JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

いつまで続くのでしょうか?

解決済みの質問:

ロンドンの自宅に戻ってくると体調を崩すように感じます。


ベンラファキシン225mgはまだ服用継続していますが、焦燥感が酷いです。夫に日本語で書かれた電化製品の取説を訳してほしいと、その一枚の日本語で書かれたものを見たとたんにプレッシャーを感じ何かに襲われるようで恐くて泣いてしまいました。夫もビックリしていました。クリスマス休暇前の入院中は、ミルタザピンの副作用で焦燥感が酷いのかもしれないと言われていたのですが、ミルタザピンをやめた今でも焦燥感は続いています。明らかにベンラファキシン効果はないようです。


今まで、シタロプラム、ベンラファキシン、フルアンキソール、トリプタノール、ミルタザピンと服用してまいりましたがどれもイマイチのようです。


本当に治るのかと自分でも不安でしかたありません。


また、休暇前の入院中に他の患者さんから言われたことですが、抗ウツ薬が効かないのは統合失調症だから。。。というのがずっと頭の中で渦まいています。日本の精神科医を10月に受診した際には「気分変調症に大うつ病が上乗せされた状態」と言われました。英国の主治医からは何も言われていません。受診する度に時間稼ぎをしているだけのように感じます。


先が見えず、全てがクリアーではない今、どうすればいいのか分かりません。焦りばかりが先行してしまい、押しつぶされそうで仕方ありません。


今後どうすれば良い方向に向かいのでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

精神科医のclozapine1961です。
質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

年末年始は休暇をとっていたもので、回答が大変遅くなり大変申し訳ございません。

 

やはり焦燥感が強いというのはうつ状態の一症状でしょう。

抗うつ薬に関してはシタロプラム、ベンラファキシン、ミルタザピンと代表的なものはしっかり使われている印象にあります。

ですので、オランザピン(商品名:ジプレキサ)やクエチアピン(商品名:セロクエル)などを増強療法として加えてもらったらいかがでしょうか。

そうすれば少なくとも焦燥感だけは軽快するはずです。

 

以上参考にしていただけると幸いです。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ステータスが期限切れとなっておりますが、その後いかがでしょうか?

何か追加で質問がありましたら、仰っていただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.
すぐに返答が出来なくてすいませんでした。
抗鬱薬が効かないのはうつ病ではなく統合失調症だからという入院患者のお話しについてはどうですか?
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

実際に診察していないので確信は持てませんが、これまでやり取りさせていただく限りにおいては統合失調症の可能性は低いと感じます。

ちなみにおすすめさせていただいたオランザピンやクエチアピンは抗精神病薬であり、もともとは統合失調症の薬ですが、うつ病の増強療法にも効果があります。

以上参考にしていただけると幸いです。

clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問