JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

困った症状に悩んでいます。 年々2~4月に精神的不安定になり、特に2月末~3月いっぱいというもの「狂ってはいけな

解決済みの質問:

困った症状に悩んでいます。 年々2~4月に精神的不安定になり、特に2月末~3月いっぱいというもの 「狂ってはいけない」とか「過激な行動を起こしてはいけない」と、この精神状態を我慢し、冷静に努めようとすればするほど、何か苦しい状態になり、周り(主人)に小さくあたってしまいます。(子供なし、主人と二人暮らし11年目です)


 


八つ当たりされたほうの主人には「俺が何をしたっていうんだ」とキレられます。 確かに主人は何もしていない。それどころか普段から問題の解決もしないし、問題が起こっていてそれがどういう悪影響に結びついているかさえ、考えない、感じない人で。 でも、私が問題にしていることは初めから、彼にとっては何の問題でもないのでキレられても仕方ない、とも思います。私だけがいつも いろいろなことを考え、対処 し、誤魔化してなんとか暮らしているような気がします。


 


また、2008年から隣人の深夜の騒音問題があり眠れない日が続き、睡眠導入剤を服用。たまりかね、私が家主に匿名で注意してもらい、その後改善したと思われ薬も飲まなくなったのに、その隣人のご主人が無職になってここ2年、今では昼間の嫌がらせに悩みながらの生活。


 


この生活環境が主人より心が弱い私にとって良くないことは判っているのですが、主人には私の神経衰弱は理解されず、私一人がここから出ていこうと思っても経済的に無理なので、私は普段、なんとか冷静に、楽しく過ごそうと努めている状況です。でも、何も面白くないのに笑っているような気がします。


 


主人にも私が精神的にここまで苦しい状態にあることを悟られないように (精神的に苦しいとはどういうことなのかさえ判らない人で話しても彼には何もどうすることもできないし、普段の生活からも何の提案も出ない人なので話したところで私が余計に落胆するので、そうなったときの自分が怖いので) 私は、私のためにせめて明るく冷静に、ということを心がけて生活しています。


 


この生活が原因なのかどうなのか私にはわからないのですが、3年ほど前から、この時期に苦しい精神状態に陥ります。 弱い自分を自分で克服しようと、早寝早起きを心がけたり、気分転換に読書したり、ウォーキングしたり、深呼吸やヨガをしたりと心が晴れるようにいろいろ考えてやっているつもりなのですが、上手くいきません。


 


主人は毎日5時半には帰宅しすぐに入浴、7時には食事、その後TVを見、10時就寝。外食する気はまるでなく、用意されたものは文句を言わずに食べる、という優等生の毎日です。


ただ、私がいないと情緒不安定になる様子が伺え、こうしてパソコンに向かっていると異様な空気を漂わせ、そんな時はもっと早めに帰宅してくる日が続いたりと、そんなとき私は精神的圧迫を与えられているような気になります。 べっとりと張り付き、見張っているのです、きっと。小言をいうと「俺は何もしてない」と言い返す。


 


ある日「今日はあなたが夕食の用意をしてくれないか」と提案すると「どうすればいいの?」と物事が先に進みません。万事がこうで、50才の男がこの返答です、わざとでしょうか?と思ってしまいます。


 


私はパートに出られなくなったのもここに原因があります。私が外に出ると家の中の用事がとても大変になります。主人は自分では気が付いていない、悪いことはしていないと思っているはずですが、私が外で働いたり、友人と外出したりすると家で普段起こらない小さな問題が必ず起こります。 その問題をなんとか調整しようともがく私は挙句の果て、肉体的にも精神的にくたびれ、パートを辞めてしまいます。


 


すると主人は「また辞めたの」と言います。「あなたのせいよ」といいたいけど、彼にそれを納得されられる具体的な証拠が提示できないし、彼には精神的圧力を与えている自覚がないので、私は反論できずに気力を失い、次第に私は外に出ることの気力も亡くなり、小さな目標さえも達成できない人間になっています。


 


