JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。離れて暮らしている68歳の父親なのですが、2月程前から食事を受け付けなくなってしまい、困っております。

質問者の質問

はじめまして。離れて暮らして いる68歳の父親なのですが、2月程前から食事を受け付けなくなってしまい、困っております。(果物等は食べていたようです)お医者様にかかるように説得しても、「死んでもいかん!」の一点張りで痩せ衰えていく一方です。一度、知り合いの内科のお医者様に往診にきていただいたのですが、特に悪いところは無かったそうです。神経内科にかかるように薦められたのですが、本人があの調子では行かないでしょう。世話をしている母もかなりまいっているのでいつ倒れてしまうかわかりません。父は15年前にケンカに巻き込まれ、脳挫傷をやっています。回復はしたのですが、性格は少し変わってしまっています。それ以来、母とは不仲です。どうか、よきアドバイスをお願いいたします。

篠山市在住
イズミ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

精神科≒心療内科≠神経内科ですのでご留意ください。

恐らくは、お父様は、脳挫傷による人格変化(前頭葉の損傷だったのでしょうか?)に加齢性の脳萎縮が重なって、人格のさらなる先鋭化が起きているものと思われます。

早急に栄養補給が必要な状態ですが、ご記載のような状態では、一般の病院では引き受けてもらえないでしょう。

精神科病院に医療保護入院(いわゆる強制入院)していただき、強いお薬で鎮静をかけ、手足を拘束して強制的に点滴や経鼻栄養を行うしかなさそうに思われます。
ただその場合、認知症が進み、足腰は立たなくなり、最終的には介護施設に入所となる可能性がきわめて高いと思われます。

そのような方法を選択されるご用意が、ご家族にはおありでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山様


迅速な回答、ありがとうございました。母と相談した結果、精神科へ入院させる覚悟はあります。明日、市の保健所へ相談に行くと言っておりました。


またご質問するかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。


イズミ


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。


精神病が疑われる患者様を強制的に入院させる制度として、現在では正式なシステムとしての「移送制度」が確立しています。
http://www.tokyo-psw.com/seishin/34tebiki.htm
残念ながらどこの地域でも十全に機能しているとは言えないのが現実ではありますが、まず窓口である保健所に相談をされるのは正解です。しかしこの制度は本来は統合失調症の患者様を対象としたものですので、お父様はこれに該当しないかもしれません。

どうしても病院に連れて行けない場合は、民間の移送業者を利用するくらいしか方法はないように思われます。お金はかかりますが、確実性は高い方法です。入院を引き受けてくれる病院との強いパイプがある業者が少なくなりません。
例:http://www.tokiwahoken.com/gyomu01.html

精神科 についての関連する質問