JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めてですが、よろしくお願いします。まず私(男57歳)の家族構成ですが自分と両親(父84歳、母80歳)のみです。両親

解決済みの質問:

初めてですが、よろしくお願いします。まず私(男57歳)の家族構成ですが自分と両親(父84歳、母80歳)のみです。両親とは15年ぐらい前では同居していたのですが、その後、私は別居しています。2つ下の妹がいましたがすでに結婚しています。
 相談というのは実はうちの母親のことです。自分の考えでは、認知症の症状でどうも被害妄想が出ているようです。時系列で説明させていただきます。今年の3月に両親と私の3人で自家用車で買い物に出かけているときのこと、母親が「下のおじいさんは一緒に来ないの」と聞いてくるのです。「そんな人いないよ」と否定すると「下のおじいさんと父が似ていたのでそう思っただけ」という旨のことを言ったのです。*下のおじいさんというのは祖父(父の親)のことで50年ぐらいまでは同居していましたが、その後、近くに家を建て別居になり30年ほど前に病死しました。それ以来、私が家(両親の家)に行くと(心配なのでほとんど毎日行っています)、下のおじいさんがさっきまでいたが今帰ったとか、父親の知り合いが自分(母 親)の服とかお金を持ち逃げしているとか、また、自分の服やバックなどがなくなると父親がどこかに隠したとか・・・・。頻度としては2~3日続いたあと1週間~10日間ぐらいは何もなかったりするんです。あるときなど、本人が納得いかないので交番の警察官に来ていただいたこともありました(2回)。物がなくなるというのは、母親自身が他人にもって行かれないように密かにどこかに隠しておいて、それを忘れてしまい、父親が隠したとか言い張るのです。ケースとしてはしばらく経ってからものが見つかる場合が多いです。そういう状況が数日続いた後、元の母親の姿に戻るのですが、3週間ぐらい経つと、また同じようなことが起こります。家にいるのが嫌だといい、親戚の家まで泊まりに行ったこともありました。
 参考までに言いますと、母親は性格的に昔から考え方がネガティブ、猜疑心が強い。人をあまりほめない。父親の元に嫁いでからの苦労話(姑等(祖父母、叔母もいました)に肉体的精神的にいじめられ苦労したようです)や愚痴をよく私に言います。近所や親戚の嫁の否定的な話をよくする。もちろん、笑ったり、冗談も言いますが。義理人情に厚い、ある程度常識は身に付いています。母親は通常の生活はできます。自分のこと、主婦としてやるべきこと、買い物、バスを利用しての美容院通い等、ただ、年賀状を書くのを面倒くさがっています。ものや人の名前がすぱっといえないと言うことはあります。病歴もあります。数年前(3~4年前)、腹部動脈瘤と心臓バイパス手術を行いました。それ以後、通院しながら6種類ほどの薬を服用していました。母親のこの症状を主治医にも相談しました。薬の副作用かもしれないと言うことで薬を4種類に減らしてもらいました。ちなみに今服用しているのは、フロセミド錠、バイアスピリン錠、ワーファリン錠、ジルチアゼム塩酸塩Rカプセルです。月に1度の通院です。近所の精神科にも行きました。ロナセン錠を処方してくれましたが、3~4回ほど通院しました。15~16年ほど前にも膝の手術を行いました。今は整形外科に膝が痛くなったら通院して注射を打ってもらっています。X脚ということで2月に膝の手術の予定です。
 栄養剤としてこれ以上進行しないようにネット等で話題になっている(NEW)フェルガードを飲ませています。1ヶ月ほど経ちますが、あまり際立った変化は今のところありません。1日の服用量は、通常の3分の2ほどです。少し改善されるだろうと思い今やっていることは、大人の塗り絵、写経というほどではありませんが文字を書き写すことなどまあときどきだと思うのですが。膝に負担をかけないように自転車こぎ運動も少しやっています。
 最後に質問ですが、妄想を言い始めたときの対応はどうしたらよいのでしょうか、肯定も否定もしないようにうまく話をまとめていくのがいいと、あるサイトでは記されていました。それから、フェルガード等の栄養剤は進行を遅らせるための一助にはなるのでしょうか。服用するとすれば通常用量である1日2包がいいのでしょうか。
 明解な回答をよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。
猫山と申します。精神科医です。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

フェルガードの「効果」には疑問符が付きます。
「進行を遅らせるための一助に」なるのであれば、それは厚生労働省がお薬として認可するでしょう。毒にはならないと思いますから、使用継続に反対は致しませんが、使用量に神経質になることの意義は感じません。

既往から推察しますに、脳血管性認知症(微小脳梗塞による認知症)である可能性が高く、病前性格の先鋭化が起こり、さらに物盗られ妄想が生じていると考えられます。
対処の仕方としては、それが可能なのであれば「肯定も否定もしないようにうまく話をまとめていくのがいい」でしょう。
興奮が激しくなったり、他人に迷惑が及ぶようなら薬物による鎮静を検討しなければなりません。

どこまで現在のようにご本人の意思を尊重できるかはご家族の体制いかんですが、遅かれ早かれご自宅での介護は難しくなるでしょうから、早い時期に専門医を受診して診断を確定し、介護認定を受けられておくことをお勧めいたします。
下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問