JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

共同経営者に関する疑問です。何かにつけて、些細なことでも意見が食い違うとイライラし、『死ね、殺すぞ、クソ女、年下で女

解決済みの質問:

共同経営者に関する疑問です。何かにつけて、些細なことでも意見が食い違うとイライラし、『死ね、殺すぞ、クソ女、年下で女のくせに生意気だ』と、罵倒され、直接暴力を振るわれはしないですが、壁を殴ったり、物を床に投げつけたりします。
私はそのような人に接するのは初めてだったのですが、どうやら彼のお父様は、もっと短気で、お母様に暴力をふるっていたそうです。
私が彼の日頃の様子を一番知っているため、いろいろと調べてみると、パーソナリティ障害の疑いが強くなってきて、最初は彼自身も、私にとてもひどいことを言って、いつも傷つけていると思う反面、怒ってしまうと、自分がそんなに怒るのは、わたしのせいだとひどく責め立てます。自殺企図、やる気が起きない、気分の抑揚が非常に激しい(機嫌がいい時はものすごく陽気でよくしゃべるのに、 些細な気に入らないことで激高する)、気を許した他人に依存する、また、その人間が自分の理想と違った場合は、その人間を全否定する・認めない等々・・・
パーソナリティ障害は診断が非常に難しいといわれますが、一度私が精神科の先生に相談に行ったときは、性格障害の疑いが強いですが、結局はそういう人はなかなか治りません、一緒にいる人が苦労するだけです、と言われました。今回、彼がどうしても私と会社をすることを耐えられないとのことで、彼が退職するようになりましたが、彼が自分の母親に、自分の性格が病気かもしれない、私に対して上記のようなことを言って怒るのが病気かもしれない、と相談したそうです。しかし、彼の母親は、彼の妹も気性が荒いし、父親がそんなだったから、彼は病気じゃなくて、少し気が荒い性格なんだろうねぇ、と言った、俺は病気じゃない。と言います。
たったこれだけの情報です・・・、もちろん、彼と私の男女関係も背景にはあると思いますが、彼の今までの人生での出来事を考えても、少し病的な部分はあるかと思いますが、どのように思われますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

パーソナリティ障害は、基本的には性格の偏りの著しさとその偏りの方向を「診断」としてまとめたものであって、はっきりと正常と異常を分けられるようなものでもありません。

この共同経営者の方は、パーソナリティ障害でもあるように思われますし、あるいは躁うつ病のような精神科疾患があるかもしれません。
パーソナリティ障害であれば、性格ですからお薬を飲んで治るようなものではありません。いちど相談された精神科医の「性格障害の疑いが強いですが、結局はそういう人はなかなか治りません、一緒にいる人が苦労するだけです」という見解に私も賛成です。

相談者様の、今回のご質問の意図はどういったところにあるのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

彼は、私が自由に生きすぎで、なんでも自分の思うとおりにする、と言います。私は既婚者です。ですが、彼とも男女の関係にあり、かつては彼も婚約者がいました。当時は、私の方が少し嫉妬をしたり もしましたが、当時の彼は男女の関係があるだけで、私への女性としての扱いはひどいものでした。ですが、彼の結婚が破談になり、そばにいるのが私だけになった時に、淋しかったのでしょう、私を異性として意識するようになった際に、私は他の男性と仲良くするようになりました。その男性が、業界的に有名な方だったので、彼は私に、俺を踏み台にして、自分だけ幸せになったお前が許せない、と、罵倒がひどくなる一方で。


私も確かに自分勝手なところはありますが、彼が、私に興味がなかった時に対する仕打ちに比べると、何てことはないと思うのですが、彼はそれが許せないようです。


今までのことを、私の主人にバラしてやる、と、激高すると脅してくる始末です。


冷静な時は、そんなことをしても意味がないのに・・・と思うらしいのですが。


一度カウンセラーさんに診てもらったことがあるのですが、あまりしっくり来なかったらしく、そのカウンセラーさんは、あなたはどちらかと言うと双極性Ⅱ型かも、彼がそうなったのは、私が勝手だからだろうと、ドクターのような発言で、私自身はそのカウンセラーさんの事はすこし不満に思っています。私自身を悪く言われただからではなく。。。


 


どのようにしたら、彼と冷静に話せるかが、いいアプローチの方法がないかと考えています。


今日も、死にたいのに死ねない、とメールが来ます。


今は、彼は辞めます、と飛び出したきりです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

彼の最初の自殺未遂は高校卒業時だそうです。


その後、一般企業に就職後、実家の家業を継ぎましたが、うまくいかず、廃業。当時していた婚約も破棄。その後公務員の臨時採用で仕事をしていましたが、副業をしたり、いろいろ忙しく活動しすぎ、ノイローゼ気味になり、自殺しようと家出をし、その後8年間は失踪状態でしたが、知人の保険証等を使って、他人に成りすまして生活していたそうです。


その後、付き合った女性に、『あなたはだれとも上手くいかないのよ』と言われ、逆上して暴力をふるった自責の念で、自殺未遂。


私が他の男性と付き合うようになった際にも、何もかも嫌になり何度か自殺未遂をしています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

事情は呑み込めましたが、何をご質問になりたいのかがやはりわかりかねます。

「どのようにしたら、彼と冷静に話せるかが、いいアプローチの方法がないか」という部分がご質問なのでしたら、その男性が単に極端な性格の持ち主なのか、精神科的な診断が付くとしてそれが何なのか、その男性がもともとどういう人となりの方なのかがわからないこの時点でこのご質問にお答えすることは困難です。

まずは相性がよい精神科をみつけられて、ご本人に受診していただき、ご本人に診断が付くのかどうかを確認されるべきでしょう。
単なる性格の問題であった場合も、パーソナリティ障害であった場合も、打つ手立てはありません。治療可能な疾患の診断が付いた場合は治療を受けられるべきでしょう。

その男性にも「冷静な時」があるようですから、そういう時が自然に訪れるのを見計らって精神科受診を勧められるのがよいでしょう。現在のその男性と冷静に話すことができる方法があるとは思えません。そういう方ならこうはなっていないでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


猫山様、ありがとうございます。


彼も、自分自身がわからないらしく、不安で、病院に行った方がいいのでは?と思うときもあるようなのですが。


前述しましたように、カウンセラーの方や、もしくはお母様のように、あなたはおかしくはない。と言われると、やっぱり自分は間違っていなかった。とも思うようです。


猫山様のご意見を参考にさせていただきまして、もう一度精神科受診を勧めてみようと思います。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、お身内の方はどうしても、「疾病否認」の方向で考えがちです。

医師資格のないカウンセラーには「診断」を下すことは許されていませんし、本来その技術もありません。

私は精神科医ですが、直接その男性を診察せずに、インターネット越しの間接情報で診断じみたことは避けるべきであると考えています。

仰る通り、ご本人に精神科の受診を勧められるべきかと存じます。
ただ、精神科とひと口にいっても質のばらつきが大きいですから、受診先として、精神科認定医の認定機関である日本精神神経学会の研修施設を選んでいただければ、一定以上のクオリティは期待できると考えます。
http://www.jspn.or.jp/specialist/index.html
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問