JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14252
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

仕事の上で上司に的確な報告をしようと、以前は経過→結果という順番で伝えていました。 でも、社会はそうではなく結果→

解決済みの質問:

仕事の上で上司に的確な報告をしようと、以前は経過→結果という順番で伝えていました。
でも、社会はそうではなく結果→経過が普通と何度も注意され、気をつけて順番を守ってきました。
た まに、結果→経過で報告すると、何を言いたいのかつながらないとの指摘も受けますが、これはたんに話下手だからだと思うのですが。

何とか訓練の甲斐があって、注意される回数が減ったのですが、いつも「情報を付け加えすぎ」といわれます。

私はどちらかというと、親切心というか、必要な情報だと思うので話したり書いたりするのですが、大概は削除されます。かと思えば、いつもいわれている「情報付け加えすぎ」の個所をはしょると、「これでは、意味が通じない」という反応が返ってきます。
これは上司は経験があるからそう判断できるのか、それとも私がおかしいのかがわかりません。

不安というか、私がどう動けばいいのか分からなく、それだけを考える時間が最近長くなってしまって、残業が続くということが増えてきました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

たしかに、プレゼンテーション的な会話をする場合、まず結論、ついでそこに至る経過の説明、というのが、近年推奨されている進め方でしょうね。

少し補足情報を下さい。

ご記載のような、情報の取捨選択や話し方に関する他の方とのすれ違いは以前から、例えば学生時代にもあったのでしょうか。上司の方に言われるのと同じようなことを、他の方からも言われることがしばしばありますか?

最終的に、相談者様には特に医学的な問題はありません、という回答に至ったばあいでも、そこに至る論旨が明確であればプラス評価はいただけるのでしょうか。

下記のスケールをやっていただき点数を教えていただけないでしょうか?
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf
2点以上の点数がついた項目があったらその番号も教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

学生時代は今とは逆に、経過→結果でないと注意されました。

歴史学科という特殊な学科だったせいかもしれません。

家族は全く注意することなく、急いでいても最後まで聞いてくれます。

友達にも全く注意や何かアドバイス的なものはもらったことはありません。

むしろ、友達が私みたいなしゃべり方をするタイプが多いからかもしれません。

注意されるのはほとんど仕事関係です。

 

一度、睡眠がとれないことがあり

精神科に受診した時にアスペルガーの疑いがあるかもしれないとは言われたことがあります。

 

テストの答え方が分からないので、設問番号と、自分の答えを書いていきますので、処理をお願いいたします。

 

設問0:2 

設問1:3

設問2:3

設問3:3  夜24:00に寝て朝4時に目が覚めます。

        遅刻が怖いので二度寝はしません。

        七時半に起きれば間にあうのですが。 

        特に起きた時にねたりないと感じることもなくすっきりです。

設問4:1  勤務中、眠気を感じる暇もなく、何回か

        15分ほど堕ちてるときがあります。自ら昼寝はしません。

設問5:3   電車の中で思い出し泣きを良くします。悔しい思い出で。

設問6:3

設問7:1

設問8:2

設問9:0

設問10:1  決断は下せないことは多々あるので2かもしれません。

設問11:3

設問12:2  自殺というより、最期の時を考えます。

設問13:1

設問14:3  お手洗いに行くのすら煩わしく感じることがあります。

設問15:0  他人にはそう見えるようです。

設問16:0

 

以上です、宜しくお願い致します。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

もう少し情報を下さい。

アスペルガー症候群の疑いがあると告げられたのはおいくつの時ですか? 診察医は何を根拠にそのような見解に至ったのでしょうか。

ご友人は多い方ですか?

小中学生の頃の学業成績に偏りはありませんでしたか? 主要5科目以外の科目は得意だったでしょうか。

注意されるのはほとんど仕事関係、とのことですが、上司の方以外からも注意を受けることがあるのでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

アスペルガー症候群の疑いを告げられたのは19歳か20歳のときです。


診察いの根拠がなんだは定かではありませんが、


とにかくいくつかの心理テストをしたのでそれで判断されたんだと思います。


 


友人は少ない方です。


気楽にすぐに仲良くなったりするのは得意ですが


(つまり通りすがりの友人?)


ちゃんと年賀状のやりとりまでするような友人は数人しかおりません。


 


学業の成績に偏りはありません。  


数学が若干苦手でしたが、苦手なだけで成績としてはどれも4or5。


主要5科目以外はその時の課題によって、得手不得手がありました。


音楽:得意なので5でした


美術:不得意です。写実したりするものは得意ですが、想像するものは苦手


家庭・技術:特に問題はありませんが小さいミスが多かったです


体育:とにかく苦手で嫌な教科でした。平均的より少し上手くできるけれども


    苦手意識は全くとれませんでした。美術も同じです。


    ただ、水泳だけはできたので、成績は悪くないです。


 


注意する仕事関係上の人は上司以外は


男性の先輩などほとんどが男性です。


同じことを、うっかり経過から話しても女性の場合は


最後に「つまり○○ということだよね」という確認をして終話となります。


 


また、関連事項をすぐに質問すると


男性の反応は「全ての話が終わってから」「全部聞け」となり


聞いてみると「何故その時に質問しなかった」と返ってくるけいこうもあります。 「質問しました」というと、まあ、怒られるわけで。


 


以上です、宜しくお願いします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、、最初に施行していただいたQIDSは評価点が19点ということになります。
これは一般的には、うつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、とにかく早急な治療を要すると判断される結果です。

アスペルガー障害を含む発達障害に関しては、対面でお会いして、会話する中で何となく感じる違和感のようなもの(これは発達障害の当事者の方々と数多く接することで培われる無意識のパターン認識のようなものだと思います)が診断につながっていくことが多く、よほどの典型例でない限りは、 このようなネット相談でのやりとりで診断の見当が付くものではありません。
しかし、かつて心理テストと診察によってその可能性を示唆されたのであれば、相談者様には発達障害の素養はあるのかもしれません。
アスペルガー症候群を含む発達障害・自閉症の疾患群は、ここからここまでが○病でこちらからは□病、というような明確な線引きが出来ないこと、また、自閉症と正常との間にも明確な線引きが出来ないことから、近年では正常から重度の自閉症までを連続したものとみなす「自閉症スペクトラム障害」という考え方が主流になっているのです。

経過としては、相談者様の「アスペルガー症候群的な部分」のために、社会生活、特に自分のペースだけでは事が運ばない仕事という場面で「生きづらさ」を強く感じられるようになり、それが誘因となってうつ病を発症した可能性が考えられます。

心療内科を受診されて、まずはうつ病の有無の診断してもらい、必要ならば治療を受けられることをお勧めいたします。
うつ病が治った後にも「アスペルガー症候群的な部分」は残ります。
これをどうするかは、また別の選択となってきます。

アスペルガー症候群を含む発達障害は、近年になって急速に疾患としての認知度が高まり、これまで診断がついていなかった患者様が数多く「日の目を見る」ようになりました。
しかし一 方で、発達障害、特に成人例を適切に診療できる精神科医の数がそれに追いついていないのが現状です。
「アスペルガー症候群的な部分」の適切な評価と治療を望まれるのであれば、まず発達障害を診られる病院についての情報を得るために、発達障害情報・支援センターにご相談されることをお勧め致します。これは、政府が発達障害の現状を改善するために、国策として開設したセンターです。
相談者がお住まいの地域の拠点病院を教えてもらうことができます。

【発達障害情報・支援センター】
http://www.rehab.go.jp/ddis/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14252
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問