JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

DrAkiraOlsenに今すぐ質問する

DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

病歴は10年。10年前に仕事のストレスから、うつ病になり、抗うつ剤の影響だったのか、抗うつ剤の処方が多くなったのをき

質問者の質問

病歴は10年。10年前に仕事のストレスから、うつ病になり、抗うつ剤の影響だったのか、抗 うつ剤の処方が多くなったのをきっかけに躁転し、5年ほど前に、診断がそううつ病にかわりました。躁状態になることはめったになく、躁状態になっても大きな躁ではなく、双極Ⅱ型障害と診断されています。4年前に、うつがひどくなり、1ヶ月寝込んだ生活を続けたことから家族が心配し、2ヶ月入院しました。その病院でカウンセリングを受けるようになり、それまでは、うつ状態の時に、妻として、母として、人として、なにもやる気がなくなってできない状態になってしまうことに罪悪感を感じて苦しかったのですが、2年間カウンセリングを受けているうちに、うつ状態になっても、ほとんど自分を責めることがなくなり、以前のような苦しい思いをすることはなくなりました。しかし、私はラピッドサイクラーで、今も、2週間調子がよければ1週間うつになって寝たきりになる生活を繰り返しており、主人に家事育児の負担をかけないようにフラット状態を維持したいのですが、どうすればいいのか、悩んでいます。これが一番の悩みです。うつにならず、フラットで過ごせるコツ、アドバイスのようなものがあれば、お願いしたいです。

デイケアに行って、好きなお話会に参加したり、スポーツを楽しんだり、調子がいい時はいいのですが、2週間くらいでだいたい疲れがたまってきて、特に、何か大きな行事が終わると疲れて何もしたくない状態になってしまします。うつ状態の説明で、「疲労などによってやる気がなくなるのはうつ病ではない。」と書いてあるものがありました。私は、甘えてるだけなのだろうか・・・という気さえしてきます。このあたりも、ご意見聞かせていただければありがたいです。

飲んでいる薬はリーマス600デパケン600ラミクタール100セエロクエル75と眠剤です。ラミクタールは最近75から100に増やしましたが、あとは長い間、変わっていませんん。それでもうつはやってくるので、薬の処方を見直した方がいいのかな、と考えています。薬の処方で変更したほうがいい点、試してみたらどうかという薬など、教えていただきたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

リーマス(炭酸リチウム)とデパケン(バルプロ酸)の血中濃度を教えて下さい。

主治医の治療方針を教えて下さい。

「2週間調子がよければ1週間うつになって寝たきりになる生活」というリズムはいつ頃から固定されたのでしょうか?

持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

リーマスの血中濃度は、0.58


デパケンの血中濃度は、33.6


 


主治医の治療方針は、躁になることはほとんどないので、躁の方はほとんど心配しておらず、うつ状態にどうしたらならないようになるか、どうすればフラット状態を維持できるか・・・ということを治療方針としています。


 


今の主治医には、2年ほどかかっており、その間、薬はいろいろ試してみたのですが、うつの波はやはりやってくるというのが現状です。


 


3ヶ月ほど前までは、サインバルタ(抗うつ剤)をのんでいたのですが、私が自分でラミクタールのことを調べ、「抗うつ剤をのんでもうつになるときはうつになる。今の周期は、抗うつ剤をのんでいるからうつからフラットになるのではなくて、私自身がもっている周期によるものだと思うので、ラピッドサイクラーの原因とも言われる抗うつ剤はやめて、ラミクタールを試したい。」とはなし、ラミクタールの処方が始まりました。


 


双極性障害の治療には、抗うつ剤を処方しない、という方針の医師と、抗うつ剤を処方する場合もある、という医師がいますが、私の主治医は後者です。


 


周期、リズムは、4年前に退院してから以降のような気がします。というか、それまでは、周期のことなどにあまり意識が向いていなかったので覚えていません。


 


2週間ちょっと調子が良く、1週間くらいうつになるというパターンが最近続いていますが、今年の春には珍しく2ヶ月弱しんどくなりつつも、動けている状態が続いたこともありました。1ヶ月くらい良い状態が続いたこともあります。2~3週間動ける状態が続き、1週間~10日間動けなくなる、というのがだいたいの周期でした。それが、最近は、調子がいいのは2週間ちょっとで終わるけど、うつも3,4日で終わることもあるようになってきました。今現在のうつは、10日続いていますが・・・。


 


あと、うつ状態で寝たきりになると言っても、身体が動けないほどだるい訳ではなく、食べ物は自分で適当に食べたり、洗濯も干せそうだけど、干す気がしないので干さない、というような状態です。


 


お風呂が大好きなはずなのに、うつの間はお風呂に入る気になれません。爪を切る気にもなれません。清潔にしていないので、外にでることもできません。


 


といって、ずっと家の中にいても時間をもてあますので、本を読んだり、パソコンをさわったりはします。が、大好きな音楽はなぜか聴く気がしません。


 


持病や常備薬は、特にないです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問