。

【せん妄】
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/psychiatry/_userdata/delirium.pdf

最善の対処は精神科を受診して少量の抗精神病薬を用いて鎮静を試みることです。
一般的な睡眠薬や精神安定剤は状態を悪化させます。

薬物療法以外では、昼間は寝ないようにして日光に当たる時間を増やす、身近なご家族が頻回に見舞ったりご自宅で使っていた身の回りの品を病室に持ち込んでご本人が安心できる環境を作る、といった方策がしばしば有用です。
「あり得ない事でも、『ああそうか』とか肯定してあげた方が」よいですね。統合失調症の妄想の場合にそれをするとどんどん妄想が発展していってしまい逆効果ですが、せん妄で認められる発言は良くも悪くもその場限りですから、お母様を安心させてあげた方がよいでしょう。

せん妄は可逆性の病態であり、時間の経過とともに改善が見られ元通りになりことが大半ですが、できれば脳のMRI撮影による脳器質的問題の除外と、精神科へのコンサルタントがなされることが望ましいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問