JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。37歳、男性です。うつ病ということで精神科に通い続けています。 初診は平成13年頃で、一度はほぼ治癒

解決済みの質問:

はじめまして。37歳、男性です。うつ病ということで精神科に通い続けています。
初診は平成13年頃で、一度はほぼ治癒し復職しましたが数年で再発し、平成21年頃からは仕事もできない状態 が続いています。
現在通院しているのは五反田のNTT東日本関東病院で、2週間に1回通院して薬の処方を受けています。薬は現在のところ、寝る前がフルニトラゼパム0.5mg、パルギン0.5mg、ゾルピデム10mg、ロゼレム8mg、テグレトール細粒50%1包、朝はテグレトール細粒50%一包だけです。
病院では今年から担当医が代わっており、前任者のA先生は薬物療法以外にも様々な治療や相談機関を紹介してくれたりしたのですが、今のY先生はほとんど夜眠れるかどうかを確認してほとんど同じ薬を出し続けるだけです。
治療期間があまりに長期化しており、今のY先生の治療ではこのまま治らないのではないか、転院や他の医師のセカンドオピニオンをもらうことも考えた方がよいのではないかと思っているのですが、NTTは散々転院した末にたどり着いた都内の大病院であり、転院等は障害者自立支援制度の手続きも問題になるので、セカンドオピニオンを受けるべきかどうか迷っているところです。ちなみにA先生の診断では、私には広汎性発達障害の影響があり、うつ病ではなく躁うつ病の可能性もあるとのことでした。
以上を踏まえ、ご質問したいことは以下の3つです。
1 治療の現状に鑑み、私は他の医師のセカンドオピニオンを受けた方がよいと思われるでしょうか?
2 私は横浜市青葉区在住ですが、この近辺でセカンドオピニオンを受けるのに適切な病院・診療所があれば教えてください。
3 セカンドオピニオンを受ける場合、現在通っている病院との関係では、一般的にどのような手続きを取ればよいのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

> 1 治療の現状に鑑み、私は他の医師のセカンドオピニオンを……
セカンドオピニオンは受けられた方がいいと思います。何より、まず診断を確定する必要があります。うつ病と躁うつ病は全く別の病気で、治療方針も大きく異なります。
現在の相談者様の処方は、抗うつ薬が入っておらず、気分安定薬の一つであるテグレトールが主剤の位置を占めているようですから、躁うつ病の処方ということになります。
状態改善のために、うつ病なら抗うつ薬を使用すべきですし、躁うつ病なら気分安定医薬の増量や変更といった処方調整を行う必要があります。現主治医にその熱意が無いのでれば、他院でセカンドオピニオンを受けられるのがベストでしょう。

> 2 私は横浜市青葉区在住ですが……
JustAnswer の医療カテゴリの専門家が日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。
そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があります(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めてこれまでにも何回か起きています)。
このような事情がございますので、JustAnswerでは個別の病院の推薦・紹介については控えさせていただいています。
この点につき、ご理解を賜れますと幸いです。

ただし、「広汎性発達障害の影響があり、うつ病ではなく躁うつ病の可能性もある」となると、そこらのクリニックや単科精神病院で適切な診断を付けられるとは思われません。必然、大学病院かそれに準じた規模の医療機関を受診される必要があろうかと存じます。

> 3 セカンドオピニオンを受ける場合……
精神科疾患の場合、血液検査や画像検査のような客観的な指標がありませんから、診断を付けるためには、病歴を的確に把握する必要があります。
また、最近は、セカンドオピニオンは、現主治医の紹介状なしでは受けてもらえなくなってきています。
これに、受診先が大学病院クラスの医療機関になることを考え合わせると、現主治医にセカンドオピニオンを受けたい意志を表明し、紹介状を作成してもらい、これまでに心理検査などを受けられているのであればそれも借り出して、目的とする病院を受診する必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問