JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻が12/6に統合失調症で医療保護入院しました。 病院で治療の話をすると、妻は入院するのはいやで、しばらく猶予をく

解決済みの質問:

妻が12/6に統合失調症で医療保護入院しました。
病院で治療の話をすると、妻は入院するのはいやで、しばらく猶予をくださいといいましたが、治療すれば治るからと入院をお願いしました。(義父が精神科へ入院したことがあったみたいで入院に対して恐怖を感じていたようです。普段から病院へは行きたがりません)
本人の意に反しての入院ですから、信頼関係がないと思いますが、信頼関係の再構築は可能でしょうか?
また、退院した後、同じようなことが再現されることがあるのでしょうか?
県外の大学へ行っている子供へは概略 は説明したのですが、今後の経過などはどのように説明すればいいのでしょうか?

12/6早朝、妻が包丁持ち出し、長男(名前で)をどこへやった。殺したのか?と言われ恐怖を感じたので、僕は、ドアで妻が来ないように防御し閉じ込められた状態なりました。
パトカーを呼べと要求され、110をして警察もきました。
警察も家に鍵が掛っているので入れず、こう着状態が続きました。(妻は警察は偽物と思っているので鍵をあけない)
しかし、妻の力が強くドアを開けられ、そばにあったカーテンで防御しながら、包丁を持った妻の手を押えて、包丁を取ろうとしたが、取りきれず、玄関まで引っ張っていってドアを開け、警察に引き渡しました。
お互い擦り傷程度でけがはありませんでした。
思い返すと20年くらい前から妄想の症状はありました。

妻はなぜこんなことをしている”早く出して”といっています。
治療が必要だからと説明しますが、どのような説明がいいのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します

今回ご相談された内容のご質問は、既に奥様の主治医になさっているのではないかと存じますが、主治医はどのような見解だったでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山先生、ありがとうございます。


 


主治医から入院期間は1~2か月と言われています。


まだ、妻に合う薬を探っている状態です。


現在のところ改善はありません。興奮はしていません。


入院2日後の面会時の途中から通常の意思疎通ができましたが、翌日以降は面会者全員が偽物と考えるようになっています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

> 本人の意に反しての入院ですから、信頼関係がないと思いますが、信頼関係の再構築は可能でしょうか?
通常は、お薬が効いて幻覚や妄想が消褪すれば、自ら振り返って患者様ご自身が入院が必要な状態であったと認識できるようになってご家族との信頼関係が回復することが大半です。
しかし奥様の場合、20年以上も未治療であったという点で注意が必要です(次項参照)。

> また、退院した後、同じようなことが再現されることがあるのでしょうか?
統合失調症は生涯に渡る薬物療法が必要な疾患ですから、奥様が退院後にお薬を服用することを止めてしまわれたら、「同じようなことが再現される」でしょう。
未治療期間が長い患者様は、症状と本来の性格の境が曖昧になり、仮にお薬で幻覚・妄想が消褪しても、病識(自分が病気だという認識)が持てない方が少なくありません。
その場合、お薬の副作用を気にされて自己断薬し、再発を繰り返すことがしばしばあります。
その意味では、1~2ヶ月という入院期間では、奥様に合うお薬をみつけ、病気の性質や服薬の必要性を奥様ご自身に理解していただく「疾患教育」までを行うには短すぎるような気も致します。

> 県外の大学へ行っている子供へは概略 は説明したのですが、今後の経過などはどのように説明すればいいのでしょうか?
大学生であれば、ありのままを説明されるべきでしょう。ご家族が支えていかなければならない部分も少なくありませんから、主治医の病状説明にお子様も同席していただくのがよいでしょう。
統合失調症は遺伝性がある疾患ですので、これはお子様ご自身の問題でもあります。
事実を、包み隠さず告げられるべきです。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問