JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山先生お願いします。昨年精神不安定になり、初め内科で出されたドグマチールを1日2回、約2ヵ月半、その後、心療内科でいくつか薬を試した後デパスを3カ月半近く頓服で1日3回以内飲みま

質問者の質問

猫山先生お願いします。昨年精神不安定になり、初め内科で出されたドグマチールを1日2回、約2ヵ月半、その後、心療内科でいくつか薬を試した後デパスを3カ月半近く頓服で1日3回以内飲みまし た。今思うと不安より薬の離脱症状が出てきたのを、うつがひどくなったと思っていたようで、12月から移った心療内科で今はイソクリン5mg、スルピリド50mgを1日3 回処方されていますが、ここ1カ月くらいはほとんど頓服的に飲んでいます。離脱症状のほうが苦しいので早く断薬をしたく、1日半薬を飲まなかったとき、ものすごい焦燥感と 動悸、ふらつきが出たのでイソクリン半分を飲むとすぐに収まりましたが、最近意識して薬を減らしているせいか不眠、食欲不振、胃痛、目のかすみ、首、肩、背中、腰の こりこりがひどく薬を止められるか不安です。これらにはデパスの離脱症状も残っているのでしょうか?また断薬にはどれくらいかかるでしょう?その場合イソクリン、スルピリ ドを減らしながら断薬に進む感じでしょうか?宜しくお願いします。
(50代 女性)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。ご指名ありがとうございます。猫山です。

少し補足情報を下さい。

相談者様が「早く断薬を」したいと思われているのはスルピリドとイソクリンの両方でしょうか?

明記されていませんが、心療内科での診断はうつ病なのでしょうか?

うつ病が治っていなければお薬は止められませんが、現在のうつ病の状態はどのように評価されているのでしょうか。

減薬・断薬について主治医に相談されていますか? 「1日1度に自己判断で減ら」していることを主治医はご存知なのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

昨年とても後悔することがあり、思い悩んで苦しかった時からの服用になりました。うつというわけではないと思います。いま、気持ちが前向きになり薬がないほうが気分よく過ごせるのですが、1日に何度か離脱作用のように気分の落ち込みや体のこわばりがあります。これが続くことのほうが心配です。1カ月に1度受診の主治医はまた私の精神状態が良くなったことを知りません。ですので、薬を減らしていることをご存じありませんが、依存が不安だ、といっても薬を減らしてくれない先生感じの先生です。


勝手に減らしてはいけないのはわかっていますが、視力、判断力も落ちているようで、飲まなくても調子よく、飲んでも数時間後に却って気分が悪い時があるので、本当に必要に感じる状態になるまでは時間だからと言って飲む気になれないのです。恐れ入りますがお願いたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

では、相談者様が狭義の精神疾患を患われてはおらず、本来お薬は必要無い状態であるのだけれど、依存のために止められずにいる、という前提で回答いたします。

まず、ドグマチールに依存性はありませんので、いきなり止めてしまってかまいません。

イソクリン(物質名:クロチアゼパム)は半減期(≒作用時間)が4~5時間と短いことから、離脱症状が出やすいお薬です。
そのため、本来は作用時間が長い精神安定薬に置換してから減量していく方が離脱症状を最小限にできます。
主治医には相談できないとのことですから、お手持ちのお薬で減量・中止を目指すのであれば、「1日1度に」減らすのではなく、1日3回は服用されて、1回1回の服用量を徐々に減らしていかれるようにすれば、極端な血中濃度の変動がなくなりますので、離脱症状が起きにくくなると思います。
ぜひお試しください。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答有難うございます。お返事遅れすみません。


ドグマチールは依存性ないとのことですが、最初に書いたように12月まで3カ月少し飲んでリーゼに置き換えになったデパスへの依存は体に残っていないということでしょうか?


 


また、リーゼ朝晩半分ずつより、1日3回3分の一づつなどのほうがいいということでしょうか?それをどのくらいの間隔でで4分の一、0に進めれば離脱を最小限にできますでしょうか?


恐れ入りますがわからないのでよろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
デパスの依存が残っている可能性はありますが、高くありません。
デパスの離脱症状もリーゼで抑えられますので(同じベンゾジアゼピン作用薬だからです。アルコール依存症の離脱症状がブランデーでも焼酎でも同じように抑えられるのと同じ理屈です)、現状はリーぜ依存として対処されればよいと思います。

> リーゼ朝晩半分ずつより、1日3回3分の一づつなどのほうがいいということでしょうか?
そういうことです。1日の中で血中濃度の変動を小さくすることが重要です。長時間作用型のベンゾジアゼピンへの置換が推奨されるのはそのためです。それができないなら、小分けに服用されて血中濃度を一定に保たれるべきでしょう。
減量のペースは個人差がありますので、一概には申し上げられません。

精神科 についての関連する質問