友人関係について言えば、おこずかいが無い生活で、今では私は友人との付き合いはまったく無く、結婚当時よく会っていて楽しかった主人側の友人たちからの私への誘いもなくなりました。あとから年賀状の内容から判明したことですが、主人の友人は私を毎回誘っているのですが、「妻は具合が悪い」などの理由で主人が勝手に断っているようで、私はすっかり付き合いの悪い奥さんに仕立てられているようです。私の知らないところで私はどんどんさみしい思いをさせられていたのだと落胆しました。


 


休日に彼が仕事に行く理由も「家にいるより楽だから」と言っていたのを聞いたこともあり、その時は傷ついたのですが、そんな日も昼過ぎに帰宅するなどで、早めに帰宅してくることで誤魔化されている日々が続いています。気のせいか、ここ3年、1泊の旅行もできない日程で休日に仕事に行っているような気がします。


 


長い年月を経て次第に悪化しているこの状況から逃れるためにパートをして、お金を貯め離婚をすれば元の元気な私に戻れる確証があるのですが、こんな精神状態で、何もできない自分のほうが強く、ずっと、何もできていないのです。堂々巡りです。 趣味にも年々身が入らなくなり、何をしても「これが何のためになるのだろう」と考えてやる気がうせ、やめてしまっています。そのうちに本当に気が狂い、自分はとんでもないことをして、人生を終わらせてしまうのではないかと思います。


 


こんな精神状態を正常に保つのはどうしたらいいのでしょうか? 季節も暖かくなるので、とにかく新しいパート先を決めたいと思うのに動けないでいます。 なにか良いヒントをいただけたら幸いです。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

最初の段落「困った症状に悩んでいます。 年々2~4月に精神的不安定になり、特に2月末~3月いっぱいというもの 「狂ってはいけない」とか「過激な行動を起こしてはいけない」と、この精神状態を我慢し、冷静に努めようとすればするほど、何か苦しい状態になり、周り (主人)に小さくあたってしまいます」以降は、ご夫婦の問題であって、医療者が立ち入ったり、解決方法をお示ししたりできるような内容ではないと考えます。

この最初の段落に関してのみ、相談に回答することは出来るかもしれませんが、それでもよろしいでしょうか?

以上、ご参考になれば幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生はじめまして。早々にご返答をいただきましてありがとうございます。


この時期の私は何が原因でつらい気分でいるのかわからずに、


それをすべて環境のせいや、過去から蓄積している悩み事のせいにしているのかもしれません。 


これでは今後の生活に不安です。


 


今のこの時期を平穏に過ごしたいので、最初の段階の相談、のご回答を頂戴したいです。


よろしくご指導ください。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

相談者様が呈されている症状は強迫観念である可能性が高いと考えます。
強迫観念の内容は無限のバリエーションがありますが、代表的なものとしては以下のサイトに挙げられているものがございます。

【強迫観念】
http://www.npsybt.jp/OCD2.html

なぜ症状が2月末~3月に限定して現れるのかはわかりかねます。

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における強迫観念の診断基準を以下にお示ししておきます。
本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

強迫観念  (1)、(2)、(3)、(4)によって定義される:
(1)反復し継続する思考、衝動、イメージ(心象)のいずれかで、それらは障害が生じている間に、邪魔で不適切なものとして体験され、著しい不安や苦痛の原因となる。
(2)その思考、衝動、イメージは、単なる現実生活の問題についての過剰な心配ではない。
(3)その人は、この思考、衝動、イメージを無視、抑制、何か他の思考または行為によって中和しようと試みる。
(4)その人は、その強迫的な思考、 衝動、イメージが(思考吹入のように、外部から強制されたものでなく)自分自身の心の産物であると認識している。

強迫観念は強迫性障害(OCD)の症状です。
その治療は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬を用いた薬物療法と、行動療法(曝露-反応妨害法)の組み合わせが国際的な標準治療です。
ただ、相談者様のように強迫観念が主体の強迫性障害の場合は薬物療法が主治療の位置を占めることになります。

強迫性障害や行動療法的なアプローチの基本概念はこのサイトが参考になります。

【九州大学病院精神科行動療法研究室】
http://www.npsybt.jp/

日本では、SSRIをOCD治療用に適切に使える精神科医は少数派で、行動療法となると、行われている施設すら限られますが、インターネットなどで検索し て、この標準治療を行える医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問