JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

本日神経内科の先生から水頭症の手術は不要だったと言う話が有りましたが?本当に不要だったのか?意見を求める!

解決済みの質問:

本日神経内科の先生から水頭症の手術は不要だったと言う話が有りましたが?本当に不要だったのか?意見を求める!
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご指名ありがとうございます。

まず私は相談者様を実際に診察していませんし、手術前の脳のMRIも拝見していません。したがって、相談者様の水頭症の重症度はわかりませんし、実際に水頭症と呼べる状態だったのかすらわかりかねます。

しかし水頭症の手術(シャント術でしょうか)でパーキンソン病が誘発されることはありえませんから、相談者様には術前からパーキンソン病があり、担当医がそれに気づいていなかったということになるでしょう。

相談者様のふらつきがパーキンソン病の症状であって水頭症の症状ではなかったのであれば水頭症の手術よりも先にパーキンソン病の治療が試みられるべきでした。
その意味では水頭症の手術は拙速に過ぎたかもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問