JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

双極性障害を患っています。よく「双極極性障害は治らない」という話を聞きますが、本当なのでしょうか?将来のことにまった

解決済みの質問:

双極性障害を患っています。よく「双極極性障害は治らない」という話を聞きますが、本当なのでしょうか?将来のことにまったく望みが持てず。不安でなりません。本当のところを
お聞かせ下さい。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

敢えて端的に回答いたしますが、双極性障害は、お薬を服用しなくてよくなるという意味では完治しない疾患です。
一生の服薬が必要になります。
一方で、相性の良いお薬がみつかれば、症状はコントロールされ、一般の方と変わらない生活を送ることができます。

その意味では、高血圧のような慢性疾患と似ていると言えるでしょう。

日本うつ病学会が、患者様向けのガイドブックを公開しており、これは相談者様にも参考になるのではないかと考えます(特に「3.双極性障害とつきあうために:患者さんご自身へのお願い」をご参照ください)。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
私としては、医学的に正しく、過不足の無い回答をしたつもりでしたが、「質問者の評価:より詳しい回答を期待した」というマイナス評価を賜ったようです。

評価だけでは何が不足であったかわからず、追加で提供すべき情報もわかりませんのであらかじめ【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわ からない ままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよ ろしくお願いいたします】という注釈も入れていたのですが……

よろしければ、どういった回答をご希望なのか教えていただけないでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

評価の仕方を誤り申し訳ありません。ただ、自分が恐れていた回答が来たもので正直動揺しておりました。現在就労中の自分としては、会社側に「治る病気」であると伝えたかったのです。この場合、自分はどのように会社側に説明すればよいのでしょうか?双極性障害が治らないとなると、働く上でいろいろなハンディを背をわなくてはなりません。その不安をどうにか解消したくご相談した次第です。
先ほどの質問、言葉足らずで失礼いたしました。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

その意味で、私は相談者様の当初のご質問に過不足なく回答しており、このスレッドは既に完結していると考えます。
憚りながら、最初のご質問文から今回の「この場合、自分はどのように会社側に説明すればよいのでしょうか?」という追加質問の内容を汲み取ることはどの専門家にとっても不可能事であったでしょう。このサイトでは患者様を直接診察できず、専門家は文字情報のやり取りによってしか回答の材料を得られません。適切にご質問いただけなければ適切に回答はできないことをご理解いただければと存じます。

とはいえ、マイナス評価をいただいたままでは私がこのサイトで活動する上で不利益を蒙りますので、追加のご質問にも可能な範囲でお答えしたく存じます。

まず、「会社側に「治る病気」であると」伝えることは、虚偽の申告になってしまいますのでお勧めできません。会社にも産業医がおられるでしょうから、双極性障害という病名が判明すればそれが治らない病気であることはすぐにわかってしまいます。

そこで質問なのですが、

相談者様は、発症当時にはどのような症状を呈されて精神科(心療内科)を受診されたのでしょうか?

「今年の6月から双極性障害と診断」されたとのことですが、これは、6月に躁状態を呈されたと理解してよいでしょうか? どの程度の躁状態でしたか?

これまで、うつ状態、もしくは躁状態のために、仕事に支障をきたしたり、傷病休暇をとられたことがあるのでしょうか。会社側に診断書を提出されたことがあるのであれば、その際にそのような診断名を申告したか教えて下さい。

「現在、躁、うつ共に症状はでて」いないにも関わらず、「病気が完治しないと、会社内でも仕事が思うように」いかないのは、どのような事情によるのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問