JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
clozapine1961に今すぐ質問する
clozapine1961
clozapine1961, 精神科専門医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 297
経験:  精神保健指定医、都内大学病院勤務
69030297
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
clozapine1961がオンラインで質問受付中

気分変調症+大うつ病は治るのでしょうか?

解決済みの質問:

先日、日本の精神科医を受診した際に「気分変調症に大うつ病が上乗せされた状態」と言われました。


約一年半(それ以前は、精神科医を受診したことはありませんでした。ただ、自分は出来損ないの人間なのだと半ば諦めて日々を過ごしておりました。)ですが、英国で薬物療法と精神療法で治療しているのですが、快方に向かっている実感は全くありません。


気分が落ちている時に薬を増やされたり、他の薬を追加されたりしていますが、それは気分を持ち上げるような感じではなく、ただ感情を抑えているだけに過ぎないように感じています。喜怒哀楽の度合いを少なくしているに過ぎません。


精神療法も理論的には理解できますが、身体が言うことをきかなくなる状態のときは、学んだ理論も無駄に感じてしまいます。


ずっと、うつ状態と喜怒哀楽の度合いの少ない状態の周期的な繰り返しのような気がします。


このままの状態が一生続くのでしょうか?


あと一週間延長して入院治療を強いられてしまい、少し悲観的に考えがちになっているかもしれません。


日本での治療も英国と同じなのでしょうか?


 


 

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

精神科医のclozapine1961です。
質問をご投稿いただき、ありがとうございます。

本日は立て込んでいますので、また夜にでも回答いたしますね。

申し訳ございませんが、しばしお待ちください。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

回答がが遅くなり申し訳ございませんでした。

 

「このままの状態が一生続くのでしょうか?」

→喜怒哀楽の少ない状態というのは、うつ状態による無感情でも起こりますし、抗うつ薬の副作用でもみられます。

しかし抗うつ薬の副作用だとすれば、ずっと持続するはずですので、ここではうつ状態の症状の変遷と考えるのが妥当かと思います。

治療には少し時間がかかるかもしれませんが、必ず良くなり一生は続きませんよ。

 

「日本での治療も英国と同じなのでしょうか?」

→現在の治療はグループセラピーとカウンセリングを併用しておりやや濃厚な印象があります。

私としては、薬物療法と一つの精神療法の併用あたりが理想的ではないかと思います。

日本では保険適応範囲内では、薬物療法と簡単な問診程度ですので、一長一短かと思います。

 

以上参考にしていただけると幸いです。

今後も何なりと質問してくださいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お忙しい中の回答ありがとうございます。

主治医には30年間放置しておいたうつ病を治療するには時間がかかると言われておりますが、薬物療法と精神療法を一年半続けていて一向に改善する気配はないように思います。むしろ、精神療法で過去をほじくられたり、カウンセリングで精神状態が不安定になったりして普通の生活を乱しているような気さえしています。

金曜日に退院できるかどうかの主治医受診があり、その際にクリスマス休暇後の予定もお話しなくてはいけません。

今年一年の治療でうつ病に伴うイロイロな身体的な症状は改善したとは感じますが、うつ病そのものは改善したとは思えないのです。

ここの精神病院での入院治療はプライベート保険でカバーされているので、来月の治療を継続するかしないかを保険会社に通知しなければいけないのですが、上記のような状態で同じ病院同じ主治医で継続するべきだと思われますか?

(ちなみに、この病院は主治医も言ってますがロンドンではトップクラスの精神病院らしいのですが。。。)

セラピストに言われましたが私が一番長く外来でグループセラピーに参加していてうつ病の状態が改善していない患者みたいです。

自分でも、繰り返しの状態にうんざりしています。

何を変えたら、今の足踏み状態から抜け出せるのかアドバイスをいただけると(金曜日の主治医の受診の際に退院を主張しやすくなるので)嬉しいです。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

またまた回答が遅くなり申し訳ございません。

今回は気になる点を中心にコメントしていきますね。

 

「主治医には30年間放置しておいたうつ病を治療するには時間がかかると言われております」

→うつ病に関して言えば、治療の介入が遅れるほど難治性になるという事実はありません。

むしろ治療なしでも何とか30年間生活してこられたと考えるべきかと思います。

 

