JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在高2の息子が授業についていけません。授業中はボーっとしていることが多く、課題の忘れがとても多い状況です。叱っても

解決済みの質問:

現在高2の息子が授業についていけません。授業中はボーっとしていることが多く、課題の忘れがとても多い状況です。叱っても反論せず、悲しい顔をするだけです。担任からもアスペルガーかADHDの可能性を示唆されました。小学生の頃は落ち着きなく、担任から目の敵にされていました 。中3になるとずいぶん落ち着いてきて、無事公立高校にも入学できたのですが、高校に入ってからみるみる成績が落ちていきました。精神的な問題か脳にに異常があるのでしょうか。怖くて心療内科にも連れて行っていません。少ない情報で申し訳ありませんが、どのように診断できますでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

判断が難しいケースです。
そもそも発達障害の方の場合、対面でお会いして、会話する中で何となく感じる違和感のような もの(これは発達障害の当事 者の方々と数多く接することで培われる無意識のパターン認識のよ うなものだと思います)が診断につながっていくことが多く、よほどの典型例でない限りは、 こ のようなネット相談でのやりとりで診断の見当が付くものではありません。

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトでご子息に質問に答えていただき、最後に表示される結果・点数を教えていただけないでしょうか?

自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient: AQ)自己診断
http://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html

エイメン・クリニック式ADD分類チェックリスト
http://ex.senmasa.com/add/

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

(1)自閉症スペクトラム指数は次のとおりでした。


 


あなたの得点は28点です。


緑ドット社会的スキル
9点
緑ドット注意の切り替え
5点
緑ドット細部への注意
3点
緑ドットコミュニケーション
8点
緑ドット想像力
3点

閾値内に収まっています。


 


(2)エイメン・クリニック式ADD分類チェックリストは次の通りでした。


 


不注意:7


多動性:0


過集中:1


側頭葉:0


辺縁系:2


火の輪:2


不注意型ADD(注意欠陥障害)の人は、ただ静かに気が散っているだけであるため、同じADDでも「のろま」「怠け者」などのレッテルを貼られるだけで、ADDの問題を抱えていることに気づかれにくいようです。学校でも、授業の妨害はせず、空想にふけっているか、窓の外に気を取られています。周囲からは、きっと本気で興味を持てることが何もないのだろう、意欲がないのだろうと思われてしまいがちです。


いずれのタイプに該当しても(正常、との結果が出たとしても)、大切なのはこのADD(注意欠陥障害)あるいはADHD(注意欠陥多動性障害)と呼ばれる症状に対して、真剣に向き合い、過不足のない認識を持つことです。このページでの診断結果が医学的に正しいという保証はできません。まずは正確な知識を得ることを心がけ、心配なことがあれば専門家に相談することをお勧めします。


 


以上、よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

エイメン・クリニック式ADD分類チェックリストの結果とこれまでの学校での様子からは、不注意型のADDを疑って矛盾しないと思われます。

ADD(ADHD)は先天的な脳の障害ではありますが、治療と訓練によって社会的機能を維持・向上させることが可能です。
未治療期間が長くなればなるほど周囲との軋轢(「担任から目の敵にされ」るなど)で自己評価が低くなり、本来の能力を発揮できないという悪循環に陥りますから、「怖くて心療内科にも連れて行っていません」というお気持ちはわかりますが、できるだけ早い時期に専門医にかかられるべきだと考えます。

もちろん現時点で診断が確定したわけではありませんので、まずは専門医の診察を受けられることです。
以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問