JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は堺市中区在住の42歳の男なのですが、会社の代表取締役でもあるのですが、 時折、何もかもが嫌になり、自殺願望が出

解決済みの質問:

私は堺市中区在住の42歳の男なのですが、会社の代表取締役でもあるのですが、
時折、何もかもが嫌になり、自殺願望が出てきて夜も全然眠れません。
環境を変え、静養でもすれば治るのではないかと思い、入院を考えています。でも閉鎖の病院は嫌だと思います。
こんな私でも受け入れてくれる開放病棟の病院はあるでしょうか。
できれば堺近辺がいいのですが、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま す】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載のように自殺念慮があるのであれば、通常は閉鎖病棟への医療保護入院(ご家族の同意による、いわゆる強制入院)の適応となります。
開放病棟への入院とするか閉鎖病棟への入院とするかは診察医の判断いかんですので、このインターネット相談で、相談者様を「受け入れてくれる開放病棟の病院」を紹介することはできません。

一方で、確かに、他の色々な病気の患者様と同じ病棟に入院することになる従来の精神科病院は、うつ病患者様が入院を考えるにあたっての心理的障壁となりがちです。
それに対する方策として、「ストレスケア病棟」と呼ばれるうつ病専門の病棟を有する精神科病院が増えてきました。

【ストレスケア病棟】
http://ula-la.jp/blog/162.html

全国的に見てもその数はまだ少ないのが現状ですが、大阪であれば以下の病院がストレスケア病棟を有しています。

医療法人 杏和会 阪南病院
http://www.hannan.or.jp/mentalcare/

六三会 大阪さやま病院
http://www.osakasayama.jp/bizContent.do

医療法人美喜和会 オレンジ・ホスピタル
http://www.eusekkei.co.jp/service/psychiatry/works/orange_hospital/index.html

七山病院
http://www.7yama.or.jp/service.html

これらの病院では、非精神病の患者様にとってのアメニティに心を砕いていますから、リラックスした入院生活を送ることができるのではないかと考えます。
こうした病院に、まずは入院を相談をされてみることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

私は、生命保険に入っているのですが、精神病(うつ、不安神経症、不眠症等)いずれであっても入院給付は受けられるのでしょうか?入院するなら、阪南病院でストレスケア病棟に個室で入院したいと思っていますが、一元でできるものなのでしょうか?ご存じであれば教えてください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

私は、生命保険に入っているのですが、精神病(うつ、不安神経症、不眠症等)いずれであっても入院給付は受けられるのでしょうか?入院するなら、阪南病院でストレスケア病棟に個室で入院したいと思っていますが、一元でできるものなのでしょうか?ご存じであれば教えてください。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

保険の約款次第ですね。

経験的には、

①保険加入後の発症であると診断書に明記されれば精神科疾患でも給付金が支払われる保険。

②発症時期に関わらず精神科疾患に対しては給付金が支払われない保険。

に分かれます。

②の場合でも、入院主治医が気を利かせて診断名を「自律神経失調症」にすると身体疾患扱いになって保険金が給付されることが少なくありません。

保険の約款を確認されるとともに、ご希望の病院で、どのよう程度の柔軟な文書作成が期待できるかをあらかじめ確認される必要があります。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問