「精神療法で過去をほじくられたり、カウンセリングで精神状態が不安定になったりして普通の生活を乱しているような気さえしています」

→精神療法は副作用がないという方がいらっしゃいますが、全くのデタラメです。

現在、まさに副作用を経験しているわけですね。

このような副作用を経験しても、その先に効果があると治療者が考える理由は明確化していただくべきかと思います。

 

「同じ病院同じ主治医で継続するべきだと思われますか?」

→これは難しい問題です。

しかし、現在の治療がうまくいっていないので陰性感情が芽生えている印象があります。

そのような状態で治療を継続しても本来の効果は発揮されないでしょう。

私からの提案としては、セカンドオピニオンも聞いてみたいと進言してみて、ポジティブにとらえてくれる主治医だとすれば逆に信頼できるのではないでしょうか。

 

「私が一番長く外来でグループセラピーに参加していてうつ病の状態が改善していない患者みたいです」

→グループセラピー自体はうつ病および気分変調症に効果が確立したものではないので、効果がなければ止めてしまってもよろしいのではと思います。

はっきりとしたエビデンスがあるのは、薬物療法と認知行動療法だけです。

 

こんな感じの返答でよろしいでしょうか。

以上参考にしていただけると幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

お忙しい中に丁寧に回答してくださり心より感謝申し上げます。

あと一つだけ教えてください。

治療にうんざりしているせいか、最近は生きているのも面倒くさく思います。

セラピストには小さいことでいいから、それに幸せな感覚を見つけなさいといわれますが、全てのことがニセモノっぽく感じてしまい幸せな感覚なんて感じることはできません。

正直言って、子供が生まれたときも幸せとは感じませんでした。

(自分の子供だから守る責任はあるとは思っています。)

子供を産むことは動物と同じレベルのことで、それを幸せとは感じられないというようなことをセラピストに言ったら(私の正直な思いです)凄く怒られました。

CBTでThinking errorやCore beliefの説明や自分に当てはめたプラクティスなどをしましたが、理論はわかりますがそれを実践していくには余りにもかけ離れすぎて私にうまく適応しているのか疑問を抱いてます。

IPTでは今の自分の役割を認識することで「怒り」がなくなったことは実感できました。

 

30年前に自殺未遂をして以来ずっと、身体の半分がそのことに囚われているようでスッキリしません。身体がその時の感覚やその場の雰囲気を覚えているようで、似たような空間に身をおくと30年前の苦しかった思いが即座に身体全体に戻ってきます。

主治医には、過去のことは変えられないから今の自分を変えるようにと坊さんのような説教を賜りますが、身体が意志とは関係なく反応してしまいます。うつ状態になるとそのことばっかりが頭の中をまわってます。

このことだけでも解決できたらどんなに楽に生活していけるかと思うのですが、解決策でなくてもいいですから何か楽になる方法を教えてください。

どうすればいいのか分からない。

専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.
追加で質問があります。
食べ物で好きなものはありますか?
もしあれば、それを食べたいと思いますか?
よく眠れた日は快適ですか?
以上教えていただければと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
好きな食べ物は新鮮なネタの握り寿司。
ロンドンでは絶対にあり得ないが、目の前にあれば食べたいと思います。
ミルタザピンのせいで眠ることはできますが、朝起きた時はかなり重たい気分です。
専門家:  clozapine1961 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

簡単に楽になる方法を説明できたらいいのですが、残念ながらなかなかありません。

ですが、私なりにアドバイスしてみたいと思います。

 

「セラピストには小さいことでいいから、それに幸せな感覚を見つけなさいといわれます」についてですが、これはあながち間違いではないですよ。

例えば、新鮮なネタの握りずしを食べに行けるとしたら、少し幸せを感じるのではないでしょうか。

 

また「過去のことは変えられないから今の自分を変えるようにと坊さんのような説教を賜ります」ですが、これも治療者の説明の仕方によるのですね。

例えば、またお寿司の話をして恐縮ですが、過去を振り返るよりも、退院したらパリに(ロンドンにはなさそうですね・・・)新鮮なネタの握りずしを食べに行くことを考えるよう努めた方がいいと思います。

 

つまり少しわがままぐらいでいいので、自分に都合のいいように過ごす、考えるように努め、周りにもできる限り協力してもらえると、日々生きている意味を少しずつ感じてくるのではないでしょうか。

 

以上参考にしていただけると幸いです。

clozapine1961をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問