JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。tsubukoと申します。40代後半の女性で会社員です。 なにか新たなことをチャレンジしてみようと思い

解決済みの質問:

初めまして。tsubukoと申します。40 代後半の女性で会社員です。
なにか新たなことをチャレンジしてみようと思いたち、自動車教習所に通い始めたものの、これが逆にかなり負担になり、メンタルにまいっています。
ある程度大変なのは予想しておりましたが、いろいろな試験をクリアしなければならないプレッシャーがあり、かつ試験がNGだとまた次もNGなのではと不安になったり、リスケしたり再予約したりと諸手続の煩雑さ、プラス仕事もこなしていかなければならず、思った以上に大変で、焦燥感と不安感に四六時中とりつかれており、気が休まりません。
不眠はないですが、朝は不安感から早く起きてしまい、手足にすごく汗をかいていたりします。
ときどきおえっとはきそうになります。
市販の鎮静剤などを服用してみたり、リラックスする呼吸法などしてみますが、ましたが、あまり効果がないようです。
アドバイスよろしくおねがします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

もともと、試験や手続き関係は苦手な方ですか?

心配性の性格なのでしょうか。

精神科や心療内科の受診歴があれば教えて下さい。

失礼ながら、年齢的に、更年期障害の症状は自覚されることはありませんか。

下記のスケールとやっていただき点数を教えていただけないでしょうか?
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

そうですね・・・。あがり症で本番に弱いタイプで心配性かもしれません。(見た目は逆ですが)試験的なものについては結構、ネガティブな結果を考えがちです。


今までに受診歴はありません。


更年期については、生理が不順になってきたこと、体がすごくだるくてたまらないという症状はありますが、ホットフラッシュ、動悸などはありません。


スケールをしましたが8点でした。


よろしくおねがします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

QIDSが8点で、ご記載のような状態になっているのであれば、軽度のうつ傾向があり、また、不安が常識的な域を超えて高まっている状態であろうと判断されます。

不安障害、おそらく全般性不安障害(GAD)の診断が付く可能性が高いと思われます。うつ病の合併の可能性も否定できません。

日常生活にも影響が及び始めているようですから、心療内科の受診をお勧めします。
不安障害の症状のコントロールは精神安定剤と選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)という薬物療法、そして不安が軽減した後に、実際にかつて不安を覚えていた行為に挑戦する行動療法からなります。一生の服薬は必要ありません。

以上、ご参考になれば幸いです。

*********************************************
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における全般性不安障害の診断基準を以下にお示ししておきます。
本来、精神科疾患の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。
【全般性不安障害】
下記のA~Fの各項目を満たすこと。
A. (仕事や学業など)多数の出来事または活動についての過剰な不安と心配(予期配慮)が、少なくとも6ヶ月間続いている。そして、起こる日の方が起こらない日よりも多い。
B. 患者は、その心配を制御することが難しいと感じている。
C. 不安と心配は、以下の6つの症状のうち3つ(またはそれ以上)を伴っている(過去6ヶ月間、少なくとも数個の症状が、ある日の方が無い日より多い)
落ち着きのなさ、又は緊張感、又は過敏。
疲労しやすいこと。
集中困難、又は心が空白になること。
刺激に敏感。
筋肉の緊張。
睡眠障害。
D. 不安と心配の対象が、他の障害の特徴に限られていない。例えば、不安又は心配が、(パニッ障害のように)パニック発作が起こること、(社会恐怖のように) 人前で恥ずかしくなること、(強迫性障害のように)汚染されること、(分離不安障害のように)家庭または身近な家族から離れること、(神経性無食欲症のよ うに)重大な疾患があること、によるものではない。また、その不安と心配は外傷後ストレス障害の期間中にのみ起こるものでもない。
E. 不安、心配、または身体症状が臨床的に明らかな苦痛、または社会的職業的な重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
F. 不安障害が、物質(例:乱用薬物・投薬)または一般的な身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではなく、気分障害、精神病性障害、広汎性発達障害の期間中にのみ起こるものではない。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


もとはといえば自らの身体能力を顧みず、自動車教習所に行き始めたのが原因なので、やめてしまえば解決するのかと思ったりもするのですが・・・。


症状が出始めてからは1ヶ月ほどなので、精神安定剤を服用して不安感を減らしながら仕事と教習を継続することは可能でしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まあ、自動車免許取得は、誰にとっても多かれ少なかれストレスになるイベントですから……

あきらめるのは勿体ないと思いますが、もしも教習所を止められるのであれば、そのあとしばらく様子を見て、それでも症状が続くようなら心療内科を受診されるのがよろしいかと存じます。

実は精神安定剤を服用中は自動車の運転は不可とされていますので、受診され、治療を受ける際には教習所に通っている旨を説明して、安定剤服用期間を最短にしてもらい、その間は学科だけ受けるか、しばらく教習所をお休みされるのがよろしいかもしれません。
安定剤が運転に及ぼす影響にはかなりの個人差がありますので、そのあたりを担当医を相談しながら決めていかれてもいいかと存じます。

精神科 についての関連する質問